鹿とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 動物 > シカ > 鹿の意味・解説 

しし【獣/×猪/鹿】

読み方:しし

《「肉(しし)」と同語源で、それをとる獣をいう》

けもの。けだもの。特に、肉の美味な(いのしし)・鹿(しか)。《 秋》

猪狩(ししが)り」の略。

「ことに—の上手にて、力のつよきこと」〈曽我・四〉


か【鹿】

読み方:か

シカ古名

妻恋に—鳴く山辺秋萩露霜み盛り過ぎ行く」〈万・一〇〇

「鹿」に似た言葉

かせ‐ぎ【鹿】

読み方:かせぎ

《角が桛木(かせぎ)に似ているところからシカ古名

一箇(ひとつのひる)を白き—に弾きかけ給ふ」〈景行紀〉


か‐の‐しし【鹿/鹿肉】

読み方:かのしし

《「しし」は(いのしし)や鹿など食肉用野獣総称

鹿のこと。

(ゐ)のしし—は知らず、いくさはただ平攻(ひらぜ)めに攻めて勝ったるぞ、心地はよき」〈平家一一

鹿の肉。

「相ともに心等しき—の味噌なければ食はじとぞ思ふ」〈仮・仁勢物語・上〉


しか【鹿】

読み方:しか

シカ科哺乳類日本にすみ、ヤクシカ・ホンシュウジカなどの亜種があり、北のものほど大形。雄は3または4本に枝分かれした角をもつ。毎年4月ごろ前年の角が落ちたあと、袋角伸び9月ごろ完成した角となり皮がむける幼時および夏毛には白斑があるが、冬毛では消失古くは雄を「しか」、雌を「めか」といった。ニホンジカ。か。かせぎ。かのしし。しし。《 秋》「青年—を愛せ嵐の斜面にて/兜太」

偶蹄(ぐうてい)目シカ科哺乳類総称。雄は枝角(えだづの)をもち、毎年生え替わる。ヨーロッパ・アジア・南北アメリカ分布する。ニホンジカ・アカシカ・トナカイ・ヘラジカなど。

揚げ代十六であったところから、「四四」を「鹿(しし)」にこじつけたという》江戸時代大坂遊里で、大夫天神に次ぐ遊女の位鹿恋(かこい)。囲。

寄席芸人用語。咄家(はなしか)のこと。「はなしか」を略して鹿の字を当てた語。「—芝居


ろく【鹿】

読み方:ろく

[音]ロク(呉)(漢) [訓]しか か かのしし しし

学習漢字4年

[一]ロク

動物の名。シカ。「鹿砦(ろくさい)・鹿鳴神鹿

帝位。「逐鹿

[二]〈しか(じか)〉「牡鹿(おじか)・大鹿河鹿(かじか)」

[三]〈か〉「鹿毛(かげ)」

難読氈鹿(かもしか)・馴鹿(トナカイ)・鹿尾菜(ひじき)


しか 【鹿】

ウシ目シカ科日本で鹿は神の使いとされるが、ギリシア神話でも狩りの女神アルテミスは鹿を守護するとする。だがアルテミス水浴姿を見た猟師怒りにふれて鹿にさせられてしまい、かみ殺された話などがあるから、弱い動物のイメージがある。しかし反面牡鹿性欲が強いとして、角を魔除にする地方もある。→ 鹿卜

鹿

作者岩瀬成子

収載図書となりのこども
出版社理論社
刊行年月2004.12


鹿

読み方:カセギ(kasegi)

哺乳類


鹿

読み方:しか

  1. 筆ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・徳島県
  2. 筆ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・大分県
  3. 筆ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・福岡県
  4. 毛筆。〔第六類 器具食物

分類 大分県徳島県福岡県


鹿

読み方:しか

  1. 落語家のこと。はなしかの、はなを省きて、しかとのみ呼ぶ、鹿に喩ふ
  2. 落語家のことをいふ。「はなしか」の「しか」を取つて来たのである。〔役者語〕
  3. 落語家のことをいふ。「はなしか」の「しか」を取つて来たのである
  4. 落語家を云ふ。はなしかしかからか。
  5. 落語家のこと、「はなしか」の「しか」を取つたもの。
  6. 落語家のことをいう。〔芸能俳優)〕

分類 俳優役者役者語、東京芸能

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

鹿

読み方:シカ(shika)

東アジア特産偶蹄目シカ科

季節

分類 動物


鹿

読み方:シカ(shika)

所在 栃木県芳賀郡二宮町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

鹿

読み方
鹿しか
鹿しかざき

シカ

(鹿 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/17 06:04 UTC 版)

シカ(鹿、英語: Deer)は、鯨偶蹄目シカ科 (Cervidae) に属する哺乳類の総称である。ニホンジカトナカイヘラジカなどが属しており、約16属36種が世界中の森林などに生息している。


  1. ^ Gilbert, Clément and Ropiquet, Anne and Hassanin, Alexandre (2006). “Mitochondrial and nuclear phylogenies of Cervidae (Mammalia, Ruminantia): systematics, morphology, and biogeography”. Molecular Phylogenetics and Evolution 40 (1): 101-117. doi:10.1016/j.ympev.2006.02.017. 
  2. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus『天迦久神』 - コトバンク。2017年5月16日閲覧。
  3. ^ a b c d 宮坂敦子著、竹内健監修 『増補改訂 レザークラフトの便利帳』誠文堂新光社、2019年、26頁。 
  4. ^ 誘鹿材 [ユクル]”. 受賞対象一覧. Good Design Award. 公益財団法人日本デザイン振興会. 2018年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月28日閲覧。
  5. ^ “線路内侵入防止システム「シカ踏切」がグッドデザイン賞を受賞”. 乗り物ニュース. (2017年11月4日). https://trafficnews.jp/post/78952 2020年6月27日閲覧。 


「シカ」の続きの解説一覧

鹿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/25 03:13 UTC 版)

アントニオ猪木という名のパチスロ機」の記事における「鹿」の解説

温泉演出登場するチャンスキャラ。以降の猪木シリーズでも登場する

※この「鹿」の解説は、「アントニオ猪木という名のパチスロ機」の解説の一部です。
「鹿」を含む「アントニオ猪木という名のパチスロ機」の記事については、「アントニオ猪木という名のパチスロ機」の概要を参照ください。


鹿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 00:32 UTC 版)

Ghost of Tsushima」の記事における「鹿」の解説

フィールド上に棲息しており狩ることができる。

※この「鹿」の解説は、「Ghost of Tsushima」の解説の一部です。
「鹿」を含む「Ghost of Tsushima」の記事については、「Ghost of Tsushima」の概要を参照ください。


鹿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/18 11:00 UTC 版)

鹿男あをによし」の記事における「鹿」の解説

見た目雌鹿だが、実は百回以上魂を他の鹿に移し変え生きており、命を受けたときは立派なであった。雌になったのは牡だと角を切られるからだと作中語っている。屈強な牡鹿従えている。「目」力を使って人間話すことができるほか、人間言うことを聞くように印をつけ、顔を鹿にする術を持っている。ただし印の消し方は知らない人間社会嫌っている一方でポッキー大好物。鼠とは仲が悪い奈良の鹿お辞儀をするのは彼が教えたからであるという。

※この「鹿」の解説は、「鹿男あをによし」の解説の一部です。
「鹿」を含む「鹿男あをによし」の記事については、「鹿男あをによし」の概要を参照ください。


鹿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 21:02 UTC 版)

あはれ!名作くん」の記事における「鹿」の解説

避難訓練ボルト乗って来たが、その後名作校則違反ということで逃がされたが、名作と共に避難訓練参加していた。むすびを食べたこともある。

※この「鹿」の解説は、「あはれ!名作くん」の解説の一部です。
「鹿」を含む「あはれ!名作くん」の記事については、「あはれ!名作くん」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「鹿」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

鹿

鹿

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「鹿」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



鹿と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鹿のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアントニオ猪木という名のパチスロ機 (改訂履歴)、Ghost of Tsushima (改訂履歴)、鹿男あをによし (改訂履歴)、あはれ!名作くん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの鹿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS