鹿尾菜とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 海藻 > 鹿尾菜の意味・解説 

ひじき【鹿菜/羊菜】

ホンダワラ科の褐藻干潮線付近岩上生え、冬から春にかけて繁茂円柱状で多数分かれ長さ50センチ〜1メートル。若いうちに採取して乾かし、食用にする。ひじきもひずきも。みちひじき。《 春》「—刈るや岩間落ち合ふ汐となり/月舟」

鹿尾菜/羊栖菜の画像

ひじき【鹿尾菜・羊栖菜】

〔名〕 褐藻類ホンダワラ科の海藻北海道東北北部を除く各地海岸岩礁上の干潮線付近に繁茂する。長さ一五〜三〇センチメートル状部は円柱状で一〜三回羽状分枝小枝多肉質気胞がある。葉状部はへら形または菱形で縁に粗い鋸歯(きょし)があり、早落性できわめて小さなものだけにみられる。生殖器托円柱状で小枝叢生生時黄褐色だが乾燥すると黒褐色に変わる。食用にされヨード灰分など栄養価に富む。ひじきも。《季・春

大和(947‐957頃)一六一「ひじきといふものをおこせて」


ひずき【鹿尾菜】

〔名〕 海藻「ひじき(鹿尾菜)」の古名

新撰字鏡(898‐901頃)「鹿尾菜 比須支」


鹿尾菜


鹿尾菜

読み方:ヒジキhijiki

ホンダワラ科の褐藻

別名 羊栖菜


鹿尾菜


鹿尾菜

読み方:ヒジキhijiki

褐藻類一種で、ホンダワラ科に属する。は細い円柱状、早く落ち中部小枝があり、棍棒状をなす

季節

分類 植物


ヒジキ

(鹿尾菜 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/16 08:24 UTC 版)

ヒジキ鹿尾菜羊栖菜学名: Sargassum fusiforme)は、褐藻類ホンダワラ科ホンダワラ属の海藻の1種である。波の荒い海岸近くの岩場の潮間帯付近に繁茂し、春から初夏に胞子嚢を付けて成熟する。


  1. ^ a b 吉田, 忠生、吉永, 一男「日本産海藻目録(2010年改訂版)」『藻類 Jpn.J.Phycol. (Sorui)』第58巻第2号、2010年7月10日、 69-122頁、 NAID 10026606743
  2. ^ a b Taxonomy browser (Sargassum fusiforme)”. NCBI. 2015年5月閲覧。
  3. ^ ひじきの日”. 日本ひじき協議会. 2020年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月25日閲覧。
  4. ^ 9月15日は三重県ひじき協同組合が制定したひじきの日。9月15日は旧敬老の日で、制定にあたってはミネラルや食物繊維が豊富なひじきを食べて健康に長生きをしてほしいという願いが込められたという。”. 日本食糧新聞電子版. 2021年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月25日閲覧。
  5. ^ (吉田 2001)(香村 2006より再引用)
  6. ^ “韓国における海藻養殖の現状”. 水産増殖 45 (4): 565-571. (1997). doi:10.11233/aquaculturesci1953.45.565. 
  7. ^ 農林水産物輸出入統計 貿易統計(輸入)2008年 政府統計の総合窓口 (e-Stat)
  8. ^ 産地日本ひじき協議会、2015年7月30日閲覧。
  9. ^ 伊藤龍星、褐藻ヒジキの挟み込み養殖と人工種苗生産に関する研究 長崎大学学位論文 (2010)
  10. ^ ヒジキ養殖試験への取り組み 北灘漁業共同組合
  11. ^ 難波信由ほか、岩手県越喜来湾における褐藻ヒジキの多回収穫型養殖 Sessile organisms 25(1), 17-23, 2008-02-29, NAID 10021215881
  12. ^ ヒジキ養殖マニュアル(平成27年3月) 愛媛県 農林水産研究所 水産研究センター
  13. ^ 鳥羽 種から養殖、ヒジキ収穫 若手漁業者ら手際よく 伊勢新聞 記事:2015/5/19
  14. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  15. ^ 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版)
  16. ^ 吉江由美子「海藻の食物繊維に関する食品栄養学的研究」『日本水産学会誌』第67巻第4号、2001年、 doi:10.2331/suisan.67.619
  17. ^ 北村裕司「ひじきの鉄と国内市場の実態について」 (pdf) 『フードシステム研究』第23巻第3号、日本フードシステム学会、2016年、 295-298頁、 doi:10.5874/jfsr.23.3_1652018年9月13日閲覧。
  18. ^ ひじきの鉄分について”. 日本ひじき協議会. 2016年9月15日閲覧。
  19. ^ 柴山ロミオ (2016年2月21日). “ひじきの鉄分が9分の1に ?! 「ひじきは鉄分の王様」 は過去の話だったなんて…。”. tenki.jpサプリ. 2016年9月15日閲覧。
  20. ^ Canadian Food Inspection Agency (2001年10月). “INORGANIC ARSENIC AND HIJIKI SEAWEED CONSUMPTION”. 2008年10月20日閲覧。
  21. ^ Martin Rose; et al. (2007年1月18日). “Arsenic in seaweed—Forms, concentration and dietary exposure”. 2008年10月20日閲覧。
  22. ^ Food Standards Agency (2004年7月28日). “Arsenic in seaweed”. 2008年10月20日閲覧。
  23. ^ 食物環境衞生署 (2005年1月). “Issue No. 17: Hijiki and Arsenic”. 2006年9月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年10月20日閲覧。
  24. ^ 厚生労働省 (2008年7月30日). “ヒジキ中のヒ素に関するQ&A”. 2008年10月20日閲覧。


「ヒジキ」の続きの解説一覧



鹿尾菜と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鹿尾菜」の関連用語

鹿尾菜のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鹿尾菜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒジキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS