折りとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 折りの意味・解説 

おり をり 【折(り)

[2] ( 名 )
折ること。また、折ったもの。
薄い板を折り曲げて作った箱。折り箱。 「弁当を-に詰める」
製本で、ページ正し順序になるように、印刷された紙を折り畳む作業また、その折り畳んだもの。折り本
横に長く二つ折りにした料紙連歌連句に用いた。
時節時季。 「酷寒の-お体にお気をつけ下さい
機会その時。 「帰郷した-に旧友に会う」 「 -をみて話す」
幾度も繰り返すこと。 「八塩-の酒/古事記 上訓
折り目。 「衣のすその-までも/右京大夫集
接尾
助数詞
折り箱に入れたものや折り詰めしたものなどを数えるのに用いる。 「菓子二-」 「鰹節一-」
折り重ねたものを数えるのに用いる。 「半紙一-」
[句項目] 折りに触れ(て) 折りもあろうに 折りも折(とて)

【せつ】[漢字]

【切】 [音] セツサイ
きる。刃物できる。 「切開切断切腹切磋琢磨せつさたくま)」
さしせまる。 「切迫
ねんごろひたすら。 「切諫せつかん)・切言切実切望懇切・親切・痛切
よく合う。 「切要・適切」
すべて。 「一切いつさい)」
ある漢字の音を他の二字用いて示す法。 「切韻反切
【折】 [音] セツ
おる。おれる。 「九折曲折屈折骨折
くじく。 「折衝折伏しやくぶく)((せつぷく))挫折ざせつ)」
責める。 「折檻せつかん)・面折
わける。 「折衷折半
死ぬ。 「夭折ようせつ)」 〔「シャク」の音は慣用
【刹】 [音] セツサツ
寺。 「《サツ巨刹古刹仏刹名刹
きわめて短い時間。 「刹那せつな)」
悪鬼の称。 「刹鬼羅刹
梵語 ksetra音訳字。国。国土。 「西刹
【拙】 [音] セツ
つたない。へた。 「拙策拙速拙劣巧拙古拙稚拙
【 泄[音] セツエイ
流れ出る。もれる。もらす。 「漏泄ろうえい)((ろうせつ))
不要のものを除く。だす。 「排泄
【窃(竊)】 [音] セツ
ひそかにぬすむ。 「窃取窃盗剽窃ようせつ)」
ひそかに。 「窃視窃笑
【接】 [音] セツショウ
まじわる。まじえる。つぐ。 「接合接骨接種接続交接溶接連接接尾語
会う。もてなす。 「接客接見接待接伴引接いんせつ)((いんじよう))応接面接
近づく。ふれる。 「接眼・接近接写接触接戦接吻せつぷん)・間接・直接・密接・隣接
とる。 「接受接収
【設】 [音] セツ
[音] セツ
ゆき。ゆきがふる。 「雪害雪渓雪景雪原雪中蛍雪降雪残雪新雪積雪白雪氷雪風雪
ゆきのように白い。 「雪白雪眉せつび)」
すすぐ。洗い清める。 「雪冤せつえん)・雪辱
【 渫[音] セツ
さらう。水底のどろを取り除く。 「浚渫しゆんせつ)」
【摂(攝)】 [音] セツショウ
とる。もつ。すべおさめる。 「摂取摂理摂受しようじゆ)・包摂
兼務する。代わって行う。 「摂関摂行摂社摂政兼摂
やしなう。ととのえる。 「摂生摂養
摂津せつつ)国」の略。 「摂州
【節( 節 )】 [音] セツセチ
竹や草木のふし。また、物のつながっているところ。 「関節結節体節
音楽の曲の調子。 「曲節
物の区切り
詩歌文章楽曲などの一区切り。 「楽節章節
言葉単位。 「音節文節
信念をかたく守る。みさお。 「節義節操節婦気節苦節忠節
祝日。 「節句節会せちえ)・節日せちにち)((せつじつ))佳節
他国への使者のしるし。わりふ。 「使節符節
【 截[音] セツ
〔「サイ」と読むのは慣用〕 たつ。きる。たちきる。 「截然截断断截直截半截
【説】 [音] セツゼイ
とく。筋道や意味をときあかす。 「説教説得説法説明説諭説話演説解説概説詳説総説力説遊説ゆうぜい)」
はなし。物語。うわさ。 「説話巷説こうせつ)・小説・伝説・風説
【 褻[音] セツ
けがれる。きたない。けがらわしい。 「狎褻こうせつ)・猥褻わいせつ)」
はだぎ。ふだんぎ。 「褻衣


折り

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「折り」の関連用語

折りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



折りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2019 Weblio RSS