幹とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 植物学 > > の意味・解説 

み‐き【幹】

《「身木」の意という》

植物の木質化した高木では主軸となり、を出す。

物事中心となる部分。「来年度の幹となる企画


かん【幹】

[音]カン(呉)(漢) [訓]みき

学習漢字5年

木のみき。「樹幹

物事中心となる部分。「幹線幹部基幹躯幹(くかん)・語幹根幹

中心となって取りしきる。「幹事主幹

物事取りしきる能力。「才幹

名のり]えだ・から・き・くる・たかし・たる・つね・つよし・とし・とも・まさ・み・もと・もとき・よし・よみ・より

難読麻幹(おがら)


から【幹/柄】

草木のみき・。「粟—(あわがら)」「黍—(きびがら)」

矢の篦(の)。矢がら。

道具の柄(え)。〈和名抄


から【幹・柄】

1 〔名〕

草木の幹や。〔十巻本和名抄(934頃)〕

② 矢の篦(の)。矢がら。

*金刀比羅本保元(1220頃か)上「からはしら篦(の)に、山鳥の羽をあはせはぎに、こうのぶりをまぜて」

道具の柄(え)。

霊異記810‐824)上「十余人して荷(も)つ可き鋤柄(すきガラ)を作りて持た使む〈興福寺訓釈 柄 加良〉」

2接尾〕 柄のあるものを数えるのに用いる。

歌舞伎蝶々(1828)二幕「三から位の臼は、わし一人で沢山でござります

3語素〕 柄のあるものという意を表わす。「から臼(うす)」「から(かじ)」「から秤(はかり)」「から鋤(すき)」など。


こ‐あし【幹】

〔名〕 みき。支柱また、比喩的根幹の意にも用いられたか。

足利本論語抄(16C)公冶長第五「貞は㕝之幹(コアシ)也とは天が能く中正にしてあたるべき㕝に中(あ)て成万物なり」

天草版金句集(1593)「エイユウワ クニノ コアシナリ」

[補注]天草版金句集」は「三略」の「英雄者国之幹、庶民者国之本」を典拠とする例。


こわし【幹・翰】

〔名〕 「こあし(幹)」の変化した語。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

玉塵抄(1563)三九「幹の心ぞ。こわしの心ぞ。家のの心ぞ」


み‐き【幹】

〔名〕 (「身木」の意という)

植物のの一型。木質となって肥大した高木主軸をなす、または、それに類似のものをいう

随筆槐記享保一一年(1726)正月二八日「身木は少ふときが相応(ふさわし)かれ、面白かるべし」

物事中心となる部分幹部


( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/21 06:29 UTC 版)

(くき)とは、高等植物においてを支える部分である。内部にはから吸収した水分栄養素ミネラルなど)を植物体の各所へ運び、葉で合成されたものを光合成できない部分へ運ぶためのしくみが備わっている。




「茎」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 17:19 UTC 版)

発音


名詞


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



幹と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「幹」の関連用語

幹のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



幹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの茎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS