網とは?

もう【網】

常用漢字] [音]モウマウ)(呉) [訓]あみ

[一]モウ

あみ。「網膜網羅漁網天網法網羅網

連絡がとれるように張りめぐらした組織。「通信網鉄道網

みを打つ。「一網打尽

[二]〈あみ〉「網戸網元霞網(かすみあみ)・鳥網袋網

難読網代(あじろ)・投網(とあみ)・旋網(まきあみ)


あみ【網】

糸・縄・針金などを方形ひし形に目を透かして編んで作ったもの。などを捕らえる道具焼き網囲い建具などに用いる。

捕らえたり、取り締まったりするために張りめぐらしたもの。「捜査の網にかかる」「法の網をくぐる」

[下接語] 揚繰(あぐ)り網・(いわし)網・受け網打瀬(うたせ)網・打ち網・追い網置き網落とし網垣網(かすみ)網・金網・被(かぶ)せ網・救助網巾着(きんちゃく)網・小鳥網刺し網叉手(さで)網・敷き網地引き網・掬(すく)い網・底引き網・袖(そで)網・(たい)網・台網高網・焚(た)き入れ網・叩(たた)き網・建て網建て切り網玉網・攩(たも)網・坪網定置網手繰り網・投(と)網・鳥網・トロール網流し網投げ網張り網引き網袋網棒受け網捕虫網巻き網(ます)網・待ち網身網・餅(もち)網・焼き網・八つ手網夜網四つ手網


あ【網】

〔名〕 「あみ」のこと。主として上代中古に「網代(あじろ)」「網曳(あびき)」「網具(あご)」などのように、他の語と熟した形で使われた。

万葉(8C後)三・二三八「大宮の内まで聞こゆ網引(あびき)すと網子(あご)調(ととの)ふる海人(あま)の呼び声


あみ【網・編】

〔名〕 (動詞「あむ(編)」の連用形名詞化

[一] (網)

① 糸、縄、針金などで目をあらく編んだもの。

(イ) 鳥獣を捕るための糸、縄製のもの。

書紀720神代下・歌謡「片淵阿彌(アミ)張りわたし 目ろ寄しに 寄し寄り来ね」

(ロ) 、餠などを焼くための金網また、防御などの目的用い金網

百座法談(1110)三月一日一人のあみをかつぐ。あみのめよりかかるほのほ熱くたへがたし

② 仏が衆生救済する慈悲をたとえていう語。

海道記(1223頃)東国仏法の初道「三十三身の尊、大悲弘誓の網を垂て苦海の沆物をすくふ」

③ ①(イ)によって捕えること。

咄本蝶夫婦(1777)寸法「おれは此中網(アミ)にいって、大きなこちをとったとおもやれ」

事を行なうために張りめぐらしたもの

(イ) 犯罪者など、ねらいをつけた人をとらえるための手段。→網を張る

黒い眼と茶色の目(1914)〈徳富蘆花〉四「此真率青年も次平さん同様おくら婆さんの網(アミ)にかかるに造作はなかった」

(ロ) 網の目のように、系統的組織的に作られたもの。

青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋「法律の網も潜りさうな言草

(5)あみのりもの網乗物)」の略。

雑俳柳多留‐五〇(1811)「鷹の羽を網へぶちこむ不慮な事」

(6) 賭場

歌舞伎お染久松色読販(1813)中幕ふとした網に引かかり、がらら百両打込(ぶちこ)んだが、モシ此間中五両三両積金にして、質屋の内へ預けました」

(7) 蜘蛛(くも)の巣。

(8) 紋所の名。漁労投網(とあみ)を立てかけ干し形状図案化したもの

(9)あみがしら網頭

(10) 印刷で、「あみてん網点)」「あみはん網版)」の略。

[二] (編) 編むこと。また、編んだものの状態。編み方。

*白い柵(1952)〈永井龍男〉「荒い編みの、ジャケツ着込んだ」


あみ‐・す【網】

〔他サ変

網を張る。網をかける。

大慈恩寺三蔵法師伝院政期点(1080‐1110頃)八「蛛蝥の、の罹り易きを観て、亦扶桑を網(アミシツ)べしと謂はむに異ならむや」

などを網で捕える。網にかける。転じて、人を捕えることにもいう。

俳諧笈の小文(1690‐91頃)「きすごといふうをを網して真砂の上にほしちらしけるを」


い【網】

〔名〕 (糸の意) くもの糸くもの巣をいう。

蜻蛉(974頃)下「露にても命かけたる蜘蛛(くも)のゐに荒き風をば誰かふせがむ」

太平記14C後)二三「蜘のいに手足を繋けられて更にはたらき得ざりけり


もう マウ 【網】

〔名〕

血管神経繊維などの結合組織網状組織細網組織。叢。〔医語類聚(1872)〕

網目のように張りめぐらしたもの。「連絡網」「情報網

美学入門(1951)〈中井正一〉二「国家組織一丸とした知識網であり」


作者多岐川恭

収載図書短篇、ここにあり
出版社筑摩書房
刊行年月2008.1
シリーズ名ちくま文庫


読み方
あみ
あみさき
あみざき
あみはま
つな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/22 22:22 UTC 版)

、あみ)とは、柔軟性に富む糸や鋼線などを格子状に結びつけた形状の製品。ネット英語: net)ともいう。


  1. ^ a b c d e f g h 工業-繊維製品- 岡崎信用金庫、2019年12月15日閲覧。
  2. ^ 沿革”. 日東製網株式会社 (2007年). 2011年1月30日閲覧。


「網」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2020/03/22 05:02 UTC 版)

発音

名詞

  1. あみ)糸などの繊維粗く編んで、を捕らえるのに用い道具

熟語

成句


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「網」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「網」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||


9
94% |||||

10
94% |||||

網のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



網のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの網 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS