ともとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 集団 > ともの意味・解説 

とも

【一】[接助]動詞型形容動詞活用語終止形形容詞活用語および助動詞「ず」の連用形に付く。

未成立の事実条件とし、それに制約されずにある事柄実現する意を表す。…としても。…ても。「どんなにつらくともくじけるな」「嫌なら行かずともよい」

「たとひ弓を持ちたり—、矢をはげずは(=矢ヲ弓ノ弦ニヒッカケナケレバ)かなひがたし」〈平家・九〉

確定した事柄条件とし、それに制約されずにある事柄実現する意を表す。たとえ、そうであっても。…のだが、それにしても。…たとしても。

「かくさし籠めてあり—、かの国の人来(こ)ば、みな開きなむとす」〈竹取〉

【二】[副助]形容詞活用語連用形、あるいは量を表す副詞につく。量・程度限度などを示す。「遅くとも11時までには帰る」「多少とも理解を示す

【三】[終助]活用語終止形に付く。相手言葉強く同調同意する意を表す。「きれいだとも」「そうですそのとおりですとも」

左様でござる—」〈伎・幼稚子敵討

[補説] 「とも」は、引用格助詞「と」に、係助詞「も」の付いたものとも。【一】は、上代上一段活用動詞「見る」に付く場合限り、「見(み)とも」という形をとることがある。「万代に携はり居て相見(み)とも思ひ過ぐべき恋にあらなくに」〈・二〇二四〉また、中世以降動詞型活用語連体形に付くものもみられる。「死ぬるとも敵に後を見すな」〈平家・九〉近世以降になると、文章語に用いられ、口語では、もっぱら「ても」が使われるようになる。【二】は、中世以降口語において用いられた。


と‐も

連語格助詞「と」+係助詞「も」》

「と」を強め言い方。「このままですむ—思えない」

たぎつ瀬の中にも淀はありてふとなど我が恋の淵瀬—なき」〈古今・恋一〉

(同じ語の間で用いて語意強める意を表す。

「あなうれし—うれし」〈源・玉鬘


とも【伴】

世襲職務をもって大和朝廷仕え官人一団。のちに部(べ)の制度発展編成された。


とも【供/伴】

《「共」と同語源》

人の後ろにつき従って行くこと。また、主人仕え、つき従う人。従者。「—を引き連れる」→御供(おとも)

(ふつう「トモ」と書く)能の役柄で、ツレのうち、太刀持ち従者などの軽い役をいう。


とも【共】

同じであること。同一。「コートと共のドレス」「共の生地

一緒また、同時。「起居を共にした仲」

名詞の上に付いて、一対のものが同類である、また、同じ性質であるという意を表す。「共働き」「共切れ」「共蓋(ぶた)」

名詞の下に付いて、それが一緒に込められている意を表す。「送料共一〇〇〇円」「付録共五〇〇円」

複数を表す名詞に付いて、それが全部同じ状態であることを表す。「二人共学生だった」「男女共若かった」→共に


とも【友/×朋】

《「共」と同語源》

いつも親しく交わっている相手友人朋友(ほうゆう)。ともだち。「良き友に恵まれる」

志や目的同じくする人。仲間同志。「学問の友」「類は友を呼ぶ

ふだん好んで親しんでいるもの。「音楽を友とする」


とも【×艫】

船の後方部分船尾。⇔舳(へさき)。


とも【×鞆】

古く、弓を射放したときの弓返りを防ぐため、左の手首に結びつけて弦(つる)を打ち止めた丸い皮製の道具。弦がこれに触れて音をたて、威容示しといわれる

[補説] 「鞆」は国字


とも

馬体大きく2つに分けて前躯〔ぜんく〕、後躯〔こうく〕と呼ぶが、その後躯のうちの腰部臀部後肢のこと。


トモ

読み方:とも

  1. 原価
  2. 〔的〕元の逆語。資本元手元価の義。
  3. 原価モトネ
  4. 元価。「もと」の音転。
  5. 元値清水 闇屋仲間
  6. もとの逆で、元値。〔闇屋
  7. 原価。〔香具師不良
  8. 原価元値反転省略。〔闇〕

分類 的、闇屋仲間、闇/商人露店商香具師香具師不良

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
とも

読み方
とも

とも

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/29 22:41 UTC 版)

𪜈(とも、U+2A708)は、片仮名「」と片仮名「」を組み合わせた(合字片仮名合略仮名)のひとつ。「とも」と発音される。






「とも」の続きの解説一覧

とも

出典:『Wiktionary』 (2018/07/29 05:24 UTC 版)

名詞:友

とも

  1. (友、朋)親しい人。

発音

と↘も

翻訳

名詞:供

とも

  1. (供、伴)人に付いて従うこと。また、それを行う人。

発音

と↘も

翻訳

関連語

名詞:共

とも

  1. (共)一緒にあること。共同で行うこと。名詞に付く接頭辞としても使われ、「一緒に行う」の意味を加える。

発音

と↗も

名詞:艫

とも

  1. 船尾

発音

と↗も↘

対義語

  • へさき

助詞

とも

  1. 接続助詞として)動詞終止形命令形形容詞連用形付き、「〜かもしれないが、それでも」の意味を表す。
  2. 副助詞として)量や程度を表す形容詞連用形副詞付き限度を表す。
  3. 終助詞として)文の末尾付き、強い断定を表す。
  4. 格助詞と+もの複合助詞格助詞「と」の強調

接尾辞

とも

  1. 名詞付きすべての意味を付加する。特に助数詞付けて使われることが多い。

関連語


  • 画数:8
  • 音読み:リョ、 ロ
  • 訓読み:とも













※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



ともと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「とも」に関係したコラム

  • 株365のFTSE中国25証拠金取引と為替相場との関係

    株365のFTSE中国25証拠金取引と為替相場とはどのような関係にあるでしょうか。ここでは、FTSE中国25証拠金取引の値動きのもととなるFTSE中国25に似た動きをするハンセン指数と主要通貨のチャー...

  • ETFの銘柄の呼値は

    ETFの呼値とは、ETFの銘柄の最小の値動きする単位のことです。呼値は刻み値ともいいます。例えば、価格が1,000円の場合の呼値は1円と決められています(2012年9月現在)。よって、最小の値下りは9...

  • MT4でFXやCFDの世界の取引時間を表示するには

    MT4(Meta Trader 4)でFXやCFDなどのチャートを表示する場合、時間表示は欧州時間になります。しかし、FXやCFDではほぼ24時間の取引になるため、欧州時間以外にもアジア時間やニューヨ...

  • CFDのパラジウム相場の見方

    パラジウムは、プラチナと同じ白金族金属(PGM)で自動車の排気ガス浄化触媒など工業用として用いられています。パラジウムは、ロシアと南アフリカで8割以上の生産量を占めています。次の図は、パラジウムの生産...

  • 株365とCFDとの違い

    株365とCFDはどちらも株価指数をもとにした商品を取り扱っています。ここでは、2012年9月3日現在の株365の日経225証拠金取引とGMOクリック証券のCFD商品の日経225を比べてみます。▼取引...

  • FXやCFDのサポートラインとレジスタンスラインのパターン

    FXやCFDでのサポートラインとは、相場の下値を支える線のことで、支持線ともいいます。また、レジスタンスラインとは、相場の上値を押える線のことで、抵抗線ともいいます。FXやCFDでのサポートラインとレ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「とも」の関連用語

1
98% |||||

2
98% |||||

3
76% |||||

4
76% |||||

5
76% |||||

6
76% |||||

7
76% |||||

8
76% |||||

9
76% |||||

10
76% |||||

とものお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



とものページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JRAJRA
Copyright 2021 Japan Racing Association.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのとも (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのとも (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS