テロとは? わかりやすく解説

テロ


テロ

作者小中千昭

収載図書深淵を歩くもの
出版社徳間書店
刊行年月2001.4
シリーズ名徳間デュアル文庫


テロ

名前 Tero

テロ

読み方:てろ,でろ

  1. 燈火ノコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・香川県
  2. 灯火。「てり」の音訛。〔香川県

分類 香川県


テロ

読み方:てろ

  1. 英語のテロリズムTerrorism)の略で恐怖主義のこと、転じて乱暴な直接行動をいう。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

テロリズム

(テロ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/25 09:45 UTC 版)

テロリズム英語: terrorism)とは、政治的な目的を達成するために暴力および暴力による脅迫を用いることを言う。「テロ」と略される[1]





テロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/19 18:40 UTC 版)

ジャスミン革命」の記事における「テロ」の解説

独裁時代チュニジアでは、イスラム過激派非合法化されており、そのため若者中には国外出てISILなどの武装集団参加していたものがいる。革命後、彼らは祖国チュニジアへと戻りテロ活動などを行っている

※この「テロ」の解説は、「ジャスミン革命」の解説の一部です。
「テロ」を含む「ジャスミン革命」の記事については、「ジャスミン革命」の概要を参照ください。


テロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/13 06:00 UTC 版)

パラマウント・ビル」の記事における「テロ」の解説

詳細は「en:March 6, 2008 Times Square bombing」を参照 2008年3月6日の朝、小型爆弾がこのビル7番街挟んだ向かいアメリカ軍徴兵事務所仕掛けられたが、けが人はでなかった。

※この「テロ」の解説は、「パラマウント・ビル」の解説の一部です。
「テロ」を含む「パラマウント・ビル」の記事については、「パラマウント・ビル」の概要を参照ください。


テロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 07:42 UTC 版)

セーブ・ザ・チルドレン」の記事における「テロ」の解説

2018年1月24日アフガニスタン東部ナンガルハル州ジャララバードにある事務所襲撃を受け4人が死亡数十人が負傷襲撃後ISIS犯行声明出している。

※この「テロ」の解説は、「セーブ・ザ・チルドレン」の解説の一部です。
「テロ」を含む「セーブ・ザ・チルドレン」の記事については、「セーブ・ザ・チルドレン」の概要を参照ください。


テロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 03:36 UTC 版)

ティアレット」の記事における「テロ」の解説

ティアレット山岳地系はテロ活動容易にした。AQIM( イスラーム・マグリブ諸国のアル=カーイダ機構)の前身のGSPC(説教と戦闘の為のサラフィー主義者集団)は何度もティアレット攻撃した。GSPCはウサーマ・ビン・ラーディン(1957年2011年)やアブー・ムスアブ・アッ=ザルカーウィー(1966年2006年)と深い関係有った。GSPCは現在もイタリアで活動している。

※この「テロ」の解説は、「ティアレット」の解説の一部です。
「テロ」を含む「ティアレット」の記事については、「ティアレット」の概要を参照ください。


テロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 21:56 UTC 版)

第5回先進国首脳会議」の記事における「テロ」の解説

1979年6月8日未明 - 迎賓館正門めがけて無人小型トラック突進手前街路樹衝突して炎上した負傷者等の発生なし。後に中核派犯行声明出した

※この「テロ」の解説は、「第5回先進国首脳会議」の解説の一部です。
「テロ」を含む「第5回先進国首脳会議」の記事については、「第5回先進国首脳会議」の概要を参照ください。


テロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 02:23 UTC 版)

避難」の記事における「テロ」の解説

特に治安の悪化している地域では、メディアのテロ等に関する情報注意しておくことが望ましい。テロに遭遇した場合できるだけ早く遠くに離れ遮蔽性の高いところに身を隠す屋内では、できるだけ速やかに現場から離れて屋外に退避する屋外では、風上に向かって逃げるのが望ましいが、難し場合近くビル内に一時退避してもよい。パニックにならず冷静に自分の状況を掴むことが、迅速な避難につながるとされる

※この「テロ」の解説は、「避難」の解説の一部です。
「テロ」を含む「避難」の記事については、「避難」の概要を参照ください。


テロ(Drums/Piano)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/23 03:41 UTC 版)

ヴィドール (バンド)」の記事における「テロ(Drums/Piano)」の解説

ドがつく程の天然キャラ」であり、ライブインタビューではよくメンバー(特にラメ)から弄られる高速且つ変則的なドラムプレイを得意とする幼少の頃からピアノ習っており、学生時代にはブラスバンド結成したこともある。そのため十年後今日ここで…」などでは、テロがピアノを弾くこともある。名前の由来テロリストから。解散後†яi¢к加入。また樹威新たに結成したバンド、GOTCHAROCKAのサポートドラマーも務める。

※この「テロ(Drums/Piano)」の解説は、「ヴィドール (バンド)」の解説の一部です。
「テロ(Drums/Piano)」を含む「ヴィドール (バンド)」の記事については、「ヴィドール (バンド)」の概要を参照ください。


テロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 14:59 UTC 版)

マイドゥグリ」の記事における「テロ」の解説

2010年12月24日イスラム原理主義組織とみられる武装組織3つの教会攻撃。6人が死亡し教会のうち1つ焼け落ちた2014年3月1日市内繁華街ゴマリで2回の爆発35人以上が死亡2015年頃まで、周辺一帯武装組織ボコ・ハラムによる影響を受けていた。2016年9月現在も、ボコ・ハラムにより移動強いられた住民らの難民キャンプ郊外存在する2017年12月25日郊外検問所襲撃を受けるものの、政府軍側は撃退発表後日ボコ・ハラム側が襲撃主張するメッセージ公開

※この「テロ」の解説は、「マイドゥグリ」の解説の一部です。
「テロ」を含む「マイドゥグリ」の記事については、「マイドゥグリ」の概要を参照ください。


テロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 05:43 UTC 版)

じゃじゃ丸の大冒険」の記事における「テロ」の解説

下半身地面埋まった妖怪シーン7に登場するその場で動かず上方へ3発同時に放物線状爆弾投げて攻撃する。この敵も耐久力があり、手裏剣では16当てない倒せない。

※この「テロ」の解説は、「じゃじゃ丸の大冒険」の解説の一部です。
「テロ」を含む「じゃじゃ丸の大冒険」の記事については、「じゃじゃ丸の大冒険」の概要を参照ください。


テロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 08:29 UTC 版)

硝酸アンモニウム」の記事における「テロ」の解説

硝酸アンモニウム系の爆薬は、1970年ウィスコンシン州マディソンのスターリングホール爆破事件1995年オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件2011年デリー爆破事件2011年ノルウェー連続テロ事件2013年ハイデラバード爆破事件などで使用されている2009年11月パキスタン北西辺境州(NWFP)政府は、NWFPのアッパーディール、ローワーディール、スワットチトラール、マラカンドの旧マラカンド師団硫酸アンモニウム硝酸アンモニウム硝酸カルシウムアンモニウム(CAN)の肥料過激派によって爆発物製造使用されたとの報告を受けて禁止令出したこれらの禁止により、塩素酸カリウム安全マッチ発火させるもの)は、反政府派による爆発物選択として肥料を超えている。

※この「テロ」の解説は、「硝酸アンモニウム」の解説の一部です。
「テロ」を含む「硝酸アンモニウム」の記事については、「硝酸アンモニウム」の概要を参照ください。


テロ (#1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 16:50 UTC 版)

三宅裕司のいかすバンド天国に出場したバンド」の記事における「テロ (#1)」の解説

楽曲は「フリーなメッセージ」。メンバー全員衣装の柄が迷彩だった。

※この「テロ (#1)」の解説は、「三宅裕司のいかすバンド天国に出場したバンド」の解説の一部です。
「テロ (#1)」を含む「三宅裕司のいかすバンド天国に出場したバンド」の記事については、「三宅裕司のいかすバンド天国に出場したバンド」の概要を参照ください。


テロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/26 02:26 UTC 版)

ホロ」の記事における「テロ」の解説

2019年1月27日マウント・カーメル大聖堂英語版)でミサ中に爆発起き少なくとも20人が死亡し100人上が負傷したISIL犯行声明出した詳細は「en:2019 Jolo Cathedral bombings」を参照

※この「テロ」の解説は、「ホロ」の解説の一部です。
「テロ」を含む「ホロ」の記事については、「ホロ」の概要を参照ください。


テロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/11/12 14:33 UTC 版)

キリヤット・シュモナ」の記事における「テロ」の解説

この町は、レバノン国境近接しており、レバノン側のアラブ武装勢力ヒズボッラー考えられている)からのミサイル攻撃を受けることでその名をメディアに表すことが多い。2005年12月攻撃では、住民2名が犠牲となっている。また、2006年7月から8月にかけての対レバノン戦争時にも、カチューシャ・ミサイルによる被害を受けている。

※この「テロ」の解説は、「キリヤット・シュモナ」の解説の一部です。
「テロ」を含む「キリヤット・シュモナ」の記事については、「キリヤット・シュモナ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「テロ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

テロ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/07 08:05 UTC 版)

名詞

  1. テロリズムによる破壊行為

語源

テロリズム又はテロル(<独.Terror)の略。

翻訳

関連語

熟語


「テロ」の例文・使い方・用例・文例



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



テロのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのテロリズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジャスミン革命 (改訂履歴)、パラマウント・ビル (改訂履歴)、セーブ・ザ・チルドレン (改訂履歴)、ティアレット (改訂履歴)、第5回先進国首脳会議 (改訂履歴)、避難 (改訂履歴)、ヴィドール (バンド) (改訂履歴)、マイドゥグリ (改訂履歴)、じゃじゃ丸の大冒険 (改訂履歴)、硝酸アンモニウム (改訂履歴)、三宅裕司のいかすバンド天国に出場したバンド (改訂履歴)、ホロ (改訂履歴)、キリヤット・シュモナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのテロ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS