副助詞とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 文法 > 助詞 > 副助詞の意味・解説 

ふく‐じょし【副助詞】

読み方:ふくじょし

助詞の一。種々のに付きそれらの語にある意味添えて副詞のように下の用言活用連語修飾限定する類の助詞現代語では「さえ」「まで」「ばかり」「だけ」「ほど」「くらい(ぐらい)」「など」「やら」など、古語では「だに」「すら」「さへ」「のみ」「ばかり」「など」「まで」など。


副助詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 08:40 UTC 版)

秋田弁」の記事における「副助詞」の解説

程度限定を表す場合に、それぞれ「-ばかり」「-くらい」「-ほど」「-だけ」「-しか」に相当する「-ンバリ」「-グレァ」「-ホンド」「-ンダゲ」「-シカ」が用いられる共通語で「-ばかり」を用いることができない事柄の限定程度を表す用法に「-ンバリ」を用いことがある点が特徴的である。また否定呼応した限定には、共通語では「-しか」が用いられるが、秋田方言では「-シカとともに「-ヨリ」「-ヨッカ」が多用される

※この「副助詞」の解説は、「秋田弁」の解説の一部です。
「副助詞」を含む「秋田弁」の記事については、「秋田弁」の概要を参照ください。


副助詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 08:13 UTC 版)

山形弁」の記事における「副助詞」の解説

「-どころかにあたる表現に、村山地方中心とする一部地域に「-おかしゃれ(おがしゃれ)」があるという。例えば「一俵おがしゃれ、一斗買わんなえ」(仮訳:一俵どころか一斗買えない)など。

※この「副助詞」の解説は、「山形弁」の解説の一部です。
「副助詞」を含む「山形弁」の記事については、「山形弁」の概要を参照ください。


副助詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 20:13 UTC 版)

上伊那地域の方言」の記事における「副助詞」の解説

…カ° …くらい、…だけ …サラ、…セ(ー)ラ、…マシ …ごと …シャ(ー)、…キリシカ、…バカ(リ)シカ …しか、…だけしか …ッツ …ずつ。南部では、「…つ+ずつ」は「…ツッツ」となる。したがって「3つずつ4つずつ…」などは「ミッツッツ、ヨッツッツ…」となる。例外として1つずつ2つずつ」は「シトンツ、フタンツ」となる。 …ドコ、…ドコカ …どころ、…どころか …ナニ、…ナンゾ …なんか。「…ナンゾ」は南部用いられる。 …バカ、…バッカ …ばかり …ホーケ …られるだけ、可能な限り動詞の第1連用形接続する。例.クイホーケ クー(食えるだけ食う)

※この「副助詞」の解説は、「上伊那地域の方言」の解説の一部です。
「副助詞」を含む「上伊那地域の方言」の記事については、「上伊那地域の方言」の概要を参照ください。


副助詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 06:14 UTC 版)

名古屋弁」の記事における「副助詞」の解説

みたい(みてぁ) など、なんか。〔例〕俺みたいほんなとこ何度も行っとるに。(俺なんかそんなところ何度も行っているよ) て 共通語の「って」と同義だが、「っ」が入らない。〔例〕ウィキペディアて何?(ウィキペディアって何?)

※この「副助詞」の解説は、「名古屋弁」の解説の一部です。
「副助詞」を含む「名古屋弁」の記事については、「名古屋弁」の概要を参照ください。


副助詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 05:10 UTC 版)

江州弁」の記事における「副助詞」の解説

「どこぞ」「誰ぞ」のような疑問詞強める「ぞ」を全県的に用いる。また湖北湖東甲賀中心に「くらい」を「当然……とも」または「……とする(なら)」の意で、「そんなもん誰かてできるくらい」「誰かてできるくらいなら苦労せんわ」のように用いる。また甲賀などでは係り結びこそあれ」が「親ならこされ(=親ならばこそ)」「それこされ(=それだよそれ)」など、「こされ」の形で慣用的残されている。

※この「副助詞」の解説は、「江州弁」の解説の一部です。
「副助詞」を含む「江州弁」の記事については、「江州弁」の概要を参照ください。


副助詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 08:05 UTC 版)

秋田弁の文法」の記事における「副助詞」の解説

共通語の副助詞には、「-ばかり」「-くらい」「-ほど」「-だけ」「-まで」などがある。

※この「副助詞」の解説は、「秋田弁の文法」の解説の一部です。
「副助詞」を含む「秋田弁の文法」の記事については、「秋田弁の文法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「副助詞」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

副助詞

出典:『Wiktionary』 (2020/08/09 15:35 UTC 版)

名詞

  ふくじょし

  1. (品詞, 日本語文法) 助詞一つで、副詞のように意味加える。「だけ」「くらい」「さえ」など。
    1. 上記のように分類される助詞の内、係助詞含めたもの。
    2. 上記のように分類される助詞の内、係助詞含めないもの。

関連語


「副助詞」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



副助詞と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

副助詞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



副助詞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの秋田弁 (改訂履歴)、山形弁 (改訂履歴)、上伊那地域の方言 (改訂履歴)、名古屋弁 (改訂履歴)、江州弁 (改訂履歴)、秋田弁の文法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの副助詞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS