読点とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 記号 > 符号 > 読点の意味・解説 

とう‐てん【読点】

読み方:とうてん

の意味切れ目示したり、文を読みやすくしたりするために文中に施す記号普通は「、」を使う。点。→句点


読点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 20:23 UTC 版)

読点(とうてん)は句読点の一つで、日本語文書で文の途中の区切りに打たれる約物横組では左下に、縦組では右上に位置する。通称は「テン」。


  1. ^ 電子情報通信学会 和文論文誌投稿のしおり”. 社団法人電子情報通信学会. pp. 2.4 (2001年10月). 2008年10月13日閲覧。 “句読点は,句点「.」と読点「,」をそれぞれ全角で用いる.”
  2. ^ 公用文作成の要領〔公用文改善の趣旨徹底について〕(昭和27年4月4日 内閣閣甲第16号依命通知) (PDF)
  3. ^ 小田順子『自治体のためのウェブサイト改善術─広報担当に求められるテクニックとマインド』 p.20、時事通信社、2010年12月24日
  4. ^ 日本産業標準調査会 『JIS Z 8301(規格票の様式及び作成方法)』2019年、附属書H(規定)文章の書き方並びに用字,用語,記述符号及び数字(H.4.2.1 一般)頁http://kikakurui.com/z8/Z8301-2019-01.html2021年11月23日閲覧。"区切り符号には,句点“。”,読点としてのコンマ“,”,中点“・”及びコロン“:”を用いる。"。 
  5. ^ 岡崎洋三 『日本語とテンの打ち方』晩聲社、Dec. 核時代43年 (1988年)、pp.12ff頁。 
  6. ^ 例。日本国憲法第1条「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」
  7. ^ 文部省教科書局国語調査室『くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)』昭和21年(1946)
  8. ^ 内閣官房長官『公用文作成の要領』(通知) 内閣閣甲第16号、昭和27年4月4日。
  9. ^ "最高裁判所に取材したところ、2022年4月11日から裁判官の申し合わせにより、判決を作成する際、原則として読点は「、」を用いることとしたという。" 弁護士ドットコムニュース編集部. (2022). 最高裁の判決「,」から「、」に弁護士も目がテン…変更したワケは?. 弁護士ドットコムニュース.
  10. ^ 本多勝一日本語の作文技術


「読点」の続きの解説一覧

読点(、)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 09:16 UTC 版)

芸名句読点含まれる芸能人の一覧」の記事における「読点(、)」の解説

1、2の大心(いちにのだいしん) 薫と友樹、たまにムック。(かおるとともき・たまにむっく) 神様、僕は気づいてしまったかみさま・ぼくはきづいてしまった) 水中、それは苦しいすいちゅう・それはくるしい) 藤岡弘、ふじおかひろし

※この「読点(、)」の解説は、「芸名に句読点が含まれる芸能人の一覧」の解説の一部です。
「読点(、)」を含む「芸名に句読点が含まれる芸能人の一覧」の記事については、「芸名に句読点が含まれる芸能人の一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「読点」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読点

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 05:46 UTC 版)

名詞

とうてん

  1. 一つの中で意味切れ目などを表すために置く「、」の記号文中の読点の位置によって、文意変わことがある

発音(?)

  • ト↘ーテン

関連語


「読点」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



読点と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「読点」の関連用語

読点のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



読点のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの読点 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの芸名に句読点が含まれる芸能人の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの読点 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS