茶色とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 色彩 > 茶色 > 茶色の意味・解説 

ちゃ‐いろ【茶色】

黒みを帯びた赤黄色

茶色の画像
#965042/R:150 G:80 B:66/C:0 M:55 Y:70 K:55

茶色

作者谷村志穂

収載図書愛のいろ
出版社集英社
刊行年月2008.8
シリーズ名集英社文庫


茶色

読み方:ちゃいろ

  1. 不安、疑問の意味を表す。〔色言葉

分類言葉

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

茶色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/10 10:24 UTC 版)

茶色(ちゃいろ)は、の一つで、の実のような色。オレンジ色の中間色である。を染料として使った時に出る色に由来する。化学の世界や、他の色と対比したり、熟語を作る際には褐色(かっしょく)と称する(例:赤色→紅色)。栗色(くりいろ、りっしょく)ともいう。


  1. ^ 鶴田榮一 「顔料の歴史」 『色材協会誌』 75巻4号 色材協会、2002年4月。doi:10.4011/shikizai1937.75.189ISSN 0010-180X 


「茶色」の続きの解説一覧

茶色

出典:『Wiktionary』 (2020/03/29 06:42 UTC 版)

この単語漢字
ちゃ
第二学年
いろ
第二学年
重箱読み

名詞

ちゃいろ

  1. 黒とオレンジ色中間色飲料紅茶コーヒー、土、木の幹などの色。

発音

関連語

参照

翻訳

形容動詞

活用

茶色-だ 形容動詞活用日本語活用
活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
茶色 だろ だっ

なら 無し
活用形基礎的結合
意味 語形 結合
推量意志 茶色だろう 未然形 + う
過去・完了 茶色だった 連用形 + た
否定 茶色でない 連用形 + ない
自動詞 茶色になる 連用形 + なる
言い切り 茶色だ 終止形のみ
名詞 茶色なこと 連体形 + こと
仮定条件 茶色ならば 仮定形 + ば
様態 茶色そうだ 語幹 + そうだ



茶色と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「茶色」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「茶色」の関連用語

1
100% |||||

2
98% |||||

3
98% |||||

4
78% |||||

5
58% |||||

6
58% |||||

7
58% |||||

8
54% |||||


10
54% |||||

茶色のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



茶色のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
原色大辞典原色大辞典
Copyright © 1997-2020 colordic.org All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの茶色 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの茶色 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS