丹波とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 都市 > 丹波 > 丹波の意味・解説 

たんば【丹波】


丹波

読み方:タンバ(tanba)

旧国名の一


丹波

作者秦恒平

収載図書京都府文学全集 第1期(小説編) 第6巻(昭和戦後編 4)
出版社郷土出版社
刊行年月2005.10


丹波

読み方:タンバ(tanba)

所在 愛知県海部郡美和町


丹波

読み方:タンバ(tanba)

所在 京都府舞鶴市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

丹波

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/16 16:23 UTC 版)

丹波(たんば)


  1. ^ 2019年令和元年)5月1日より、篠山市(ささやまし)から変更。


「丹波」の続きの解説一覧

丹波

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 08:39 UTC 版)

うちのトコでは」の記事における「丹波」の解説

17歳。身長167cm。

※この「丹波」の解説は、「うちのトコでは」の解説の一部です。
「丹波」を含む「うちのトコでは」の記事については、「うちのトコでは」の概要を参照ください。


丹波(たんば)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 00:03 UTC 版)

P2! - let's Play Pingpong! -」の記事における「丹波(たんば)」の解説

初代実業付属中学卓球部員。地区予選一回戦畔野と共に山雀ペア対戦し敗退

※この「丹波(たんば)」の解説は、「P2! - let's Play Pingpong! -」の解説の一部です。
「丹波(たんば)」を含む「P2! - let's Play Pingpong! -」の記事については、「P2! - let's Play Pingpong! -」の概要を参照ください。


丹波

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 13:47 UTC 版)

クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦」の記事における「丹波」の解説

冒頭しんのすけ出会う男性。その正体は金の魂の湯に宿る温泉精霊で、自分お風呂入れてくれたしんのすけ親切な心に感謝し、金の魂の湯の湯脈を野原家の家の地下敷いたその後「金の魂の湯」の湧出と共に再び現れ温泉認められた野原一家力を貸した

※この「丹波」の解説は、「クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦」の解説の一部です。
「丹波」を含む「クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦」の記事については、「クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦」の概要を参照ください。


丹波

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/15 14:21 UTC 版)

四畳半王国見聞録」の記事における「丹波」の解説

蝸牛の角》と《大日本凡人會》と《グッド・バイ》に登場するマンドリン辻説法称し鴨川デルタ突端人生論説く。この説法を通して相手心中見抜くことができる特技があり、迷え学生たちを更に迷わせる。『恋文の技術』に登場する谷口同じく般若心経張られマンドリン所持している

※この「丹波」の解説は、「四畳半王国見聞録」の解説の一部です。
「丹波」を含む「四畳半王国見聞録」の記事については、「四畳半王国見聞録」の概要を参照ください。


丹波(たんば)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 16:39 UTC 版)

ラストイニング」の記事における「丹波(たんば)」の解説

一塁手四番バッター通算ホームラン64本のスラッガー

※この「丹波(たんば)」の解説は、「ラストイニング」の解説の一部です。
「丹波(たんば)」を含む「ラストイニング」の記事については、「ラストイニング」の概要を参照ください。


丹波(たんば)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 07:35 UTC 版)

あばれ!隼」の記事における「丹波(たんば)」の解説

センター。6番打者

※この「丹波(たんば)」の解説は、「あばれ!隼」の解説の一部です。
「丹波(たんば)」を含む「あばれ!隼」の記事については、「あばれ!隼」の概要を参照ください。


丹波

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 15:37 UTC 版)

歌枕の一覧」の記事における「丹波」の解説

生野(いくの): 京都府福知山市大江山おおえやま大江山 いく野の道遠ければ まだふみも見ず 天の橋立(『金葉和歌集』、小式部内侍大江山については福知山市大江町(および与謝郡与謝野町)の大江山京都市西京区亀岡市の境の大枝山老いの坂)、いく野については福知山市生野亀岡市内などと諸説がある。

※この「丹波」の解説は、「歌枕の一覧」の解説の一部です。
「丹波」を含む「歌枕の一覧」の記事については、「歌枕の一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「丹波」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

丹波

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 02:45 UTC 版)

固有名詞

  (たんば)

  1. 旧国名一つ丹波国
  2. 兵庫県にある地名丹波市
  3. 京都府にあった地名丹波町

「丹波」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



丹波と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

丹波のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



丹波のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの丹波 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのうちのトコでは (改訂履歴)、P2! - let's Play Pingpong! - (改訂履歴)、クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦 (改訂履歴)、四畳半王国見聞録 (改訂履歴)、ラストイニング (改訂履歴)、あばれ!隼 (改訂履歴)、歌枕の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの丹波 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS