渡来とは? わかりやすく解説

と‐らい【渡来】

[名](スル)遠く外国から渡ってくること。「シベリアから—するハクチョウ」「南蛮—」


渡来

名字 読み方
渡来わたらい
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

渡来

読み方
渡来とく
渡来とらい
渡来わたき
渡来わたぎ
渡来わたらい

渡来人

(渡来 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 01:10 UTC 版)

渡来人(とらいじん)とは、広義には、大陸から日本列島に渡って来た人々を意味する。歴史用語としては、3世紀から7世紀頃に大陸(中国朝鮮半島など)から日本に移住した人々(移民)を指すことが多い。人類学では、弥生時代以降にユーラシア大陸から渡来した人々(渡来系弥生人など)の総称として用いられることが多い[1][† 1][2]


注釈

  1. ^ 日経サイエンス8月号 「特集ヤポネシア 47都道府県人のゲノムが明かす 日本人の起源」 ではこの意味で「渡来人」の語が用いられている。
  2. ^ この時代の日本は、『漢書』には倭人が季節ごとに楽浪郡使者を遣わしてくるとあり(『漢書』地理志 「樂浪海中有倭人 分爲百餘國 以歳時來獻見云」)、『後漢書』には倭国帥升が107年の入貢の際に160人もの人(生口奴隷のこと)を送ったと記録されている(『後漢書』 安帝紀 永初元年(107年)「倭國王帥升等獻生口百六十人 願請見」)。また卑弥呼台与(壹與)の時代にも生口を送っている記録があり、日本側からも人を送っていたことが見受けられる。
  3. ^ 5世紀後半~6世紀に朝鮮半島から移住した技術をもった人々を『日本書紀』では「古渡才伎(こわたりのてひと)」に対して「今来才伎(いまきのてひと)」と呼んでいる。『日本書紀』「雄略紀」によれば今来才伎は百済から献上された人々である(雄略天皇七年「集聚百済所貢今来才伎於大嶋中」)。

出典

  1. ^ 横田健一「白鳳天平芸術精神史研究序説 : 群像形式と憂欝性の表現を中心として」『関西大学東西学術研究所紀要』第6巻、関西大学東西学術研究所、1973年3月、 41-57頁、 ISSN 02878151NAID 120006494410
  2. ^ 州浜昌利「秦氏の性格について」『法政史学= 法政史学』第11号、法政大学史学会、1958年11月、 103-108頁、 doi:10.15002/00011858ISSN 0386-8893NAID 120005626029
  3. ^ NAOKI OSADA, YOSUKE KAWAI (2021). “Exploring models of human migration to the Japanese archipelago using genome-wide genetic data”. Anthropological Science (日本人類学会) 129 (1): 45-58. doi:10.1537/ase.201215. ISSN 0918-7960. NAID 130008030483. https://doi.org/10.1537/ase.201215. 
  4. ^ 破斯清道#文献記録におけるペルシャ人および李密翳を参照。
  5. ^ 平野邦雄『帰化人と古代国家』(吉川弘文館 2007年)pp.1-10
  6. ^ a b c 平野邦雄『帰化人と古代国家』(吉川弘文館 2007年) p.2


「渡来人」の続きの解説一覧

「渡来」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「渡来」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||




渡来のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



渡来のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2022 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの渡来人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS