紅茶とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 娯楽 > > 紅茶の意味・解説 

こう‐ちゃ【紅茶】

読み方:こうちゃ

若葉摘み取り低温長く発酵させ、乾燥させたもの。また、それを熱湯で煎(せん)じた飲み物液体澄んだ褐色中国産のものが17世紀に、インド産のものが19世紀ヨーロッパ紹介され流行した

[補説] 英語では、の色からblack teaという。


紅茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 07:48 UTC 版)

紅茶(こうちゃ)とは、摘み取ったを萎凋(乾燥)させ、もみ込んで完全発酵させ、乾燥させた茶葉。もしくはそれをポットに入れ、沸騰したをその上に注いで抽出した飲料のこと。なお、ここでいう発酵とは微生物による発酵ではなく、茶の葉に最初から含まれている酸化酵素による酸化発酵である。


注釈

  1. ^ レポート本文には、「UHT(超高温殺菌)は熱変性しており、味もよくない。」と記されている。完璧な紅茶=ミルクティーという発想はイギリスらしい。
  2. ^ この飲み方は日本式。正式な飲み方はロシア(作法)を参照。
  3. ^ しかし、消費量が最も高いのはトルコであり、イギリスはアイルランドに次いで二位である。

出典

  1. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  2. ^ 日本紅茶協会 『紅茶の大事典』成美堂出版、2013年、263頁。 
  3. ^ a b 日本紅茶協会 『紅茶の大事典』成美堂出版、2013年、267頁。 
  4. ^ お茶百科「紅茶の主要産地 スリランカ」伊藤園、2015年7月20日閲覧
  5. ^ 日東紅茶「紅茶のマメ知識 紅茶の産地」
  6. ^ a b 「鵜方紅茶」復活へ着々 三重・JA伊勢 専用品種、新たに作付け『日本農業新聞』2020年5月6日(2面
  7. ^ 丸子紅茶 | しずおか葵プレミアム
  8. ^ 静岡県/発酵茶ラボとは?
  9. ^ a b 紅茶の会
  10. ^ 【食のフロンティア】「和紅茶」クセ少なく人気/杉の葉使った商品も登場『日経MJ』2018年3月5日(フード面)
  11. ^ 桑原 珠玉「19世紀カリスマ主婦が説く紅茶の入れ方All About(2015年7月23日閲覧)
  12. ^ フクナガヒストリー、食に歴史あり 洋食・和食事始め(産経新聞出版)
  13. ^ http://www.tea.co.uk/tea-faqs
  14. ^ FAQ About TeaUK Tea & Infusions Association(2020年5月22日閲覧)
  15. ^ a b c 島尾伸三『中国茶読本』(平凡社 <コロナ・ブックス> 1996 ISBN 4-582-63307-2)pp.57-64.
  16. ^ 石毛直道『食文化 新鮮市場』(毎日新聞社、1992年)pp.193-199
  17. ^ a b 日本紅茶協会 『紅茶の大事典』成美堂出版、2013年、257頁。 
  18. ^ a b c d e 日本紅茶協会 『紅茶の大事典』成美堂出版、2013年、258頁。 
  19. ^ 日本紅茶協会 『紅茶の大事典』成美堂出版、2013年、258-259頁。 
  20. ^ 「核戦争の最大の懸念は放射能ではなく紅茶不足、50年代の英公文書」AFP(2008年05月05日付配信)
  21. ^ a b c d e 日本紅茶協会 『紅茶の大事典』成美堂出版、2013年、261頁。 
  22. ^ 「紅茶の抹茶」加工に最適 宮崎県都城市の企業が開発『日本農業新聞』2021年11月13日1面
  23. ^ 『紅茶の大辞典』日本紅茶学会編 成美堂出版 ISBN 978-4-415-31373-3
  24. ^ 講談社サイエンティフク-紅茶に重曹を入れたらどうなる?
  25. ^ チョコレートは危険な食品?健康効果、アレルギーや中毒症状についてここからPRESS(2020年5月22日閲覧)
  26. ^ Harold McGee 香西みどり訳『マギー キッチンサイエンス』(2008年、共立出版)p.423,429



紅茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 01:41 UTC 版)

狂乱家族日記」の記事における「紅茶」の解説

大日本帝国仕え特殊な役柄の者に与えられる称号で、皇帝直属。「あらゆる意味での国家の犬」と称される

※この「紅茶」の解説は、「狂乱家族日記」の解説の一部です。
「紅茶」を含む「狂乱家族日記」の記事については、「狂乱家族日記」の概要を参照ください。


紅茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 09:55 UTC 版)

中国茶」の記事における「紅茶」の解説

紅茶は茶葉乾燥させ、徹底的に揉みこむことによって酸化発酵最後まで行わせお茶。紅茶と呼ばれるのは、茶碗淹れたお茶の水色が赤くなるからである中国製造される紅茶は茶葉種類により製法違いがあり、煙で燻したのような香りがすることもある。実際に松葉等で燻す正山小種は、紅茶名「ラプサンスーチョン」としてイギリスでも有名である

※この「紅茶」の解説は、「中国茶」の解説の一部です。
「紅茶」を含む「中国茶」の記事については、「中国茶」の概要を参照ください。


紅茶(名称不明)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 11:03 UTC 版)

悲鳴伝」の記事における「紅茶(名称不明)」の解説

牡蠣垣が頻繁に飲んでいる紅茶。服用者の存在感薄くする効果がある

※この「紅茶(名称不明)」の解説は、「悲鳴伝」の解説の一部です。
「紅茶(名称不明)」を含む「悲鳴伝」の記事については、「悲鳴伝」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「紅茶」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

紅茶

出典:『Wiktionary』 (2021/06/15 14:29 UTC 版)

名詞

 こうちゃ

  1. 摘み取った乾燥させ、もみ込んで完全発酵させたもの。また、沸騰した湯をその上に注いで抽出した飲料

発音(?)

こ↗ーちゃ

翻訳


「紅茶」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



紅茶と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

紅茶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



紅茶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2022 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの紅茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの狂乱家族日記 (改訂履歴)、中国茶 (改訂履歴)、悲鳴伝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの紅茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS