ともとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 集団 > ともの意味・解説 

とも

【一】[接助]動詞型形容動詞活用語終止形形容詞活用語および助動詞「ず」の連用形に付く。

未成立の事実条件とし、それに制約されずにある事柄実現する意を表す。…としても。…ても。「どんなにつらくともくじけるな」「嫌なら行かずともよい」

「たとひ弓を持ちたり—、矢をはげずは(=矢ヲ弓ノ弦ニヒッカケナケレバ)かなひがたし」〈平家・九〉

確定した事柄条件とし、それに制約されずにある事柄実現する意を表す。たとえ、そうであっても。…のだが、それにしても。…たとしても。

「かくさし籠めてあり—、かの国の人来(こ)ば、みな開きなむとす」〈竹取〉

【二】[副助]形容詞活用語連用形、あるいは量を表す副詞につく。量・程度限度などを示す。「遅くとも11時までには帰る」「多少とも理解を示す

【三】[終助]活用語終止形に付く。相手言葉強く同調同意する意を表す。「きれいだとも」「そうですそのとおりですとも」

左様でござる—」〈伎・幼稚子敵討

[補説] 「とも」は、引用格助詞「と」に、係助詞「も」の付いたものとも。【一】は、上代上一段活用動詞「見る」に付く場合限り、「見(み)とも」という形をとることがある。「万代に携はり居て相見(み)とも思ひ過ぐべき恋にあらなくに」〈・二〇二四〉また、中世以降動詞型活用語連体形に付くものもみられる。「死ぬるとも敵に後を見すな」〈平家・九〉近世以降になると、文章語用いられ、口語では、もっぱら「ても」が使われるようになる。【二】は、中世以降口語において用いられた。


と‐も

連語格助詞「と」+係助詞「も」》

「と」を強め言い方。「このままですむ—思えない」

たぎつ瀬の中にも淀はありてふとなど我が恋淵瀬—なき」〈古今・恋一〉

(同じ語の間で用いて語意強める意を表す。

「あなうれし—うれし」〈源・玉鬘


とも【伴】

世襲職務をもって大和朝廷仕え官人一団。のちに部(べ)の制度発展編成された。


とも【供/伴】

《「共」と同語源》

人の後ろにつき従って行くこと。また、主人仕えつき従う人。従者。「—を引き連れる」→御供(おとも)

(ふつう「トモと書く)能の役柄で、ツレのうち、太刀持ち従者などの軽い役をいう。


とも【共】

同じであること。同一。「コートと共のドレス」「共の生地

一緒また、同時。「起居を共にした仲」

名詞の上に付いて、一対のものが同類である、また、同じ性質であるという意を表す。「共働き」「共切れ」「共蓋(ぶた)」

名詞の下に付いて、それが一緒に込められている意を表す。「送料共一〇〇〇円」「付録共五〇〇円」

複数を表す名詞に付いて、それが全部同じ状態であることを表す。「二人共学生だった」「男女共若かった」→共に


とも【友/×朋】

《「共」と同語源》

いつも親しくわっている相手友人朋友(ほうゆう)。ともだち。「良き友に恵まれる」

志や目的同じくする人。仲間同志。「学問の友」「類は友を呼ぶ

ふだん好んで親しんでいるもの。「音楽を友とする」


とも【×艫】

船の後方部分船尾。⇔舳(へさき)。


とも【×鞆】

古く、弓を射放したときの弓返りを防ぐため、左の手首に結びつけて弦(つる)を打ち止めた丸い皮製の道具。弦がこれに触れて音をたて、威容示しといわれる

[補説] 「鞆」は国字


とも

〔名〕 (「とも(艫)」と同語源)

① うしろ。後部

宇治拾遺(1221頃)四「此女、時々は見かへりなどすれども、わがともに、のあるとも知らぬげなり」

動物うしろあしまた、尻(しり)の部分。特に、馬についていう。

浄瑠璃源義経経(1711頃)一「あっぱれ御馬候や、〈略〉ともは玄象牧馬琵琶二面取て押し合せ、突っ立たり共謂つつべし」


と‐も

〔接助〕 動詞および動詞型活用助動詞終止形形容詞および形容詞活用助動詞連用形を受ける。

逆接仮定条件表わす。たとえ…ても。ても。

古事記(712)下・歌謡「やたの 一本菅独り居り登母(トモ) 大君し よしときこさば 独り居り登母(トモ)」

平家13C前)六「主が名をば知らずとも、尋ねてまいらせなむや」

坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉八「弁論逞しくしやうとも、〈略〉おれを遣り込め様とも、そんな事は構はない」

確定的事柄を、仮定的に表現することによって強調する。…しているが。たとえ…しても。

万葉(8C後)一・三一「ささなみ志賀の大わだ淀む友(とも)昔の人にまたも逢はめやも」

歌舞伎当龝八幡祭(1810)二幕「四十五匁、ちと重くとも持って下さい

[語誌](1)語源引用格助詞「と」に係助詞「も」が付いて成立したもの考えられる接続助詞「と」に係助詞「も」が付いて一語したもの、との説もあるが、上代において「とも」が多用されているのに対して接続助詞「と」はいまだ用いられていない。従って「とも」から「と」が生じたと考えるべきであろう
(2)上代から現代に至るまで用いられているが、近世以降口語では「ても」が優勢となり、「とも」は文章語表現としての用いられる。


と‐も

1⃣ (格助詞「と」に係助詞「も」の付いたもの

引用表わす

万葉(8C後)一七・三九二四「山の峡そこ登母(トモ)見えず一昨日昨日今日の降れれば」

高瀬舟(1916)〈森鴎外〉「常は幸とも不幸と感ぜずに過してゐる」

② 同じ語を重ねて強調する場合その間に入れる。

書紀720皇極三年七月歌謡「うづまさは神騰母(トモ)神と聞えくる常世の神打ち懲ますも」

堤中納言(11C中‐13C頃)虫めづる姫君「又は捕ふればわらは病せさすなり。あなゆゆしともゆゆし」

2⃣ 〔終助〕 文に相当する語句を受け、言うまでもない、という意で強く肯定する。中世以後口語

*虎寛本狂言止動方角室町末‐近世初)「『其時分は定て私をもくっと取立て被下るるで御ざらう』『をを、取立てやらう共』」

[補注]終助詞「とも」の語源については、「源氏玉鬘」の「あなうれしともうれし」や、「今昔‐二六」の「穴悲しとも悲しや」のような用法から転じたものといわれる。


と‐も

助動詞「たい(たし)」の連用形係助詞「も」の付いた「たくも」の音便形「たうも」の変化したもの) 下に打消の語を伴って、…すること、…になることを望まないの意を表わす。→ともない

浄瑠璃傾城反魂香(1708頃)中「定めし死にとも有るまいし尤逃げても見さんしょし」


とも【伴】

姓氏一つ


とも【供・伴】

〔名〕 (「とも(友)」と同語源)

主たる人の後につき従っていく者。従者

古事記(712)中「爾に御伴(とも)に遣はさえし王等(みこたち)、聞き歓び喜びて」

② 能で、ツレ一種シテヅレでもワキヅレでも太刀持従者などの軽い役。

花伝髄脳記(1584頃)六輪「ともには、折烏帽子上下太刀持たる体」


とも【共】

語素

一対のものが、同類である、または同じ状態である意を表わす。「とも裏」「とも働き」「とも白髪」など。

複数のものを表わす名詞に付いて、それが全部いっしょの状態であることを示す。「二人とも」「男女とも」など。

③ 従となるものを表わす名詞に付いて、それが、主となるものに込められていることを示す。こみ。「送料とも」「税金とも」など。


とも【友・朋・伴・部・侶・共】

〔名〕

[一] 同じ仲間人々ともがら

① (多く連体修飾語を受けて) その仲間である人をさしていう。

(イ) ある同質人々集団連中

万葉(8C後)一・五三藤原大宮仕へ生(あ)れつくや処女(をとめ)が友(とも)は羨(とも)しきろかも」

(ロ) 令制前、伴造(とものみやつこ)に管掌されて、一定の職能をもって大和王権仕え集団貢納奉仕により大王仕えた。→伴緒(とものお)・伴部(とものみやつこ)。

古事記(712)中・歌謡「島つ鳥 養(うかひ)が登母(トモ) いま助(す)けに来ね」

② その者・物と同質で同じ集団構成する要員をさしていう。仲間。つれ。

伊勢物語(10C前)八「あづまの方に行き住み所求むとて、ともとする人ひとりふたりして行きけり」

親しく交わる相手友人友だちまた、一般に、生活行動いっしょにするもの、慰めとなる対象などをさしていう。

書紀720雄略七年是歳(前田本訓)「盛りに稚媛を朋友(トモ)に称(ほめかた)りて曰はく

源氏100114頃)明石「ただゆくへなき空の月日の光ばかりを故郷(ふるさと)の友とながめ侍に」

[二] (共) いっしょ同一また、同じ性質であること。→共に。

巷談本牧亭(1964)〈安藤鶴夫梅雨また…「紺のレイン・コートに、とものベレ・ハンティングをあみだにかぶった男が入ってきた」

[三] ⇒とも(共)〔語素


とも【艫・舳】

〔名〕 船の後端部。船尾船首を舳(へ)または舳先(へさき)というのに対す呼称

万葉(8C後)一四・三五五九「大船を舳(へ)ゆも登母(トモ)ゆも堅めてし許曾の里人顕(あらは)さめかも」

[補注]漢字の「舳」は現在では船首の意の「舳(へ)」として用いられるが、古くは「とも」にも用いられた。


とも【鞆】

1⃣ 弓を射る時、左の腕結び付け手首内側を高く盛り上げる弦受けの付けもの。革の袋で、中に稲藁(いなわら)を満たし、外を黒漆塗りとし、革緒で結ぶもの。手首の釧(くしろ)などに触れて弦の切れるのを防ぐためとする。

鞆&bc一;〈年中行事絵巻〉の画像

書紀720応神即位前(北野本訓)「産れませるときに完腕(たたむき)の上(うへ)に生ひたり。其(そ)の形(かたち)鞆(トモ)の如(こと)し」

2⃣ (神功皇后征韓の際、鞆を沼名前(ぬなくま)神社奉納したという故事による) 広島県福山市地名古来瀬戸内海航路要港として知られた。安国寺沼名前神社対潮楼鯛網など史跡景勝に富む。鞆の津。


とも

馬体大きく2つ分けて前躯〔ぜんく〕、後躯〔こうく〕と呼ぶが、その後躯のうちの腰部臀部後肢のこと。


トモ

読み方:とも

  1. 原価
  2. 〔的〕元の逆語。資本元手元価の義。
  3. 原価モトネ
  4. 元価。「もと」の音転。
  5. 元値清水 闇屋仲間
  6. もとの逆で、元値。〔闇屋
  7. 原価。〔香具師不良
  8. 原価元値反転省略。〔闇〕

分類 的、闇屋仲間、闇/商人露店商香具師香具師不良

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
とも

読み方
とも

とも

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 03:30 UTC 版)

五十音と撥音


  1. ^ 福井久藏撰輯『國語學大系: 第7卷』厚生閣、1938年(日本語)。
  2. ^ 操觚便覧 - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2020年1月14日閲覧。
  3. ^ 鐵道略則
  4. ^ 日本大文典. 第1編 - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2020年1月14日閲覧。
  5. ^ IRG19 (N895)”. Ideographic Rapporteur Group (2002年5月6日). 2016年4月26日閲覧。
  6. ^ IRG26 (N1225)”. Ideographic Rapporteur Group (2006年6月8日). 2016年4月26日閲覧。
  7. ^ 日本規格協会; 国立国語研究所; 情報処理学会 (2009-03). 汎用電子情報交換環境整備プログラム 成果報告書 (Report). p. 79. http://www.meti.go.jp/information/downloadfiles/c100806a04j.pdf 2016年4月26日閲覧。. 


「とも」の続きの解説一覧

とも

出典:『Wiktionary』 (2018/07/29 05:24 UTC 版)

名詞:友

とも

  1. (友、朋)親しい人。

発音

と↘も

翻訳

名詞:供

とも

  1. (供、伴)人に付いて従うこと。また、それを行う人。

発音

と↘も

翻訳

関連語

名詞:共

とも

  1. (共)一緒にあること。共同で行うこと。名詞に付く接頭辞としても使われ、「一緒に行う」の意味を加える。

発音

と↗も

名詞:艫

とも

  1. 船尾

発音

と↗も↘

対義語

  • へさき

助詞

とも

  1. 接続助詞として)動詞終止形命令形形容詞連用形付き、「〜かもしれないが、それでも」の意味を表す。
  2. 副助詞として)量や程度を表す形容詞連用形副詞付き限度を表す。
  3. 終助詞として)文の末尾付き、強い断定を表す。
  4. 格助詞と+もの複合助詞格助詞「と」の強調

接尾辞

とも

  1. 名詞付きすべての意味を付加する。特に助数詞付けて使われることが多い。

関連語


  • 画数:8
  • 音読み:リョ、 ロ
  • 訓読み:とも













※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



ともと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「とも」に関係したコラム

  • 株365のFTSE中国25証拠金取引と為替相場との関係

    株365のFTSE中国25証拠金取引と為替相場とはどのような関係にあるでしょうか。ここでは、FTSE中国25証拠金取引の値動きのもととなるFTSE中国25に似た動きをするハンセン指数と主要通貨のチャー...

  • ETFの銘柄の呼値は

    ETFの呼値とは、ETFの銘柄の最小の値動きする単位のことです。呼値は刻み値ともいいます。例えば、価格が1,000円の場合の呼値は1円と決められています(2012年9月現在)。よって、最小の値下りは9...

  • MT4でFXやCFDの世界の取引時間を表示するには

    MT4(Meta Trader 4)でFXやCFDなどのチャートを表示する場合、時間表示は欧州時間になります。しかし、FXやCFDではほぼ24時間の取引になるため、欧州時間以外にもアジア時間やニューヨ...

  • CFDのパラジウム相場の見方

    パラジウムは、プラチナと同じ白金族金属(PGM)で自動車の排気ガス浄化触媒など工業用として用いられています。パラジウムは、ロシアと南アフリカで8割以上の生産量を占めています。次の図は、パラジウムの生産...

  • 株365とCFDとの違い

    株365とCFDはどちらも株価指数をもとにした商品を取り扱っています。ここでは、2012年9月3日現在の株365の日経225証拠金取引とGMOクリック証券のCFD商品の日経225を比べてみます。▼取引...

  • FXやCFDのサポートラインとレジスタンスラインのパターン

    FXやCFDでのサポートラインとは、相場の下値を支える線のことで、支持線ともいいます。また、レジスタンスラインとは、相場の上値を押える線のことで、抵抗線ともいいます。FXやCFDでのサポートラインとレ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「とも」の関連用語

1
98% |||||

2
98% |||||

3
76% |||||

4
76% |||||

5
76% |||||

6
76% |||||

7
76% |||||

8
76% |||||

9
76% |||||

10
76% |||||

とものお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



とものページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JRAJRA
Copyright 2021 Japan Racing Association.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのとも (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのとも (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS