(てん)とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 信仰 > 供え物 > (てん)の意味・解説 

読み方:てん・あめ

天【てん】とは

「天」とは、「上空」や「上方」を意味する語であり、あるいは「世界」や「世界司るもの」のような形而上的な概念を指す意味で用いられる語。天空天気天井天災天然天命天変地異等々のように様々な熟語用いられる。「天」の字だけ単独で用いられることも多い。

漢字の「天」の水平な字画は、上方下方より長くする。「人」の画角てっぺん突き出さないように書く。

「天」の対義語は「地」

多くの場合、「天」は「地」と対比され、「天地」で一対として扱われることが多い。

「天」は「上空上方天界」を意味し、「地」は「地面下方地界この世)」を意味する。たとえば製本分野では、本の上方を「天」をいい、下方を「地」という。

物流におけるコンテナ段ボール箱などでも、上方の面を天(天面)といい、下方の面は地ではなく底(底面)という場合が多い。「天地上下)を逆さまにしてはいけないという意味で「天地無用」という表現がよく使われる

天の音読み・訓読み

「天」の字基本的には「てん」と読む。「てん」は音読みである。「天」単独でも、「天井」のように漢字2字からなるの場合も、現代ではほとんどの場合「てん」と読まれる

「天」は訓読みでは「あめ」もしくは「あま」と読まれる訓読み語彙古語多く見いだされる現代語にも「天の川あまのがわ)」のような例はあるが、音読みの「てん」に比べるとかなり少ない。

天の字を含む語

「上空」の意味

「空模様」の意味

「上方」の意味

「自然・自然的」の意味

「世界」の意味

「天界・天上界」の意味


てん【塡】

読み方:てん

常用漢字] [音]テン(漢) [訓]はめる はまる

空いた所をうずめて一杯にする。「塡塞(てんそく)・塡補/充塡・装塡・補塡」


てん【滇】

読み方:てん

[一]中国漢代雲南地方拠っ西南夷の一。前109年前漢武帝降伏して益州郡編入された。

[二]雲南省異称


て‐ん

連語⇒てむ連語


テン【ten】

読み方:てん

数の、10。じゅう。とお。

「テン」に似た言葉

てん【伝/殿/電】

読み方:てん

〈伝〉⇒でん

〈殿〉⇒でん

〈電〉⇒でん


てん【典】

読み方:てん

[音]テン(呉)(漢) [訓]のり さかん

学習漢字4年

基本となる書物。「典籍経典(けいてんきょうてん)・原典古典辞典出典聖典仏典文典宝典

いつも変わらぬ基準手本。「典拠典型典範典例楽典儀典通典法典

手本のっとって行う儀式。「祭典式典祝典盛典

規則かなって整っている。「典雅

質に入れる。「典物

役人職務をあずかる。「典獄典薬

特別の扱い。「栄典恩典特典

(「奠」の代用字供え物。「香典(こうでん)」

名のり]おき・すけ・つかさ・つね・ふみ・みち・もり・よし・より

難読主典(さかん)


てん【典】

読み方:てん

盛大な儀式式典。「華燭(かしょく)の—」

守らなければならないきまり。のり。

諸藩費用多き故に今其—を止められたり」〈条野有人近世紀聞


てん【天】

読み方:てん

[音]テン(呉)(漢) [訓]あめ あま

学習漢字1年

大空。「天下天空天上天地九天仰天暁天衝天水天中天沖天北天満天露天

空模様。「雨天好天晴天

自然界。自然。「天険天災天然・天歩」

自然に備わったこと。生まれつき。「天才天寿天分後天先天

高い所。「天井天幕脳天

信仰の対象としての天。運命造物主。神。「天運天罰天命天佑(てんゆう)/皇天

神や精霊の住むと考えられる所。「天国昇天

天子天皇のこと。「天位天顔天孫天覧

名のり]かみ・そら・たか・たかし

難読天晴(あっぱ)れ・天地(あめつち)・天牛(かみきりむし)・天皇(すめらみこと)・天柱(ちりけ)・天蚕糸(てぐす)・天辺(てっぺん)・天麩羅(テンプラ)・天鵞絨(ビロード)


てん【天】

読み方:てん

地上覆って高く広がる無限の空間大空。あめ。「—を引き裂く稲妻

天地・万物支配者造物主天帝また、天地・万物支配する理法。「運を—にまかせる」「—の助け」「—の恵み

仏語

六道(ろくどう)のうち、人間界より上世界天上界

天上界にいる神や、その眷族(けんぞく)。

キリスト教で、神のいる所。天国。「—にましますわれらの父よ

本・掛け軸荷物などの上部分。「—地無用」⇔地。

物事を「天・地・人」の三段階に分けたときの、第一位

物事最初。はじめ。→天から

天麩羅(テンプラ)」の略。「えび—」「—つゆ」


てん【×奠】

読み方:てん

[音]テン(漢) デン(呉)

神仏物を供えて祭る。「奠茶

供え物。「香奠(こうでん)・祭奠釈奠(せきてん)・奉奠乞巧奠(きっこうでん)」

位置定める。「奠都


てん【展】

読み方:てん

[音]テン(呉)(漢) [訓]のべる

学習漢字6年

平らに広げ並べる。「展開・展観・展示展覧

どこまでも伸び広がる。「進展伸展発展

隅から隅まで見る。「展墓展望

巻いたものを開く。「親展

ころがる。「展転

展覧会」の略。「個展日展

名のり]のぶ・ひろ


てん【×巓】

読み方:てん

[音]テン(呉)(漢)

山のてっぺんいただき。「山巓絶巓


てん【店】

読み方:てん

[音]テン(呉)(漢) [訓]みせ たな

学習漢字2年

[一]テン〉みせ。「店員店頭店舗開店支店書店商店売店露店

[二]〈みせ〉「店先茶店

[三]〈たな(だな)〉「店子裏店


てん【×恬】

読み方:てん

[音]テン(漢)

外のものに心を動かされ落ち着いている。「恬然恬淡


てん【×恬】

読み方:てん

ト・タル[文]形動タリ気にかけない平然としているさま。「—として恥じない」「—として顧みない


てん【添】

読み方:てん

常用漢字] [音]テン(呉)(漢) [訓]そえる そう

そばにつけ加える。そえる。「添加添削添書添乗添付

名のり]そえ


てん【点〔點〕】

読み方:てん

[音]テン(呉)(漢) [訓]ともす とぼす たてる

学習漢字2年

小さなしるし。ぽち。「点画点線圏点黒点斑点(はんてん)・傍点

文字文章につける符号。「訓点濁点句読点

特定の位置個所。「観点起点疑点拠点欠点時点弱点終点重点焦点争点地点頂点難点美点沸点盲点要点利点論点

評価また、その値。「高点採点次点同点得点評点満点

しるしなどをつける。ちょっとした動作をして入れる。さす。「点火点眼点景点茶点灯画竜点睛(がりょうてんせい)」

一つ一つ改め調べてみる。「点検点呼

難読点前(てまえ・たてまえ)


てん【点】

読み方:てん

【一】[名]

ペンの先などで軽く突いて記したような小さなしるし。また、そのように見えるもの。ぽち。ちょぼ。「難読漢字のわきに—を打つ」「飛行機が—となって消える」

読点(とうてん)。文章句点「丸」というのに対していう。「、」で表す。

漢字の字画のうち、1似た形のもの。「」の「、」など。

位置だけあって大きさのない図形二つの線が交わ部分。「二—を通る直線

物事成果成績などに対する評価また、それを数値表したもの。評点点数。「—が辛い」

競技得点。「—が入る」

特に注目すべき箇所。ところ。「人間他の動物との違う—は何だろう」「その—ぬかりはない」「悪い—は直す

非難される点。欠点。非。→点を打つ

漢文訓読のために字のわきに付け傍訓符号総称返り点ヲコト点の類。訓点

和歌連歌俳諧などで、批評添削(てんさく)すること。また、その評価を表すしるし。

10 灸点(きゅうてん)。「—をおろす」

11 一昼夜12等分した刻をさらに細分した単位。「辰の三—」

12 航海航空用い角度単位1点円周360度32等分した11.25度。

【二】接尾助数詞

評点得点数えるのに用いる。「一〇〇—満点」「五—差」

物品の数をかぞえるのに用いる。「展覧会に三—出品する


てん【×甜】

読み方:てん

[音]テン(漢)

甘い。うまい。「甜瓜(てんか)・甜菜


てん【×癲】

読み方:てん

[音]テン(呉)(漢)

気が狂う。「瘋癲(ふうてん)」

病気の名。「癲癇(てんかん)」


てん【×篆】

読み方:てん

[音]テン(漢)

漢字の書体の一。「篆刻篆書篆文小篆大篆


てん【×篆】

読み方:てん

篆書(てんしょ)」に同じ。


てん【×纏】

読み方:てん

人名用漢字] [音]テン(漢) [訓]まとう まとい まつわる

まつわりつく。「纏繞(てんじょう)・纏綿

身につける身にまとう。「纏足半纏

[補説] 「纒」は俗字


てん【×纏】

読み方:てん

仏語まつわりつくもの。煩悩(ぼんのう)のこと。纏縛(てんばく)。


てん【×諂】

読み方:てん

[音]テン(呉)(漢) [訓]へつらう

気に入られようと人にこびる。「諂諛(てんゆ)/讒諂(ざんてん)」


てん【×貂/黄鼬】

読み方:てん

食肉目イタチ科テン属哺乳類イタチに似て体長4550センチ尾長1723センチ夏毛全体に褐色冬毛変異がみられ、キテンスステン2型がある。夜行性で、小動物などを捕食毛皮がよいので知られる本州四国九州朝鮮半島分布テン属にはクロテンなど8種が含まれ、ヨーロッパ・アジア・北アメリカ分布。《 冬》「哀しび熔岩(らば)寒林に—を撃ち/裕計」


てん【貼】

読み方:てん

⇒ちょう


てん【転〔轉〕】

読み方:てん

[音]テン(呉)(漢) [訓]ころがる ころげる ころがす ころぶ まろぶ うたた

学習漢字3年

くるくる回る。ころがる。ころがす。「転転/運転・回転・空転自転旋転輪転

ひっくり返る。ころぶ。「転倒・転落横転

方向を変える変わる。変化する。「転化転換転義転向転身暗転急転好転変転

所を変える。移る。移す。「転移転記転居転校転写転出移転栄転

名のり]ひろ

難読転寝(うたたね)


てん【転】

読み方:てん

音韻または語の意味変化すること。また、変化したもの。「『紺屋(こうや)』は『こんや』の—」

漢詩で、「転句」の略。「起承—結」


てん【×顛】

読み方:てん

人名用漢字] [音]テン(呉)(漢)

てっぺん物の先端。「顛末/山顛」

逆さになるひっくり返る。「顛倒顛沛(てんぱい)・顛覆動顛

[補説] 人名用漢字表戸籍法の字体は「顚」。2は「転」を代用字とすることがある

名のり]かみ


てん【天】

パチンコ台盤面上部中央付近のこと。

〜あな
天穴
天に位置するセーフ穴のこと。

〜くぎ
天釘
天に配置された釘のこと。以前は天釘といえば4本で水平に配置されていたが、最近は5本だったり山型配置されていたり右上がり配置されていたりと、バリエーション豊かになった。

てん

  1. 二。〔生魚商〕

分類 生魚


てん

読み方:ぱりまたはてん

  1. 善キコト則チ自ラ為シタルコト又ハ他人ノ為シタルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・東京府
  2. 一般佳良得意ノ時機ヲ云フ、成功予見シ得ルノ時機ニ於テ「てんてん」ト唱ヘ、自ラ頭ヲ撫ヅルノ形容アリ。〔第四類 言語動作
  3. 良いといふこと。
  4. 一般に得意の時機を云ふ、成功予見し得る時機には「てんてん」と唱へて自ら頭を撫づるの形容から来たもの。〔犯罪語〕
  5. 吉。肯定語。
  6. 有卦
  7. 〔的〕吉、肯定語。幸運のこと。有卦に入つたことに云ふ。
  8. 大丈夫。間違ひのないこと。〔縁日商人
  9. 良いうまくいつた事、よく売れた事。
  10. 心配ない
  11. 大丈夫。間違ひのないといふこと。
  12. 万事都合が好いこと。「はくい」ともいふ。得意の絶頂の場合に前額部を自ら叩いててんてん」と唱へその時舌を出して唱へ事もあり。猶自分の意に満ちたやうな場合広く用ゐられている
  13. 安心。若桜
  14. しめた。富良野
  15. 調子よくいつた。名寄 不良仲間
  16. よい、上等。弘前
  17. 一般に得意の時をいう。成功予見し得る時など、「てんてん」と唱えて自から頭をたたく。安心、大丈夫のこと。〔一般犯罪
  18. 都合がいい天一ともいう。〔掏摸

分類 ルンペン大阪不良仲間不良少年掏摸東京府犯罪犯罪語、的、的屋縁日商人語、縁日商人露店商香具師


てん

  1. 看守。〔第二類 人物風俗
  2. 看守巡査を云ふ。

てん

  1. 取締緩慢ナル状態ヲ云フ-類語時機ノ適当ナル場合ナドニ通ズルアルト同ジ。〔第四類 言語動作
  2. 取締り緩慢なことを云ふ。

てん


てん

  1. 一般共同動作。〔第四類 言語動作
  2. 共同にて動作を行ふこと。共謀共犯を云ふ。

てん

  1. 旅立他行三重地方〕。〔第四類 言語動作
  2. 旅行を云ふ。〔三重県

分類 三重地方三重県


てん

  1. 自分窃取した故に彼に懐中物はないと仲間に通知すること。〔掏摸
  2. スリニ成功シタコト。実際ニハ主犯ガ頭ヘ手ヲヤツテソノ合図トスル

分類 掏摸


テン

読み方:てん

  1. 餅ノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物之部・岐阜県

分類 岐阜県


読み方:てん

  1. ①〔書・印〕書物印刷面の上面余白又はその上部切口をいふ。天金とは、その切口金箔施しあるものの事である。②〔隠〕犯罪者用語にて天窓破りの事。③〔俗〕大丈夫だ間違がないの意に使用される事がある
  2. 天井天窓或は屋根引窓等を破りて忍入る窃盗。「てれ」ともいふ。
  3. 印刷用語上部余白のこと。⑵天窓破りのこと。
  4. 拘禁者等が看守居ないことを指していう。看視厳重は時化(しけ)その反対晴天ところから。〔盗〕 ②天窓から侵入する盗犯手口省略語。〔盗〕 ③吉、有卦、上等、大丈夫等。天は最上でこの上ないところから。〔香〕
  5. 万事都合が好いこと。「はくい」ともいう。得意の絶頂の場合に前額部を自ら叩いててんてん」と唱へる。その時舌を出して唱へこともあり。猶自分の意に満ちたような場合広く用いる。②共同で動作を行うこと。共謀共犯をいう。③自分窃取したから彼に懐中物はないと仲間に通知することをいう。〔スリ〕 ④取締り緩慢なること。〔闇屋〕 ⑤天井天窓或いは屋根引窓等を破って忍入る窃盗。「てれ」ともいう。

分類 スリ闇屋犯罪、盗/香/犯罪


読み方:てん

  1. 鰻屋魚屋川魚符牒にして、六といふ数量を表す。通り符牒を参照せよ(※巻末通り符牒参照)。〔符牒
  2. 六。〔川魚商〕
  3. 六。〔魚屋

分類 川魚商、符牒魚屋


読み方:てん

  1. 屋根ノ瓦ヲ取除ケテ忍ヒ入ルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・大阪府
  2. 屋根ヨリ忍ヒ入ルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・福井県
  3. 同上(※「てれ」参照)-〔京阪其他ノ地方〕。〔第三類 犯罪行為
  4. 台処の天窓より入る盗賊盗賊刑事用ふ隠語
  5. テンは天で、天窓破り略語である。〔刑事
  6. 天窓破りの略。

分類 京阪其他ノ地方刑事大阪府犯罪語、盗賊刑事福井県


読み方:てん

  1. 天井明窓。〔第五類 一般建物
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
てん

テン (曖昧さ回避)

((てん) から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 07:58 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

テン

普通名詞

固有名詞

人物

  • TENN - ヒップホップユニットET-KINGのメンバー。
  • テン (NCT) - 韓国の男性アイドルグループNCTのタイ人メンバー。

  • テレサ・テン (Teng) - 台湾出身の女性歌手。
  • ウィリアム・テン (Tenn) - アメリカのSF作家。
  • デニス・テン (Ten) - カザフスタンのフィギュアスケート選手。

団体名

作品名

  • テン (映画) (10) - 1979年のアメリカ映画。
  • テン (2008年の映画)ドイツ語版 (Das jüngste Gericht) - 2008年のオーストリア映画。

無線用語

その他

  • - 現在の中国雲南省にあった国、あるいは雲南省のこと。

フィクション

関連項目



・(てん)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/10 07:50 UTC 版)

・(てん)は、日本の詩人。シンガーソングライター。主夫。




「・(てん)」の続きの解説一覧

てん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/30 01:40 UTC 版)

「ぼ・ん・ど」の記事における「てん」の解説

ペンギンの子供。種類アデリーペンギン

※この「てん」の解説は、「ぼ・ん・ど」の解説の一部です。
「てん」を含む「ぼ・ん・ど」の記事については、「ぼ・ん・ど」の概要を参照ください。


てん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/06 20:54 UTC 版)

ツヅリ・ヅクリ」の記事における「てん」の解説

パーカッション担当本名金山典世かなやまのりつぐ)。血液型O型

※この「てん」の解説は、「ツヅリ・ヅクリ」の解説の一部です。
「てん」を含む「ツヅリ・ヅクリ」の記事については、「ツヅリ・ヅクリ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「(てん)」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

てん

出典:『Wiktionary』 (2021/08/02 11:09 UTC 版)

名詞

てん黄鼬

  1. ネコ目イタチ科テン属属す食肉類総称学名:Martes
  2. 1.属す食肉類一種テンを参照

翻訳





※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「てん」の例文・使い方・用例・文例




(てん)と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



(てん)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2022 K'sBookshelf All Rights Reserved.
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2022 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
パチンコビレッジパチンコビレッジ
Copyright(C)pachinkovillage.Co.,Ltd. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのテン (曖昧さ回避) (改訂履歴)、・(てん) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのぼ・ん・ど (改訂履歴)、ツヅリ・ヅクリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのてん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS