タマネギとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 野菜 > ネギ > タマネギの意味・解説 

たま‐ねぎ【玉×葱】

読み方:たまねぎ

ヒガンバナ科ネギ属野菜。高さ約50センチ地下鱗茎(りんけい)は球形または偏球形で、刺激性のにおいをもち、食用管状。秋、白い小花集まって球状に咲く。ペルシア原産で、明治初めに日本渡来オニオン。《 夏》「貧なる父—噛んで気を鎮む三鬼

玉葱の画像
玉葱の画像
タマネギの地下茎のようす

球葱

読み方:タマネギ(tamanegi)

ユリ科越年草園芸植物薬用植物


葱頭

読み方:タマネギ(tamanegi)

ユリ科越年草園芸植物薬用植物


タマネギ

作者ラフィク・シャミ

収載図書空飛ぶ木―世にも美しメルヘン寓話、そして幻想的な物語
出版社西村書店
刊行年月1997.9


タマネギ

タマネギ
科名 ユリ科
別名: -
生薬名: コソウ胡葱
漢字表記 玉葱
原産 中央アジア
用途 鱗茎発達した栽培植物世界各地生食料理用以外に、染め物など様々な用途利用されている。タマネギには血液さらさらにする効果があると言われ、また滋養強壮にもよいとされる
学名: Allium cepa L.
   

玉葱

読み方:タマネギ(tamanegi)

ユリ科越年草園芸植物薬用植物

学名 Allium cepa


球葱

読み方:タマネギ(tamanegi)

ユリ科越年草園芸植物薬用植物

学名 Allium cepa


葱頭

読み方:タマネギ(tamanegi)

ユリ科越年草園芸植物薬用植物

学名 Allium cepa


玉葱

読み方:タマネギ(tamanegi)

ユリ科野菜

季節

分類 植物


葱頭

読み方:タマネギ(tamanegi)

ユリ科野菜

季節

分類 植物


タマネギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/04 00:22 UTC 版)

タマネギ(玉葱、葱頭; 学名: Allium cepa)は、ヒガンバナ科[注釈 1]ネギ属多年草園芸上では一年草もしくは二年草として扱われる。


注釈

  1. ^ 最新の分類体系であるAPG体系ではヒガンバナ科に区分されるが、古い分類体系のクロンキスト体系新エングラー体系ではユリ科に分類されている[1]
  2. ^ 日本では、生食用に軟白栽培されたラッキョウが「エシャット」や「エシャロット」の名で呼ばれている[34]
  3. ^ 遺伝子に欠損があるため、花粉ができない状態[37]
  4. ^ 庫内の温度と空気成分の調整によって、青果物の呼吸を最小限に抑え、鮮度の低下を防止するシステム[11]

出典

  1. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Allium cepa L. タマネギ(標準)”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2023年3月13日閲覧。
  2. ^ a b c ジェイ 2017, p. 12.
  3. ^ こぐれひでこの食悦画帳/葉タマネギ 玉のままうどんに『読売新聞』夕刊2018年12月8日(2面)。
  4. ^ Linnaeus, Carolus (1753) (ラテン語). Species Plantarum. Holmia[Stockholm]: Laurentius Salvius. p. 300. https://www.biodiversitylibrary.org/page/358319 
  5. ^ a b c d e f 田中孝治 1995, p. 192.
  6. ^ 「玉ねぎ」はフランス語で?野菜に関するフランス語”. Bibliette(ビブリエット). 2020年7月9日閲覧。
  7. ^ 講談社編 2013, p. 158.
  8. ^ a b ジェイ 2017, p. 34.
  9. ^ 田中孝治 1995, p. 93.
  10. ^ a b c d e f g h i 田中孝治 1995, p. 193.
  11. ^ a b c d e f g h i j k 講談社編 2013, p. 159.
  12. ^ a b c d e ジェイ 2017, p. 13.
  13. ^ <このページは存在しません。> 国際連携で挑むタマネギゲノム解読‐経済的に重要な高等植物種の巨大なゲノムを読み解く (PDF) 山口大学(2021年8月20日)2021年9月17日閲覧 [リンク切れ]
  14. ^ ジェイ 2017, pp. 11–12.
  15. ^ ジェイ 2017, pp. 20–21.
  16. ^ ジェイ 2017, p. 23.
  17. ^ ジェイ 2017, p. 26.
  18. ^ ジェイ 2017, p. 39.
  19. ^ a b ジェイ 2017, p. 40.
  20. ^ ジェイ 2017, p. 47.
  21. ^ ジェイ 2017, pp. 47–49.
  22. ^ ジェイ 2017, pp. 51–52.
  23. ^ ジェイ 2017, p. 68.
  24. ^ ジェイ 2017, pp. 65–66.
  25. ^ ジェイ 2017, pp. 66–68.
  26. ^ ジェイ 2017, pp. 95–98.
  27. ^ ジェイ 2017, pp. 105–111.
  28. ^ ジェイ 2017, pp. 112–113.
  29. ^ ジェイ 2017, p. 120.
  30. ^ ジェイ 2017, p. 114.
  31. ^ ジェイ 2017, p. 116.
  32. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 講談社編 2013, p. 161.
  33. ^ a b c d e f g 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 30.
  34. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 主婦の友社編 2011, p. 57.
  35. ^ a b c d e f g 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 31.
  36. ^ a b c d e f g h 講談社編 2013, p. 160.
  37. ^ a b c d e ジェイ 2017, p. 135.
  38. ^ a b c ジェイ 2017, p. 136.
  39. ^ a b c d e 金子美登 2012, p. 124.
  40. ^ a b c 主婦の友社編 2011, p. 60.
  41. ^ a b c d e f 金子美登 2012, p. 126.
  42. ^ a b c 主婦の友社編 2011, p. 61.
  43. ^ a b c d e f g 金子美登 2012, p. 125.
  44. ^ 三澤知央、ネギ葉枯病の発生生態と防除に関する研究 北海道立総合研究機構農業試験場報告 = Report of Hokkaido Research Organization Agricultural Experiment Station (132), 1-90, 2012-10, NAID 120005332243
  45. ^ 世界のタマネギ 生産量 国別ランキング・推移”. グローバルノート. 2020年7月12日閲覧。
  46. ^ a b 玉ねぎ(玉葱,タマネギ,たまねぎ)”. アプレス. 2020年7月12日閲覧。
  47. ^ 玉ねぎのランキング”. 野菜情報サイト 野菜ナビ. Yasainavi.com. 2020年7月12日閲覧。
  48. ^ a b c d e f g 主婦の友社編 2011, p. 56.
  49. ^ 十時亨『フランス料理の基本』新星出版社 2005年
  50. ^ Eric Block (2009). “Chapter 4. Chemistry in a sallad bowl: Allium chemistry and biochemistry”. Garlic and Other Alliums: The Lore and the Science. Cambridge: Royal Society of Chemistry. ISBN 978-0854041909  Google ブックス
  51. ^ ジェイ 2017, pp. 144–145.
  52. ^ 長谷川香料株式会社『香料の科学』講談社、2013年、93頁。ISBN 978-4-06-154379-9 
  53. ^ 塩谷茂信, 鈴木貴則, 坂野太研, 柳内延也「ケルセチン含有タマネギ外皮エキスの血小板凝集抑制作用」『日本食品科学工学会誌』第69巻第2号、日本食品科学工学会、2022年2月、45-53頁、CRID 1390009640045238016doi:10.3136/nskkk.69.45ISSN 1341-027X 
  54. ^ ジェイ 2017, p. 50.
  55. ^ a b ジェイ 2017, p. 70.
  56. ^ ジェイ 2017, p. 79.
  57. ^ ジェイ 2017, p. 82.
  58. ^ 【食べ物 新日本奇行 classic】ラーメンのネギは白か青か いや、タマネギだってある 日本経済新聞社NIKKEI STYLE(2017年4月1日)2018年12月18日閲覧
  59. ^ ジェイ 2017, p. 148.
  60. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  61. ^ 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版) (PDF)
  62. ^ 下橋淳子「褐変物質のDPPHラジカル消去能」『駒沢女子短期大学研究紀要』第37巻、駒沢女子短期大学、2004年3月、17-22頁、CRID 1390009224799178752doi:10.18998/00000638ISSN 02884844 
  63. ^ 明治大学農学部農芸化学科食品機能科学研究室 研究の概要
  64. ^ ジェイ 2017, p. 152.
  65. ^ 「健康食品」の安全性・有効性情報”. 国立健康・栄養研究所. 2021年7月7日閲覧。
  66. ^ 健康サポート通信 Vol.1 新玉ねぎ”. 一般財団法人 日本健康文化振興会. 2021年7月7日閲覧。
  67. ^ a b 飼い主のためのペットフード・ガイドライン (PDF) 環境省(2020年4月29日閲覧)
  68. ^ a b c ジェイ 2017, p. 73.
  69. ^ ジェイ 2017, p. 72.
  70. ^ ジェイ 2017, pp. 111–113.
  71. ^ ジェイ 2017, p. 154.
  72. ^ a b ジェイ 2017, p. 155.
  73. ^ たまちゃん | 赤塚不二夫公認サイトこれでいいのだ!!”. 株式会社フジオ・プロダクション. 2023年2月1日閲覧。
  74. ^ 『たまねぎたまちゃん』作品紹介 | 赤塚不二夫公認サイトこれでいいのだ!!”. 2023年2月1日閲覧。
  75. ^ ゆるキャラグランプリ公式サイト”. www.yurugp.jp. 2023年2月1日閲覧。



タマネギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/09 02:47 UTC 版)

カルシウム欠乏症 (植物)」の記事における「タマネギ」の解説

腐れ

※この「タマネギ」の解説は、「カルシウム欠乏症 (植物)」の解説の一部です。
「タマネギ」を含む「カルシウム欠乏症 (植物)」の記事については、「カルシウム欠乏症 (植物)」の概要を参照ください。


タマネギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 22:22 UTC 版)

牧場物語 ハーベストムーン」の記事における「タマネギ」の解説

単作野菜

※この「タマネギ」の解説は、「牧場物語 ハーベストムーン」の解説の一部です。
「タマネギ」を含む「牧場物語 ハーベストムーン」の記事については、「牧場物語 ハーベストムーン」の概要を参照ください。


タマネギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 09:54 UTC 版)

ツインビー」の記事における「タマネギ」の解説

アーケード版ステージ6登場わらわら大量に出現するので撃ち漏らすと面倒。

※この「タマネギ」の解説は、「ツインビー」の解説の一部です。
「タマネギ」を含む「ツインビー」の記事については、「ツインビー」の概要を参照ください。


タマネギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 08:42 UTC 版)

サバイバルキッズ」の記事における「タマネギ」の解説

『-LOST in BLUE-』から登場する地面から掘り起こして取る。生でも食べられる美味しくはない煮物の具などに使用する

※この「タマネギ」の解説は、「サバイバルキッズ」の解説の一部です。
「タマネギ」を含む「サバイバルキッズ」の記事については、「サバイバルキッズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「タマネギ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

タマネギ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 12:37 UTC 版)

名詞

タマネギ

  1. たまねぎ」の学術的表記

「タマネギ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



タマネギと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「タマネギ」の関連用語

タマネギのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



タマネギのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2024, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタマネギ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカルシウム欠乏症 (植物) (改訂履歴)、牧場物語 ハーベストムーン (改訂履歴)、ツインビー (改訂履歴)、サバイバルキッズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのタマネギ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS