.npとは?

ネプツニウム

分子式Np
その他の名称:Neptunium、Np
体系名:ネプツニウム


ビス(3‐ニトロフェニル)ペルスルフィド

分子式C12H8N2O4S2
その他の名称:メガスル、ニトロフェニド、NP、Megasul、Nitrophenide、Bis(m-nitrophenyl)persulfide、Bis(m-nitrophenyl) persulfide、Bis(3-nitrophenyl) persulfide
体系名:ビス(m-ニトロフェニル)ペルスルフィド、ビス(3-ニトロフェニル)ペルスルフィド


物質
ネプツニウム
英語名
Neptunium
元素記号
Np
原子番号
93
分子量
237
発見
1940年
原子半径(Å)
1.31(1.48)


ナトリウム利尿ペプチド

英訳・(英)同義/類義語:natriuretic peptide, Natriuretic peptide (NP)

ホルモン一種で、血圧調節を行う。A型B型C型が知られている。

.np

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 10:18 UTC 版)

.npネパールに割り当てられている国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)である。管理はMercantile Communicationsにより行われている。




「.np」の続きの解説一覧

診療録

(.np から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/04 20:45 UTC 版)

診療録(しんりょうろく)、カルテ: Karte[1]とは、医療に関してその診療経過等を記録したものである。




  1. ^ a b c d 『これからの電子医療情報学』森北出版、2005年、72頁
  2. ^ a b c d e f 沢井清 (1973). “病歴管理展望”. 医学図書館 20(3): 217-233. https://www.jstage.jst.go.jp/article/igakutoshokan1954/20/3/20_3_217/_pdf 2021年2月5日閲覧。. 
  3. ^ 野村総研『2020年の産業』東洋経済新報社、2013年、317頁
  4. ^ 司法改革が日本を変える 第8回 『SAPIO』 2001年2月28日号
  5. ^ 日本語を使わない理由は患者に病名を知らせない場合に都合がいいことや日本語の医学用語は漢字も読み方も非常に難しく筆記に時間がかかることが挙げられる。ドイツ語表記は日本が明治時代に主にドイツから医療技術を学んだことに由来する。
  6. ^ 英語表記は第二次世界大戦後の日米関係アメリカの医療技術の発達によるところが大きい。日本語と英単語の混在表記は患者への情報開示という観点から採用される。
  7. ^ 首相官邸 個人情報の保護に関する法律 第二十五条 - 開示
  8. ^ カルテ開示 主要87病院、3割が手数料 5000円以上が13施設 厚労省調査 毎日新聞 2018年4月23日
  9. ^ 獣医師法第21条第2項


「診療録」の続きの解説一覧

NP (曖昧さ回避)

(.np から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/09 15:12 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

NP

NP

Np

関連項目



N・P

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/06 06:28 UTC 版)

N・P』(エヌ・ピー)は、吉本ばなな小説




「N・P」の続きの解説一覧



.npと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.np」の関連用語

.npのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.npのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.np (改訂履歴)、診療録 (改訂履歴)、NP (曖昧さ回避) (改訂履歴)、N・P (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS