シカとは? わかりやすく解説

し‐か

連語副助詞「し」+係助詞「か」》「いつ」「たれ」「なに」などの疑問語に付いて疑問の意味をさらに強める意を表す。

玉くしげいつ—明け布勢(ふせ)の海の浦を行きつつ玉も拾(ひり)はむ」〈四〇三八


しか

[助動]過去助動詞「き」の已然形》⇒き[助動]


しか

【一】[係助]名詞名詞的な語、動詞連体形形容詞・形容動詞連用形一部助詞助動詞などに付く。打消しの語を伴って特定の事柄以外のものを全く否定する意を表す。「この道を行く—ない」→きり →だけ

[補説] 近世以降用いられ限定助詞に付けて「きりしか」「だけしか」「ほかしか」「よりしか」の形で、「しか」を強めていう場合もある。

【二】[終助]自己の願望を表す。…たいものだ。→てしが →にしが

「まそ鏡見—と思ふ妹(いも)も逢はぬかも玉の緒の絶えたる恋の繁きこのころ」〈二三六六〉

[補説] 過去助動詞「き」の已然形からとか、あるいは連体形「し」に終助詞「か」が付いてできたものとかいわれる。上代では「か」は清音であったが、後世「しが」になった。「しか」だけで用いられることはまれで、多くは「てしか」「にしか」の形で用いられた。


し‐か【史家】

読み方:しか

歴史精通した人。また、歴史家

「史家」に似た言葉

し‐か〔‐クワ〕【史科】


し‐か〔‐クワ〕【四果】

読み方:しか

小乗仏教で、修行によって得られる悟りの位を四段階に分けたもの。須陀洹(しゅだおん)(預流(よる))果・斯陀含(しだごん)(一来(いちらい))果・阿那含(あなごん)(不還(ふげん))果・阿羅漢無学)果。


し‐か〔‐クワ〕【四科】

読み方:しか

《「論語先進から》孔子重んじて教えた四つ科目徳行言語政事文学


しか【子夏】

読み方:しか

[前507〜?]中国春秋時代学者孔門十哲一人。晋の人。一説に、衛の人。姓は卜(ぼく)、名は商。礼の形式重視、また古書通じていた。「詩経」「春秋」などを後世伝えたといわれる


し‐か【市価】

読み方:しか

商品市場売買される価格。→市場価格

「市価」に似た言葉

し‐か【師家】

読み方:しか

先生の家

師。先生。→しけ。


しか【志賀】

読み方:しか

福岡市志賀島(しかのしま)。[歌枕

「—のあまの塩焼く煙かぜをいたみ立ちは上らで山にたなびく」〈新古今・雑中〉


し‐か〔‐クワ〕【歯科】

読み方:しか

歯の病気予防・治療を扱う医学分野


し‐か〔‐クワ〕【死火】

読み方:しか

仏語。死を、すべてを焼き尽くす火にたとえた語。

全く消えてしまった火。


し‐か【然/×爾】

読み方:しか

指示代名詞「し」+接尾語「か」から》

【一】[副]そのようにさように

あいなかりける心くらべどもかな、我は—隔つる心もなかりき」〈源・夕顔

「生あるもの、死の近き事を知らざる事、牛、既に—なり」〈徒然・九三〉

【二】[感]肯定して相づちをうつときに用いる。そのとおり。そう。

「—、まことに侍り」〈落窪・三〉


し‐か【××瑕】

読み方:しか

《「しが」とも。「疵」は身のきず、「瑕」は玉のきず》欠点また、あやまち瑕疵


し‐か【客】

読み方:しか

唐音禅寺で客を接待する役僧


し‐か【私家】

読み方:しか

自分の家

個人の家。朝廷役所に対していう。


し‐か【糸価】

読み方:しか

糸、特に生糸取引価格生糸相場


し‐か【紙価】

読み方:しか

紙の値段。紙の相場


し‐か〔‐クワ〕【紙花】

読み方:しか

紙で作った花。特に、葬儀用い造花かみばな


し‐か〔‐クワ〕【×翅果】

読み方:しか

翼果(よっか)


し‐か〔‐クワ〕【詞華/詞花】


し‐か【詩家】

読み方:しか

詩を作る人。詩人


し‐か【詩歌】

読み方:しか

⇒しいか(詩歌)


し‐か【賜暇】

読み方:しか

官吏願い出て休暇許可されること。また、その休暇

「特別を以て週間の—を許され」〈啄木葬列


し‐か〔‐クワ〕【雌花】

読み方:しか

「めばな」に同じ。⇔雄花(ゆうか)。


しか【鹿】

読み方:しか

シカ科哺乳類日本にすみ、ヤクシカ・ホンシュウジカなどの亜種があり、北のものほど大形。雄は3または4本に枝分かれした角をもつ。毎年4月ごろ前年の角が落ちたあと、袋角伸び9月ごろ完成した角となり皮がむける。幼時および夏毛には白斑があるが、冬毛では消失古くは雄を「しか」、雌を「めか」といった。ニホンジカ。か。かせぎ。かのしし。しし。《 秋》「青年—を愛せり嵐の斜面にて/兜太」

偶蹄(ぐうてい)目シカ科哺乳類総称。雄は枝角(えだづの)をもち、毎年生え替わる。ヨーロッパ・アジア・南北アメリカ分布する。ニホンジカ・アカシカ・トナカイ・ヘラジカなど。

揚げ代十六であったところから、「四四」を「鹿(しし)」にこじつけたという》江戸時代大坂遊里で、大夫天神に次ぐ遊女の位鹿恋(かこい)。囲。

寄席芸人用語。咄家(はなしか)のこと。「はなしか」を略して、鹿の字を当てた語。「—芝居


知客

読み方:シカ(shika)

禅寺で、客の接待に当たる僧


紙花

読み方:シカ(shika)

紙でつくった


翅果

読み方:シカ(shika)

果実の分類上の一種


賜暇

読み方:シカ(shika)

官吏などが願い出て休暇許されること


知客

読み方:シカ(shika), チキャク(chikyaku)

禅宗寺院で客の取次接待にあたる僧侶の職。


シカ

作者スティーヴン・ラリー・バイラー

収載図書海は僕を見つめた
出版社アーティストハウスパブリッシャーズ
刊行年月2003.6


鹿

読み方:シカ(shika), カセギ(kasegi)

哺乳類


シカ

名前 Cica

鹿

読み方:シカ(shika)

東アジア特産偶蹄目シカ科

季節

分類 動物


四ケ

読み方:シカ(shika)

所在 福岡県大牟田市


四箇

読み方:シカ(shika)

所在 茨城県稲敷市


四箇

読み方:シカ(shika)

所在 千葉県印旛郡栄町


四箇

読み方:シカ(shika)

所在 福岡県福岡市早良区


鹿

読み方:シカ(shika)

所在 栃木県芳賀郡二宮町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

シカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/25 02:21 UTC 版)

シカ(鹿、英語: Deer)は、鯨偶蹄目シカ科 (Cervidae) に属する哺乳類の総称である。ニホンジカトナカイヘラジカなどが属しており、約16属36種が世界中の森林などに生息している。


  1. ^ Gilbert, Clément and Ropiquet, Anne and Hassanin, Alexandre (2006). “Mitochondrial and nuclear phylogenies of Cervidae (Mammalia, Ruminantia): systematics, morphology, and biogeography”. Molecular Phylogenetics and Evolution 40 (1): 101-117. doi:10.1016/j.ympev.2006.02.017. 
  2. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus『天迦久神』 - コトバンク。2017年5月16日閲覧。
  3. ^ a b c d 宮坂敦子著、竹内健監修『増補改訂 レザークラフトの便利帳』誠文堂新光社、2019年、26頁。 
  4. ^ 誘鹿材 [ユクル]”. 受賞対象一覧. Good Design Award. 公益財団法人日本デザイン振興会. 2018年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月28日閲覧。
  5. ^ “線路内侵入防止システム「シカ踏切」がグッドデザイン賞を受賞”. 乗り物ニュース. (2017年11月4日). https://trafficnews.jp/post/78952 2020年6月27日閲覧。 


「シカ」の続きの解説一覧

シカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 07:34 UTC 版)

食のタブー」の記事における「シカ」の解説

日本岩手県遠野市おしら様奉じる家では、鹿肉消費禁忌とした。おしら様信仰している家では鹿のみならず四足」の牛や豚、さらに「二つ足」のであっても肉類食用憚られるタブー犯すと、「口が曲がる」という。このタブー嫌がりおしら様信仰をやめた家も多い。

※この「シカ」の解説は、「食のタブー」の解説の一部です。
「シカ」を含む「食のタブー」の記事については、「食のタブー」の概要を参照ください。


シカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/03 00:35 UTC 版)

エヴァンジェリン姫シリーズ」の記事における「シカ」の解説

王室スキャンダルナイト」に登場した鹿。ブランシェ伯爵狩り獲物であったが、咄嗟に姫が庇うことで一命取り留めた

※この「シカ」の解説は、「エヴァンジェリン姫シリーズ」の解説の一部です。
「シカ」を含む「エヴァンジェリン姫シリーズ」の記事については、「エヴァンジェリン姫シリーズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「シカ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

シカ

出典:『Wiktionary』 (2017/07/27 16:02 UTC 版)

名詞

シカ鹿

  1. 哺乳綱クジラ偶蹄目ウシ亜目シカ科属す鯨偶蹄類総称である鹿しか学術表記

「シカ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シカ」の関連用語

シカのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シカのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2024, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの食のタブー (改訂履歴)、エヴァンジェリン姫シリーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのシカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS