.npとは?

ビス(3‐ニトロフェニル)ペルスルフィド

分子式C12H8N2O4S2
その他の名称:メガスル、ニトロフェニド、NP、Megasul、Nitrophenide、Bis(m-nitrophenyl)persulfide、Bis(m-nitrophenyl) persulfide、Bis(3-nitrophenyl) persulfide
体系名:ビス(m-ニトロフェニル)ペルスルフィド、ビス(3-ニトロフェニル)ペルスルフィド


ネプツニウム

分子式Np
その他の名称:Neptunium、Np
体系名:ネプツニウム


物質
ネプツニウム
英語名
Neptunium
元素記号
Np
原子番号
93
分子量
237
発見
1940年
原子半径(Å)
1.31(1.48)


ナトリウム利尿ペプチド

英訳・(英)同義/類義語:natriuretic peptide, Natriuretic peptide (NP)

ホルモン一種で、血圧調節を行う。A型B型C型が知られている。

.np

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/08 05:29 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
.np
施行 1995年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Mercantile Communications
後援組織 Mercantile Communications
利用地域 ネパールに関連のある団体
登録の制限 ネパールで登録されている団体もしくは個人である必要有。登録の際にこれらの証明を提出要。
階層構造 登録は既存のセカンドレベルドメインの下のサードレベルに直接行うことができる。
関連文書 Terms and conditions
ウェブサイト .np domain registration
テンプレートを表示

.npネパールに割り当てられている国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)である。管理はMercantile Communicationsにより行われている。

セカンドレベルドメイン

最も一般的なセカンドレベルドメインは以下の通りである。

ドメイン名 対象者
.edu.np 教育機関
.com.np 商用
.gov.np 政府機関
.mil.np 軍用
.org.np 非営利組織
.net.np インターネットプロバイダ
.aero.np 航空宇宙関連分野
.asia.np アジア・太平洋
.biz.np ビジネス
.coop.np 協同組合を促進・支援するための組織
.info.np 情報
.jobs.np 求人関係
.mobi.np Mobile Webを介してインターネットリソースにアクセスするためのモバイルデバイス
.museum.np 博物館
.name.np 識別ラベル
.pro.np 認定プロフェッショナル
.travel.np 旅行会社

登録

.npドメインの登録には、ネパールでの現地拠点を必要とする。登録は、会社名、組織名、製品名、サービス名、ブランド名を直接元にした名前でも良い。

ドメイン登録は、様々なセカンドレベルドメインの下のサードレベルで無料で行える。ただし、検証のために、個人の場合は市民権認定書の写し、組織の場合は法人登録書の写しを提示する必要がある。ドメインの審査には数営業日かかる。

「ドットニッポン」ドメイン

日本のccTLDが「Japan」に由来する「.jp」であるのに対し、2003年から日本ニュードメイン社(近未來通信の子会社[1] )が「日本」のローマ字読みである「Nippon」の省略形として「.np」ドメインを「ドットニッポン」と命名し、使用することを提唱。同社は「aa.np」~「zz.np」まで676通りのセカンドレベルドメインの管理権を取得したが2005年5月にサービスを終了した。その理由について同社は2004年以降、ネパールの国内状勢がクーデターなどにより悪化し、連絡体制が安定しなかったことをサービス終了の理由に挙げているが[2]、実際は「.cc」や「.nu」「.to」などの日本でも広く利用されているccTLDと比べても登録数は非常に少なかったらしい。

なお、過去に長崎県立大村高等学校が同サービスを利用して「omura.ed.np」ドメインを使用していた。

脚注

外部リンク


NP (曖昧さ回避)

(.np から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/09 15:12 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

NP

NP

Np

関連項目


N・P

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/06 06:28 UTC 版)

N・P』(エヌ・ピー)は、吉本ばなな小説

概要

1990年12月25日、角川書店より刊行された。

自殺した作家・高瀬皿男の小説「N・P」をめぐる、激しい愛の物語。

吉本ばなながそれまで取り組んでいた、オカルト、宗教、テレパシー、シンパシー、近親相姦などのテーマをすべて盛り込んだ作品である。しかし本人はあとがきで「力不足でやはりうまく書けなかった」と語っている。

登場人物

私(加納風美)
主人公で語り手。大学の英文学研究室で働く。
箕輪萃
作家・高瀬皿男の娘だが、親子と知りながら関係をもった過去がある。小説「N・P」に関連するものを集め続けている。風美と出会い、奇妙な友情を育む。
高瀬咲
作家・高瀬皿男の娘。萃とは異母姉妹だが、あえて交流はしていない。風美が勤務する大学で「N・P」を研究している。快活な性格で風美とも親しくなる。
高瀬乙彦
作家・高瀬皿男の息子で、咲の双子の弟。萃とは異母きょうだいであるにもかかわらず恋仲になる。咲と二人暮らし。
庄司
翻訳家。萃の恋人であった時期に「N・P」を紹介され、訳し始める。のちに高校生の風美を恋人にもつ。パーティーで咲・乙彦の姉弟を風美に紹介する。「N・P」翻訳途中で自殺する。
風美の母。翻訳家。ろくでなしの夫と離婚し、女手一つで二人の娘を育ててきた。



.npと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.np」の関連用語

.npのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.npのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.np (改訂履歴)、NP (曖昧さ回避) (改訂履歴)、N・P (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS