フォークとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > フォークの意味・解説 

フォーク【folk】

読み方:ふぉーく

民俗民間民衆

フォークソング」の略。

「フォーク」に似た言葉

フォーク【fork】

読み方:ふぉーく

ホークとも》

洋食で、食べ物刺したりすくったりして口に運ぶ用具

1似た形の農具

フォークボール」の略。


フォーク【Peter Michael Falk】


フロントフォーク


フォーク

名前 FalkFaulkFauqueFoeckeFokFolkFoukeFoulkeFowke

フォーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 04:17 UTC 版)

又に分かれているものを指す。




「フォーク」の続きの解説一覧

フォーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 07:44 UTC 版)

水島新司の大甲子園」の記事における「フォーク」の解説

球速は「速い」。垂直に落ちる。1と2で落ち方が違う。「超フォーク」は必殺投球投げれるのは緒方勉だけである。

※この「フォーク」の解説は、「水島新司の大甲子園」の解説の一部です。
「フォーク」を含む「水島新司の大甲子園」の記事については、「水島新司の大甲子園」の概要を参照ください。


フォーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/02 16:29 UTC 版)

第43回グラミー賞」の記事における「フォーク」の解説

最優秀トラディショナル・フォーク・アルバム 『Public Domain - Songs from the Wild Land』 - Mark Linett(エンジニア)。Dave Alvinプロデューサーアーティスト)最優秀コンテンポラリー・フォーク・アルバム 『Red Dirt Girl』 - Malcolm Burnエンジニアプロデューサー)。Jim Wattsエンジニア)。エミルー・ハリス 最優秀ネイティブ・アメリカン・ミュージック・アルバム(新設) 『Gathering of Nations Pow Wow』 - Tom Beeプロデューサー)。Douglas Spotted Eagleプロデューサーエンジニアミキサー)。performed by Various Artists

※この「フォーク」の解説は、「第43回グラミー賞」の解説の一部です。
「フォーク」を含む「第43回グラミー賞」の記事については、「第43回グラミー賞」の概要を参照ください。


フォーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 22:55 UTC 版)

中二美夫」の記事における「フォーク」の解説

緒方勉のフォークに匹敵すると言われる

※この「フォーク」の解説は、「中二美夫」の解説の一部です。
「フォーク」を含む「中二美夫」の記事については、「中二美夫」の概要を参照ください。


フォーク(MGS3)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 14:59 UTC 版)

メタルギアシリーズの装備一覧」の記事における「フォーク(MGS3)」の解説

ごく普通の食事用フォーク。グロズニィグラード収容所入手できるサバイバルナイフ代用品として使用できるが、本来、武器はないため、サバイバルナイフに比べると威力は低い。また、フォークを持っていてもCQCができるが、収容所脱出時はCQCナイフ取り上げられている為CQCできない

※この「フォーク(MGS3)」の解説は、「メタルギアシリーズの装備一覧」の解説の一部です。
「フォーク(MGS3)」を含む「メタルギアシリーズの装備一覧」の記事については、「メタルギアシリーズの装備一覧」の概要を参照ください。


フォーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/20 15:19 UTC 版)

XMMS」の記事における「フォーク」の解説

XMMSは、GTK+バージョンアップしつづけ、GTK+2が出て古くなったGTK+使い続けている。新バージョン移行しない大きな理由は、第三者によって書かれ多くのプラグインが持つ機能(アバウトボックスや設定ダイアログ等)が、旧GTK+依存していた事に起因するまた、ソフトウェア開発者XMMSコード不完全で、メンテナンス困難である考えた。これらを要因とし、様々なフォークや関連プロジェクト出現させる事となった。 Beep Media Playerは、2003年より開始された、GTK+2を使用したXMMSのフォークである。ただし、現在は開発終了。さらにそのフォークとして、AudaciousやBMPxが存在するGTK+2を使用したMohammed SameerによるXMMS2があったが、プロジェクト中止された。 XMMS2は、原作者一人であるPeter AlmによるXMMS完全な再設計である。2002年開始された。

※この「フォーク」の解説は、「XMMS」の解説の一部です。
「フォーク」を含む「XMMS」の記事については、「XMMS」の概要を参照ください。


フォーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 01:44 UTC 版)

伝説のスタフィー3」の記事における「フォーク」の解説

ボンボーン双璧をなすキョロスケ因縁ライバルであり、彼が大きな口を叩きながらも倒すことができない小さな魚

※この「フォーク」の解説は、「伝説のスタフィー3」の解説の一部です。
「フォーク」を含む「伝説のスタフィー3」の記事については、「伝説のスタフィー3」の概要を参照ください。


フォーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/20 14:38 UTC 版)

第45回グラミー賞」の記事における「フォーク」の解説

最優秀トラディショナル・フォーク・アルバム 『Legacy』 - Steven Hellerプロデューサー)。Steven Hellerエンジニアミキサー)。David Holtプロデューサーアーティスト)ドク・ワトソン最優秀コンテンポラリー・フォーク・アルバム 『ディス・サイド(This Side)』 - アリソン・クラウスプロデューサー)。Gary Paczosa(エンジニアミキサー)。ニッケル・クリーク最優秀ネイティブ・アメリカン・ミュージック・アルバム 『Beneath the Raven Moon』 - Thomas A. Wasinger(プロデューサー)。Mary Youngbloodプロデューサーアーティスト)

※この「フォーク」の解説は、「第45回グラミー賞」の解説の一部です。
「フォーク」を含む「第45回グラミー賞」の記事については、「第45回グラミー賞」の概要を参照ください。


フォーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 21:22 UTC 版)

実況パワフルプロ野球」の記事における「フォーク」の解説

現実ではボール縫い目への指のかけ方調整することによりシンカーのように斜めに落と投手もいるが、パワプロでは真下落ちるものだけとなっている。球速そこそこ速く比較打者近く落ち始める。代表的な空振りを誘うための変化球だが、ミートされた場合ボール飛び易い。

※この「フォーク」の解説は、「実況パワフルプロ野球」の解説の一部です。
「フォーク」を含む「実況パワフルプロ野球」の記事については、「実況パワフルプロ野球」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「フォーク」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

フォーク

出典:『Wiktionary』 (2021/08/28 17:45 UTC 版)

名詞:民俗

フォーク

  1. 民俗民間
  2. (音楽) フォークソング」の略。

発音

語源

  • 英語 folk から。

関連語

翻訳

名詞:道具

フォーク

  1. (道具) 食べ物を刺すために使う、数本とがった部分のある道具
  2. (農業) 農業用熊手くまで

発音

語源

  • 英語 fork から。

上位語

関連語

翻訳

名詞:フォークボール

フォーク

  1. (野球) フォークボール」の略。

発音

関連語


「フォーク」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

フォークのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フォークのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2022 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
Juggling DonutsJuggling Donuts
Copyright (C) 2022 by JugglingDonuts
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフォーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの水島新司の大甲子園 (改訂履歴)、第43回グラミー賞 (改訂履歴)、中二美夫 (改訂履歴)、メタルギアシリーズの装備一覧 (改訂履歴)、XMMS (改訂履歴)、伝説のスタフィー3 (改訂履歴)、第45回グラミー賞 (改訂履歴)、実況パワフルプロ野球 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのフォーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS