第6巻とは? わかりやすく解説

第6巻(第35話 - 第41話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 12:10 UTC 版)

終末のハーレム」の記事における「第6巻(第35話 - 第41話)」の解説

UW世界本部からの飛行機到着した当夜、怜人・マリア朱音・翠は病院跡を訪れて地下施設発見し、そこにいた技術長官たちに殺害されそうになるが、クロエたちが現れて技術長官たちを射殺するクロエは、自分UW日本支部内偵していたUW平和維持活動局局長であることや、現在の絵理沙がテロ集団に身を置いていることを明かす

※この「第6巻(第35話 - 第41話)」の解説は、「終末のハーレム」の解説の一部です。
「第6巻(第35話 - 第41話)」を含む「終末のハーレム」の記事については、「終末のハーレム」の概要を参照ください。


第6巻(分割と転化、移動と静止)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/10 14:20 UTC 版)

自然学 (アリストテレス)」の記事における「第6巻(分割転化移動静止)」の解説

第6巻 - 分割転化移動静止。全10章第1章 - 連続的なものは不可分なものから成ることはできず、常に可分的である第2章 - 前章詳細第3章 - 「今」は不可分なものであり、どんなものも「今」においては運動静止していない第4章 - 転化するものは全て可分的である運動時間諸部分の運動に関して可分的である時間運動・現に運動している状態・運動しているもの・運動の領域全て同じように可分的である第5章 - 転化し終えたものは転化し終えたまさにその時に転化終端内にある。転化し終えるのは不可分な時としての「今」においてである。転化するものにも転化する時間にも最初というものが無い。 第6章 - 転化するものは転化直接的な時間のどの部分おいても転化している。転化しているものはより先に転化し終えたのであり転化し終えたものはより先に転化していた。 第7章 - 運動するもの。距離。時間有限と無限。 第8章 - 停止過程静止について。運動するものがその運動の時間において静止しているあるもの対応していることは不可能である第9章 - ゼノン運動否定論への論駁第10章 - 部分の無いものは運動し得ない円環的な移動除いて転化無限でありえない

※この「第6巻(分割と転化、移動と静止)」の解説は、「自然学 (アリストテレス)」の解説の一部です。
「第6巻(分割と転化、移動と静止)」を含む「自然学 (アリストテレス)」の記事については、「自然学 (アリストテレス)」の概要を参照ください。


第6巻(踊るベリー・メリー・クリスマス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 14:32 UTC 版)

フルメタル・パニック!」の記事における「第6巻(踊るベリー・メリー・クリスマス)」の解説

香港での戦いから2か月経った12月激しい戦い経て今まで嫌悪していたアーバレスト愛着持ち始めた宗介アーバレスト搭載されている超高性能AIアル>も自我持ち始めていた。そんな中ミスリル裏切ったブルーノへの拷問死んだガウルンの残した情報により、今までテロの裏糸を引いていた黒幕アマルガム情報得たミスリルアマルガムへの先手を打つために作戦開始する

※この「第6巻(踊るベリー・メリー・クリスマス)」の解説は、「フルメタル・パニック!」の解説の一部です。
「第6巻(踊るベリー・メリー・クリスマス)」を含む「フルメタル・パニック!」の記事については、「フルメタル・パニック!」の概要を参照ください。


第6巻(定義について)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 04:23 UTC 版)

トピカ (アリストテレス)」の記事における「第6巻(定義について)」の解説

第6巻 - 定義について。全14章第1章 - 定義を扱う際の問題5分類。 第2章 - 曖昧な表現いかにして避けるか。 第3章 - 冗長いかにして避けるか。 第4章 -提出され説明方式命題)が定義であるかどうかを検べる「トポス」。 定義の内の諸項が「より先なるもの」「より知られ得るもの」であるための「トポス」 -定義が「より知られ得るもの」を用い損ねたことをいかに摘出するか。 定義が「より先なるもの」を構成要素として用い損ねたことをいかに摘出するか -1. 対立するものによって対立するものが定義され場合。 2. 定義されるべきものそのもの用いた場合。 3. 相関的なものを相関的なものによって定義した場合。 4. 上位のものを下位のもので定義した場合第5章 - 定義における類の使用に関するトポス」 -1. 類を落としたかどうか。 2. 与えられた定義が定義の対象のもとに入るすべてのものに適用されているかどうか。 3. 与えられた義の対象はより善いものではなくより悪いものに関係して言われているかどうか。 4. 類が正しく構成されているかどうか。 5. 対象最も近い類に入れることに失敗していないかどうか。 第6章 - 定義における種差使用に関するトポス」 -1. 事物に特有の種差考慮。 2. 類は否定によって分割されるかどうか。 3. 種か類を種差として与えたかどうか。 4. 種差個物指示する付帯的帰属するものであるかどうか。 5. 種差もしくは種は、類について述語付けされるか、類は種差についてあるいは種は種差について述語付けされるならば、定義はなされなかったことになる。 6. 同じ種差異な類に属すかどうか。 7. 場所あるいはパトス種として与えたかどうか。 8. 関係的なもの種差が関係的になっていないかどうか、またその関係は適切かどうか。 9. 定義が最初の関係において与えられたかどうか。 10. 受動的性質ないし心理状態がそれだと定義されながら、受け入れない場合過ち犯されている。 11. 定義と定義されるものの間にあらゆる時間考慮入れた場合不和生ずかどうか見る。 第7章 - 定義を吟味する仕方 -1. 何かより善い定義があるかどうか。 2. 事物(定義の対象)は「より多く」を受け入れるが定義はそれを受け入れかどうか。 3. 定義の対象と定義とでは2つのものを受け入れ程度が、前者はより多く後者はより少なく言われるかどうか。 4. 別々に取り上げられ二つのものに関係して定義はなされるかどうか。 5. 類と種差は何か不一致あるかどうか第8章 - 関係的なもの吟味するための「トポス」 -1.義の対象が何かに関係しているならば、定義のうちにはそれが関係しているものが述べられているかどうか。 2. 生成あるいは現実活動に対する何らかの関係が述べられたかどうか。 3. 生成あるいは現実活動に対する何らかの関係が述べられたかどうか。 4. 量・性質・場所を定義することに失敗したかどうか。 5. 欲望の定義に「見かけということ付加されたかどうか。 第9章 - 以下のことどもを提議するための「トポス」 -1. 状態。 2. 関係的なものども(関係語)。 3. 対立するものども反対なものども。 4. 欠除。 5. 誤って呼ばれた欠除第10章 -同じような屈折から引き出された「トポス」。 定義される語のイデア述べられた定義があてはまかどうかについての「トポス」。 多義的な語の定義吟味するための「トポス」。 第11章 - 複合語定義についての「トポス」 -1. 定義は複合語全体説明しているか。 2. 定義はその対象である複合物と同じ部分から出来ているかどうか。 3. 用いられ名詞がいっそう不明瞭なものかどうか。 4. 同じ意義持たない新語用いたかどうか。 5. 語の入れ替え類の交換含んでいないかどうか第12章 - 定義を吟味する更なるトポス」 -1. 種々の定義与えられた時、他のもの共通であるかどうか。 2. 説明方式命題)が与えられるべき対象実在するものだが説明方式命題)は実在しないものかどうか。 3. 関係存在定義する時、関係している対象多くの関係存在中に含めて述べる時は、全体的あるいは部分的に虚偽。 4. 与えられた定義が事物ありのままの定義ではなくて事物善くある、あるいは完成されたものの定義である場合がある。 5. それ自身選ばれるものを、他のために選ばれるようもののように定義されていないかどうかを見る。 第13章 - 以下の義をいかに扱うべきか -1. あるものは「AとB」である。 2. あるものは「AとBから成るものである。 3. あるものは「A+B」である。 第14章 - 色々なトポス」 -1. あるものが所要その結合した全体であると定義されたら、その結合仕方性質について検べる。 2. 相反するものども一方のものによって定義されたものは、他方のものによって定義されたもの以上により多く主張し得ない。 3. 定義全体攻撃できない時は、その部分攻撃するか、修正を行う。 4. 全ての義の攻撃に対しては、自分自身で目の前のものを的確に提議するか、相手がうまく述べた規定取り上げるかするのが要諦

※この「第6巻(定義について)」の解説は、「トピカ (アリストテレス)」の解説の一部です。
「第6巻(定義について)」を含む「トピカ (アリストテレス)」の記事については、「トピカ (アリストテレス)」の概要を参照ください。


第6巻(民主制・寡頭制の維持)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 08:38 UTC 版)

政治学 (アリストテレス)」の記事における「第6巻(民主制寡頭制維持)」の解説

第6巻 - 全8章民主制組織する固有の方法第1章 - 1「民衆種類」、2「民主制固有要因」の組み合わせによる、「民主制」の諸変種第2章 - 「民主制」の根本原理としての「自由」。 第3章 - 富裕者と貧乏人財産高と人数考慮入れた平等的決定必要性第4章 - 民衆農民牧人職人商人日雇いの場合。 第5章 - 「民主制」の保全と、その困難さ貧乏人による富裕者の財産奪取牽制国家財政健全性維持貧困層発生防止など。 【寡頭制組織する固有の方法】第6章 - 「寡頭制」と前述した民主制」の共通点相違点第7章 - 風土軍隊組織国制の関係。 第8章 - 行政諸役組織法必要不可欠重要な諸役宗教関連諸役選挙管理諸役など。

※この「第6巻(民主制・寡頭制の維持)」の解説は、「政治学 (アリストテレス)」の解説の一部です。
「第6巻(民主制・寡頭制の維持)」を含む「政治学 (アリストテレス)」の記事については、「政治学 (アリストテレス)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「第6巻」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

第6巻のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第6巻のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの終末のハーレム (改訂履歴)、自然学 (アリストテレス) (改訂履歴)、フルメタル・パニック! (改訂履歴)、トピカ (アリストテレス) (改訂履歴)、政治学 (アリストテレス) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS