樹皮とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > 表皮 > 樹皮の意味・解説 

じゅ‐ひ【樹皮】

読み方:じゅひ

樹木表皮最外層にある死んだ組織集まりで、コルク形成層ができると外側に押し出され内部遮断されて、やがては落ちる。


樹皮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/10 02:49 UTC 版)

樹皮(じゅひ、バーク、: Cortex: Bark: Écorce: Rinde)とは、木本幹の表面に形成される組織である。


  1. ^ a b c 山で働く”. 熊本県総合博物館ネットワーク・ポータルサイト. 2019年11月2日閲覧。
  2. ^ エゾシカの樹皮食害林野庁北海道森林管理局(2017年12月21日閲覧)
  3. ^ 福本繁樹:樹皮布「タパ」誇り高く◇南太平洋の島々訪ね記録 氏族伝統の文様まとう◇『日本経済新聞』朝刊2017年12月19日(文化面)


「樹皮」の続きの解説一覧

樹皮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 00:27 UTC 版)

アキニレ」の記事における「樹皮」の解説

日本の他のニレ属共通で樹皮を結って縄にしたり、内樹皮を叩いて潰して接着剤として使ったという。

※この「樹皮」の解説は、「アキニレ」の解説の一部です。
「樹皮」を含む「アキニレ」の記事については、「アキニレ」の概要を参照ください。


樹皮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/17 13:56 UTC 版)

イヌブナ」の記事における「樹皮」の解説

イヌブナの樹皮は、暗灰褐色イボ状の皮目目立つ。一方ブナは、灰白色イヌブナほどの凹凸みられない

※この「樹皮」の解説は、「イヌブナ」の解説の一部です。
「樹皮」を含む「イヌブナ」の記事については、「イヌブナ」の概要を参照ください。


樹皮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 17:56 UTC 版)

アメリカガキ」の記事における「樹皮」の解説

こげ茶または暗灰色表面鱗状の板に深く分割されている。末端ほっそりしていてジグザグで、太い髄かまたは大きな髄の空洞があり、最初薄く赤味がかった茶色軟毛覆われている。それらは色が薄い茶色から灰白色へ、そしてついには赤味がかった茶色に変動し、樹皮は縦向き亀裂によって幾らか割れている。渋く苦い。

※この「樹皮」の解説は、「アメリカガキ」の解説の一部です。
「樹皮」を含む「アメリカガキ」の記事については、「アメリカガキ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「樹皮」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「樹皮」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



樹皮と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「樹皮」の関連用語

樹皮のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



樹皮のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの樹皮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアキニレ (改訂履歴)、イヌブナ (改訂履歴)、アメリカガキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS