スプーンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > スプーン > スプーンの意味・解説 

spoon

別表記:スプーン

「spoon」の意味・「spoon」とは

「spoon」は英語でスプーンを指す単語である。食事を摂る際に使用される主要な食器一つで、一般的には丸み帯びた部分ボウル)とそれを持つための長い部分ハンドルから成るスープデザートシリアルなど、液体半固体食品摂るのに適している。

「spoon」の発音・読み方

「spoon」の発音IPA表記では/spuːn/となる。IPAカタカナ読みでは「スプーン」となり、日本人発音するカタカナ英語でも「スプーン」と読む。この単語発音によって意味や品詞が変わるものではない。

「spoon」の定義を英語で解説

英語の辞書によると、「spoon」は"a utensil consisting of a small shallow bowl, oval or round, at the end of a handle"と定義されている。これを日本語に訳すと、「ハンドルの端に小さな浅いボウル楕円形または丸形がついた器具」となる。

「spoon」の類語

「spoon」の類語としては、「ladle」(おたま)や「scoop」(スクープ)などがある。これらも食事を摂る際や調理する際に使用される器具であるが、それぞれ形状大きさ用途異なる。

「spoon」に関連する用語・表現

「spoon」に関連する表現としては、「spoonful」(スプーン一杯)がある。これはスプーン一杯分の量を表す表現で、レシピなどでよく用いられるまた、to spoon」は、スプーンで食べるという動作を表す動詞としても使われる

「spoon」の例文

1. "She stirred her coffee with a spoon."(彼女はスプーンでコーヒーかき混ぜた。) 2. "He took a spoonful of soup."(彼はスプーン一杯スープすくった。) 3. "The baby can't use a spoon yet."(その赤ちゃんはまだスプーンを使うことができない。) 4. "She dropped her spoon on the floor."(彼女はスプーンを床に落とした。) 5. "I need a spoon to eat this pudding."(このプリン食べるためにスプーンが必要だ。) 6. "He spooned sugar into his tea."(彼はスプーンで砂糖お茶入れた。) 7. "The recipe calls for two spoonfuls of honey."(そのレシピハチミツをスプーン二杯分必要としている。) 8. "She served the rice with a large spoon."(彼女は大きなスプーンでご飯盛った。) 9. "The spoon is made of silver."(そのスプーンは銀でできている。) 10. "He accidentally swallowed a spoon."(彼は誤ってスプーンを飲み込んでしまった。)

スプーン【spoon】

読み方:すぷーん

匙(さじ)。主に洋食で物をすくうためのもの。

ゴルフで、ウッドクラブ3番の称。3番ウッド

ルアーの一。金属製の、さじに似た形の擬似餌(ぎじえ)。湾曲しているため、水中で独特の動きをする。

スプーンの画像
ルアーのスプーン
「スプーン」に似た言葉

スプーン

作者川又千秋

収載図書最後新人類
出版社中央公論社
刊行年月1986.5


スプーン

作者小山薫堂

収載図書フィルム
出版社講談社
刊行年月2006.6


スプーン

名前 Spoon

スプーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/09/04 15:26 UTC 版)

スプーン: spoon)とは、小さくて浅いボウル状の部分と比較的長い取っ手を組み合わせた、食事用あるいは調理用の道具[1](さじ)ともいう。


注釈

  1. ^ この先割れスプーン、18世紀後期まで特許がとられなかったそうであり[要出典](要検証。18世紀に特許がとられたという出典を示せ。特許取得国の国名と特許番号を示せ。)、ローマ時代に使用されたスプーンとほぼ同じ形である。ローマ帝国時代から18世紀後期になるまでなぜ特許を取られなかったかといえば、わざわざ先割れスプーンを使う機会がほとんどないからであった[要出典]。中世時代では非常に人気がなく、後のヴィクトリア時代まで一般的に使われることはなかったという[要出典]

出典

  1. ^ Merriam Webster, spoon
  2. ^ a b c 意匠分類定義カード(C6)” (PDF). 特許庁 (2011年). 2014年3月8日閲覧。
  3. ^ 【木製のスプーン作り方】イチから手作りに挑戦! 自作カトラリーをDIYしよう”. ハピキャン. 名古屋テレビ放送 (2020年8月15日). 2022年3月19日閲覧。[出典無効]
  4. ^ メキシコ人は“バッチリメイク””. TELE PLANNING INTERNATIONAL INC. 2013-2-17日閲覧。
  5. ^ a b c d e To Spoon or Not to Spoon: the History of the World's Favorite Utensil
  6. ^ H.T. Huang (Huang Xingzong), Fermentations and Food Science Part 5 of Biology and Biological Technology, Volume 6 of Joseph Needham, ed., en:Science and Civilisation in China, (Cambridge: Cambridge University Press, 2000) 106-107
  7. ^ 2020年4月12日中日新聞朝刊日曜版1面
  8. ^ 金泰虎『日韓の食事作法 : 作法の相違とその作法形成の原因を中心に』 11巻、甲南大学、2007年、104頁https://ci.nii.ac.jp/naid/110006246807/ 
  9. ^ 金 2007, pp. 104–105
  10. ^ a b 金 2007, pp. 107–108
  11. ^ 金 2007, p. 107
  12. ^ a b 金 2007, p. 108


「スプーン」の続きの解説一覧

スプーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/17 10:17 UTC 版)

くりーくん」の記事における「スプーン」の解説

クリーク溺愛する一人娘登場時はマウス大で幼児語喋ったが、すぐに成長勉強繁華街誘惑葛藤する。

※この「スプーン」の解説は、「くりーくん」の解説の一部です。
「スプーン」を含む「くりーくん」の記事については、「くりーくん」の概要を参照ください。


スプーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 13:40 UTC 版)

ルアー」の記事における「スプーン」の解説

食器のスプーンから柄を取り去った形状ルアー。細い楕円形の金属板の両端小さな穴が開いており、片方には糸を結び、もう片方にはフックが付く。主に内水面釣り使用するトラウトフィッシング(特に管理釣り場)やキャスティングレイクトローリングなどで使用する

※この「スプーン」の解説は、「ルアー」の解説の一部です。
「スプーン」を含む「ルアー」の記事については、「ルアー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スプーン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

スプーン

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 12:45 UTC 版)

語源

英語 spoon転写

発音

  • (東京) ーン [sùpúꜜùǹ] (中高型 – [2])
  • IPA(?): [sɨ̥ᵝpɯ̟̃ᵝːɴ]

名詞

スプーン

  1. さじ。(主に食品の)液体粉末すくったり、混ぜたりするための道具。柄の先に広め凹状あたまついている。他に分量量ったり、固形物潰したりもする。
  2. (ゴルフ) ゴルフ使用するクラブ一種3番ウッド
  3. のような形状をした疑似餌

上位語

語義1

語義2

同族語

語義

語義2


「スプーン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



スプーンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スプーン」の関連用語

スプーンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スプーンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
豆辞典ドットコム豆辞典ドットコム
www.mamejiten.com - all rights reserved
豆辞典ドットコムゴルフ豆辞典
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスプーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのくりーくん (改訂履歴)、ルアー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのスプーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS