ナイフとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ナイフ > ナイフの意味・解説 

ナイフ [1] 【knife】

物を切ったり削ったりするのに使う,洋式小刀
洋食用の小刀。 「 -とフォーク

ない ふ [1] 【内付】

ある国に従属すること。服属

ない ふ [1] 【内府】

内大臣の別名。だいふ。

内付

読み方:ナイフ(naifu

他国にきてその国に服従すること。


内府

読み方:ナイフ(naifu

古代官職内大臣別称


ナイフ

作者カターエフ

収載図書ちくま文学 10 賭け人生
出版社筑摩書房
刊行年月1988.7

収載図書世界100物語 4 ロシア光と影
出版社河出書房新社
刊行年月1997.1


ナイフ

作者重松清

収載図書ナイフ
出版社新潮社
刊行年月1997.11

収載図書ナイフ
出版社新潮社
刊行年月2000.7
シリーズ名新潮文庫


ナイフ

作者安西水丸

収載図書バードの妹
出版社平凡社
刊行年月1998.9


ナイフ

作者梅田千津子

収載図書瀬戸際オンナたち
出版社熊本日日新聞社
刊行年月2005.11


ナイフ

読み方:ないふ
【英】:Knife

ジャグリングに使われるナイフ。

クラブと同じようにジャグリングする道具想像どおり大変危険な代物である。危険といって本当に刃が磨いであるわけではないのだが、かなりの重さがあるので鋭器というよりむしろ鈍器である。当たるとあざができるほどいたく、スピンの数が多いと本当に指を切る事もある。ある程度技術伴わないうちは自分のためにも、お客さんのためにもやるべきではない。

インパクト絶大で、簡単なカスケードをしただけでも大きな拍手どよめきがおこる。その危険さは誰の目にも明らかだからである。

ただ繰り返すこのような危険な道具を使う場合は決して失敗してはいけない。例え怪我がなかったとしてもそれでけでお客さん幻滅してしまうものなのだ。

挿絵
ナイフ

ナイフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/14 08:37 UTC 版)

ナイフ: knife/knives《複数形》)は、切るための道具で、把手(とって、ハンドル)がついていて、に持って用いる汎用の刃物を指す。と「柄(え)」で構成されている。日本語の「小刀」(こがたな)や「包丁」もナイフに分類される。[1]


  1. ^ 脇差を意味する しょうとう は含まない。漢語刀子(とうす)にほぼ相当する。
  2. ^ 鄭仁和訳編 『アメリカ陸軍サバイバルマニュアル3サバイバル・ノート』 朝日ソノラマ、1992年6月。ISBN 4-257-05080-2
  3. ^ 平成20年銃刀法改正警察庁では2009年7月4日までに廃棄などするようにとしている)
  4. ^ a b The Semiotics of the “Christian/Muslim Knife”: Meat and Knife as Markers of Religious Identity in EthiopiaSigns and Society Volume 3, Number 1 | Spring 2015 フルミネンセ連邦大学 Tilahun Bejitual Zellelew
  5. ^ "The Knife" Forbes Ewalt、David M. 2005. 、August 31.
  6. ^ The Norwalk Hour, 1961 May 31, p. 29. “How Did the Jackknife Get its Name?”. www.news.google.com. 2011年2月4日閲覧。「ジャック」という単語の一般的な用法として、「通常より小型のものを指す」と解説されている。
  7. ^ なお、切り裂きジャックとは英語圏で名前の分からぬ男を暫定的に「ジャック」と呼ぶ習慣によるものであり、「ジャック」からジャックナイフを連想しがちであるが、関係はない。日本語で言えば「切り裂き権兵衛」といったところである。また何故か日本では飛び出しナイフをジャックナイフと呼ぶ誤解が蔓延しているが飛び出しナイフは英語圏ではスイッチブレードナイフと呼ばれる。
  8. ^ 最大はブレード87本、141機能、重さ1キロという「ウェンガー・ジャイアントナイフ」。同社の全ての機能を組み込んだらどうなるだろうということで実用性度外視で作られたという。ドイツ・ゾーリンゲンに本社を置くフリードリヒ・オルバーツ社の「マイスター100」に至っては、ツールブレードを含めたブレードの数が100というものも存在している(『ナイフマガジン』1992年6月号・ワールドフォトプレス)。日本国内の価格は当時120万円で、最高のクラフトマンにより一品ずつ仕上げられる高級品とのこと。ハンドル長110mm・厚み60mm・重量950g。
  9. ^ http://www.victorinox.com/jp/app/content/history_page
  10. ^ a b Ontario ASEKガーバー LMF2等
  11. ^ 例えば『ツーリング図鑑』(編:アウトライダー編集部 ISBN 4-88672-098-6)によれば、野宿を含むアウトドア・ツーリングにおいて「大げさなサバイバルナイフは全く必要ない」とした上で、シンプルなポケットナイフを、料理に凝るならまな板・包丁セットを勧めている
  12. ^ Deejo PocketKnife
  13. ^ 日立金属工具鋼株式会社
  14. ^ 武生特殊鋼材
  15. ^ a b Mission Knives
  16. ^ [1]
  17. ^ ロシア人がかつぐ縁起あれこれ(ロシアNow)
  18. ^ 中国人に絶対プレゼントしてはイケない「不吉」な贈り物とは?(まぐまぐニュース!)
  19. ^ Etiquette and Protocol: A Guide for Campus Events p.70
  20. ^ International Gift Giving Etiquette - Indonesia



ナイフ

出典:『Wiktionary』 (2010/11/07 02:31 UTC 版)

名詞

ナイフ【まれ 

  1. 物を切ったり削ったりといった加工用いる小振り刃物。特に洋式のものを指すことが多い。調理用、食事用、工作用など、様々な用途がある。

語源

類義語


Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




ナイフと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ナイフ」の関連用語

ナイフのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ナイフのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Juggling DonutsJuggling Donuts
Copyright (C) 2019 by JugglingDonuts
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナイフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのナイフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS