AIとは?

死亡時画像診断

読み方:しぼうじがぞうしんだん
別名:オートプシー・イメージング死亡時画像病理診断、Ai
英語:autopsy imaging

CTコンピューター断層撮影)やMRI磁気共鳴画像法)などで遺体撮影し、画像から死因診断検証すること。死亡時画像診断の結果は、死亡診断書死体検案書などの作成にあたって用いられる。

死亡時画像診断は、自然死病死遺体適用されることもあるが、特に犯罪医療過誤など、事件性が疑われる異状死が起こった場合に、死因究明を可能にする手段として重視されている。死亡時画像診断で事件性のある異常が見られ場合警察署に対して検視依頼が行われることがある

死亡時画像診断は近年大学病院などの医療現場積極的に取り入れられているが、それまで死因診断および検証は、主に体表所見解剖などに基づいて行われてきた。しかし、死因究明が十分に行われていないことが問題とされており、平成21年人口動態統計では、解剖が行われた遺体の数は総数の2.7パーセントに過ぎなかった。

死亡時画像診断は遺体を傷つけずに行うことができることから、通常の病理解剖よりも遺族同意が得やすいことがメリットとして挙げられている。また、解剖と死亡時画像診断を併用することで、解剖単独で行った時よりも死因究明精度が高まる場合があるとされている。一方、死亡時画像診断単独では必ずしも精度が高くなく、遺体の状態や死因によっては、内因死か外因死かの判断できない場合がある。

厚生労働省2013年6月成立した「死因究明等の推進に関する法律死因究明推進法)」に基づき、「死因究明推進会議」を設けて、死亡時画像診断の活用推進している。2014年には、子供虐待死見逃しを防ぐ目的で、子供遺体対する死亡時画像診断を本格的推進する方針示した。虐待死ケースでは、遺族中に加害者含まれることが多く解剖承諾が得られないことが問題視されてきたことから、遺族同意なしに死亡時画像診断を行う場合ありうるとされている。

関連サイト
オートプシー・イメージング学会
死因究明に資する死亡時画像診断の活用に関する検討会 報告書 - 死因究明に資する死亡時画像診断の活用に関する検討会

エー‐アイ【AI】


エー‐アイ【AI】


エー‐アイ【AI】


エー‐アイ【AI】


エー‐アイ【Ai】


エー‐アイ【AI】


AI(人工知能)

AI(人工知能)は現在多く分野普及しており、研究者によって、さまざまに定義されています。共通するのは「情報処理実現するソフトウェアプログラムを用い、人工的につくられた人のような知能」であること。工場での製造店舗分析、メンテナンスサポートなど、さまざまな分野で用いられています。製品サービス提供する場面で使われていると思われがちですが、近年は「人」に関わる人事部門においてもAIの活用が増えています。

AI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)

「AI」とは、アプリシエイティブ・インクワイアリー(Appreciative Inquiry)の略で、Appreciativeは「真価がわかる」「価値認める」、Inquiryは「探求」「質問」などの意味を表します。AIは、米国開発された人材開発組織活性化アプローチ一つポジティブ問い探求によって、個人組織における強み真価成功要因発見し、認め、それらの価値可能性最大限に活かした最も成果上がる有効なしくみを生み出すためのプロセス指します。

AI

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

動脈硬化指数(AI)【どうみゃくこうかしすう】

動脈硬化指数=LDLコレステロール÷HDL コレステロール計算されます。数値が高いほど動脈硬化が進むリスクが高くなります。QUPiO では 4.0 以下を正常値としています。

Ai

名前 アイ

AI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/04 09:34 UTC 版)

AI, Ai, ai




「AI」の続きの解説一覧

オートプシー・イメージング

(AI から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/11 10:15 UTC 版)

オートプシー・イメージングAutopsy imaging、Ai)とは、狭義では死亡時画像診断、広義では死亡時画像病理診断のことである。 「Autopsy=検死」、「imaging=画像診断」に由来する造語で、画像診断によって死因を検証するというもの。略語として「Ai」と称されることが多い。「死後画像診断」(Post Mortem ImagingPMI)とも言う。スイスで提唱されたVirtopsy(VirtualとAutopsyによる造語)は概念が全く一致する物ではないが、相応する概念である。放射線画像検査に限定すれば、Radio-Autopsyという語もある。


  1. ^ 厚生労働省 平成27年5月8日 医政発0508第1号
  2. ^ ネット経由で遺体診断「Ai情報センター」発足”. 産経新聞 (2009年12月9日). 2009年12月20日閲覧。
  3. ^ 海堂尊 (2010年1月15日). “法医学の「死後画像」には「診断」がない”. 日系BP. 2010年1月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年1月26日閲覧。
  4. ^ 海堂尊 (2010年1月8日). “法医主導の「死後画像」には「診断」がない | 海堂尊公式ホームページ”. 宝島社. 2017年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月12日閲覧。


「オートプシー・イメージング」の続きの解説一覧

.ai

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/21 06:32 UTC 版)

.aiは、国別コードトップレベルドメイン (ccTLD) の一つ。イギリスアンギラに割り当てられている。アンギラ政府によって管理されている。






「.ai」の続きの解説一覧

A.I.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/25 03:02 UTC 版)

A.I.』(エー・アイ、A.I. Artificial Intelligence)は、2001年アメリカSF映画




  1. ^ a b c A.I. Artificial Intelligence (2001)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年3月26日閲覧。
  2. ^ 日本映画産業統計 過去興行収入上位作品 (興収10億円以上番組) 2001年(1月~12月)”. 社団法人日本映画製作者連盟. 2010年3月26日閲覧。
  3. ^ a b c d 「EYES特別インタビュー ヤン・ハーラン」『宇宙船』Vol.100(2002年5月号)、朝日ソノラマ、2002年5月1日、 98頁、 雑誌コード:01843-05。
  4. ^ 「スペシャリスト」が絶滅した人類について語る台詞に"space-time"(時空)という単語が2度出てくるが、日本語字幕作成者の戸田奈津子はこれを「宇宙時間」と誤訳している。
  5. ^ 「映像の魔術師 スピルバーグ自作を語る」より。
  6. ^ 映画『Mr.タスク』で来日した元天才子役ハーレイ君はポッチャリしたただのイイ奴だった!”. ハードワーカーズ. AOLオンライン・ジャパン (2015年7月17日). 2015年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月5日閲覧。





AIと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「AI」の関連用語

AIのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



AIのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2021 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
QUPiOQUPiO
Copyright © 2021 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのAI (改訂履歴)、オートプシー・イメージング (改訂履歴)、.ai (改訂履歴)、A.I. (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS