渡来とは?

と らい [0] 【渡来】

( 名 ) スル
外国から海を越え渡ってくること。舶来。 「中国から-した品」 「南蛮-の風俗」 「 -種」

渡来

名字 読み方
渡来わたらい
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

渡来

読み方
渡来とく
渡来とらい
渡来わたき
渡来わたぎ
渡来わたらい

渡来人

(渡来 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/15 04:09 UTC 版)

渡来人(とらいじん)とは、広義には、海外から日本に渡って来た人々を意味するが、歴史用語としては、4世紀から7世紀頃に、中国大陸及び朝鮮半島から日本に移住した人々を指すことが多い。帰化人との違いについては下記節を参照。




注釈

  1. ^ 水稲には中国大陸から海を渡って直接日本に渡来したものと、山東半島から朝鮮半島南部を経由して日本へ渡来したものがあるとする説が有力視されている。国立歴史民俗博物館研究プロジェクトによると弥生時代の開始年代は紀元前10世紀であり、日本における水稲稲作の開始時期は朝鮮半島に先行する。
  2. ^ この時代の日本は、『漢書』には倭人が季節ごとに楽浪郡使者を遣わしてくるとあり(『漢書』地理志 「樂浪海中有倭人 分爲百餘國 以歳時來獻見云」)、『後漢書』には倭国帥升が107年の入貢の際に160人もの人(生口奴隷のこと)を送ったと記録されている(『後漢書』 安帝紀 永初元年(107年)「倭國王帥升等獻生口百六十人 願請見」)。また卑弥呼台与(壹與)の時代にも生口を送っている記録があり、日本側からも人を送っていたことが見受けられる。また、『三国史記』新羅本紀は新羅の4代王「脱解尼師今(だっかい・にしきん、生没年不詳)」は倭人である(「脱解本多婆那國所生也 其國在倭國東北一千里。」)と伝えている。
  3. ^ 5世紀後半~6世紀に朝鮮半島から移住した技術をもった人々を『日本書紀』では「古渡才伎(こわたりのてひと)」に対して「今来才伎(いまきのてひと)」と呼んでいる。『日本書紀』「雄略紀」によれば今来才伎は百済から献上された人々である(雄略天皇七年「集聚百済所貢今来才伎於大嶋中」)。
  4. ^ 孫正義のTwitterでの発言より [1]。約1000年前に中国南朝のから戦乱を避け高麗へ流入した一族の末裔とのことである。

出典

  1. ^ 佐藤洋一郎 『DNAが語る稲作文明』 NHKブックス 1996年7月
  2. ^ 破斯清通#文献記録におけるペルシャ人および李密翳を参照。
  3. ^ 森公章「『帰化人と古代国家を読む』、平野前掲書解説pp.312-313
  4. ^ 平野邦雄『帰化人と古代国家』(吉川弘文館 2007年)pp.1-10
  5. ^ a b c 平野邦雄『帰化人と古代国家』(吉川弘文館 2007年) p.2
  6. ^ 平野邦雄『帰化人と古代国家』(吉川弘文館 2007年) p.4
  7. ^ a b c d 初等教科書、高麗の時「23万流入」言及もしない京郷新聞』2007年8月21日


「渡来人」の続きの解説一覧





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「渡来」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||




渡来のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



渡来のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2018 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの渡来人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS