.mhとは?

MH

読みえむえいち
英語:modified Huffman ,MH

ITU-T T.4 で規定されているG3ファクシミリ基本冗長度抑圧符号化方式白と黒画素継続長をランレングス符号化するが,簡易化の為,代表的ファクシミリ画像に対して最適化した固定のハフマンテーブルを用いることからこの名称が付けられた.(参照ハフマン符号化

マレイン酸ヒドラジド

分子式C4H4N2O2
その他の名称:マラジド、リタード、レタルド、レグロックス、デスプラウト、デスプロウト、サッカースタッフ、マレイン酸ヒドラジド、スーパーサッカースタッフ、MH、Retard、Regulox、Desprout、Malazide、Sucker-Stuff、Maleic hydrazideSuper Sucker Stuff、1,2-Dihydropyridazine-3,6-dione、3,6-Pyridazinediol、1,2-Dihydro-3,6-pyridazinedione、3,6-ジヒドロキシピリダジン、3,6-Dihydroxypyridazine、MH-30、1,2,3,6-Tetrahydropyridazine-3,6-dione、3,6(1H,2H)-Pyridazinedione、Pyridazine-3,6-diol、Pyridazine-3,6(1H,2H)-dione
体系名:ピリダジン-3,6(1H,2H)-ジオン、6-ヒドロキシピリダジン-3(2H)-オンピリダジン-3,6-ジオール、3,6(1H,2H)-ピリダジンジオン、1,2-ジヒドロ-3,6-ピリダジンジオン、1,2-ジヒドロピリダジン-3,6-ジオン、3,6-ピリダジンジオール、1,2,3,6-テトラヒドロピリダジン-3,6-ジオン


こはく酸水素1-[α-(2-ベンゾフラニル)-p-クロロベンジル]

分子式C19H15ClO5
その他の名称:M/H、Succinic acid hydrogen 1-[α-(2-benzofuranyl)-p-chlorobenzyl] ester
体系名:こはく酸水素1-[α-(2-ベンゾフラニル)-p-クロロベンジル]


M・H

作者横森理香

収載図書@恋愛match.comではじまる4つのラブストーリー
出版社ランダムハウス講談社
刊行年月2007.2


.mh

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/13 07:30 UTC 版)

.mh
マーシャル諸島の旗
施行 1996年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Internet Connect Inc.
後援組織 Cabinet Office of the Marshall Islands
利用地域 マーシャル諸島に関係する団体・個人
使用状況 マーシャル諸島では、あまり使われていない。
ウェブサイト Marshall Islands NIC (1997年以降更新されていない。)
  

.mh国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、マーシャル諸島に割り当てられている。

.mhは1997年以降更新されていない。

外部リンク


MH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/02 07:35 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

MHmHmh

MH

一般名称

固有名称

架空

mH

mh



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「.mh」に関係したコラム

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.mh」の関連用語

.mhのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.mhのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本画像学会日本画像学会
Copyright (C) 2019 The Imaging Society of Japan All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.mh (改訂履歴)、MH (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS