小枝とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > > 小枝の意味・解説 

こ‐えだ【小枝】

読み方:こえだ

小さ。さえだ。「の―」

「小枝」に似た言葉

さ‐えだ【小枝】

読み方:さえだ

こえだ。えだ。

明けされば(はり)の―に夕されば繁みに」〈・四二〇七〉


小枝

名字 読み方
小枝こえだ
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

小枝

読み方
小枝おえだ
小枝こえだ
小枝こさえ
小枝さえ
小枝さえぐさ
小枝さえだ
小枝ささえ

小枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/09 06:25 UTC 版)

小枝(こえだ、さえ)


  1. ^ 「うずく、まる」中家菜津子 書肆侃侃房 2015 ISBN 978-4863851863


「小枝」の続きの解説一覧

小枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/10 07:59 UTC 版)

車軸藻類」の記事における「小枝」の解説

シャジクモ類の小枝 (branchlet; 側枝 lateral) は、主軸の節部に輪生している。主軸と同様、小枝は節部と節間部の繰り返しからなる一部の種では、小枝も部分的または全体皮層覆われている (上記参照、図1b)。小枝の先端には、主軸と同様分裂能をもつ頂端細胞存在するが、ふつう決まった分裂回数後に分裂能を失う (有限成長)。またふつうの小枝よりも小さく、節数が少ない小枝を付けることがあり、付属小 (副 accessory branchlet) とよばれるシャジクモ連では、ふつう小枝の基部托葉 (stipulode, stipule) とよばれる突起状の細胞 (大きさはさまざま) が存在する (図1b)。托葉主軸取り巻いており、種によって1輪 (haplostephanous) または上下2輪 (diplostephanous) の托葉冠を形成している。 シャジクモ連では、小枝の節部に (細胞 bract cell) とよばれる細長い突起状の細胞存在するのうち、主軸面した側にあるもの向軸性 (adaxial)、その反対側にあるものを背軸性 (abaxial) という。またが小枝の先端存在する場合もある。生卵器付いている小枝の節部にはやや特殊な存在することがある (下記参照)。 小枝が分枝するもの (フラスコモ連) と、分枝しないもの (シャジクモ連) がある。フラスコモ属では、小枝は2〜数本に又状分枝する。フラスコモ属の分枝している小枝を構成するセグメントは、主軸に近い方から順に第1分 (primary ray)、第2分射 (secondary ray) ... とよばれ、末端のセグメント最終 (dactyl, ultimate ray) とよばれる最終末端の細胞終端細胞 (end cell) とよばれる一方、トリペラ属では、小枝は又状ではなく単軸分枝する。

※この「小枝」の解説は、「車軸藻類」の解説の一部です。
「小枝」を含む「車軸藻類」の記事については、「車軸藻類」の概要を参照ください。


小枝(こえだ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 05:11 UTC 版)

浦安鉄筋家族の登場人物」の記事における「小枝(こえだ)」の解説

本田と同じように初期小鉄友達として出ていたがだんだん登場回数減って出てなくなったキャラ最終回ラスト1コマ復活本田同様に転校していった。よく黄色い通学帽被りリコーダー吹いており、よくフグオからクレームつけられていた。全くと言ってもいいほど喋らず、セリフ最終回のり子の「転校するのか」の問いに対して「うん」と言ったのみ。小鉄たちには完全に名前も存在忘れられていたが、逆にクラスの違う仁には覚えられていた(仁に関して転校してきた初日に小枝のリコーダー対抗するように横でハーモニカ吹き出した縁はある)。

※この「小枝(こえだ)」の解説は、「浦安鉄筋家族の登場人物」の解説の一部です。
「小枝(こえだ)」を含む「浦安鉄筋家族の登場人物」の記事については、「浦安鉄筋家族の登場人物」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「小枝」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「小枝」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



小枝と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小枝」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||



9
90% |||||


小枝のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小枝のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2023 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小枝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの車軸藻類 (改訂履歴)、浦安鉄筋家族の登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS