料理とは? わかりやすく解説

りょう‐り〔レウ‐〕【料理】

[名](スル)

材料に手を加え食べ物こしらえること。また、その食べ物調理。「野菜を—する」「郷土—」

物事をうまく処理すること。

「自から国政を—す」〈織田訳・花柳春話


料理 【りょうり】

葬儀には料理がつきもの通夜のときに料理を振る舞う習慣通夜振る舞い)は各地見られる茶菓子程度するところもあるが、一般には酒や食事振る舞われる。通夜時の会食は、死者前にご馳走出し再生を願ったものと死者との最後会食で食(く)い別れ、あるいは、会葬者振る舞うことにより死者代わって善をなし死者供養とするため、という意味があった。現代では、死者関係者飲食しながら死者思い出話などをしてゆっくり追悼する席という意味合いが強い。葬儀終了後の会食精進落とし精進上げ)、仕上げお斎(とき)、直会なおらい)、忌中払い忌中引などとよばれる。本来は葬列出発時に行われていた死者の別れの食事葬儀後のお手伝いへの慰労の席などが合体したと思われる精進落とし上げ)は本来、四十九日忌明で行う精進料理止め肉食することが繰り上がった行事。お斎一般に法要後の食事直会神道祭事終了後にお神酒供物下げて行う宴会忌中払い忌中死穢祓い飲食力を借りて行うもの(葬儀払いなど後始末する意味もあるのではないか)、の意。関東では「お清めということもあるが、死が伝染する考えられていた時代の、死の恐怖対抗ようとして行われた行事。現代では葬儀終了後の宴席は、遺族・親族関係者および手伝ってくれた人への慰労の席という意味合いが強い。

料理

作者耕治人

収載図書耕治人全集 第2巻 小説 2
出版社晶文社
刊行年月1989.2


料理

作者筒井友弥

収載図書フーコー短編小説傑作14
出版社フーコー
刊行年月2004.1


料理

作者角田光代

収載図書Presents
出版社双葉社
刊行年月2005.11

収載図書Presents
出版社双葉社
刊行年月2008.11
シリーズ名双葉文庫


料理―臓器移植用家畜

作者渡辺浩弐

収載図書2000年ゲーム・キッズ仮想科学小説
出版社アスペクト
刊行年月1997.3

収載図書2000年ゲーム・キッズ
出版社幻冬舎
刊行年月2000.10
シリーズ名幻冬舎文庫


料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/01 10:24 UTC 版)

料理(りょうり)は、食物をこしらえることで同時にこしらえた結果である食品そのもの[1]調理ともいう[1]


  1. ^ 近年は、健康のための減塩の重要性が認識され、以前より量が減ったり、他の風味で代用することが増えてきた
  1. ^ a b c d e f g h i j k 広辞苑第5版
  2. ^ a b 『俳句歳時記 第4版』角川学芸出版、2008年、ISBN 978-4-04-621167-5
  3. ^ 『四季日本の料理 秋』講談社 ISBN 4-06-267453-X
  4. ^ 『旬の食材 四季の果物』講談社 ISBN 4-06-270137-5
  5. ^ 『四季日本の料理 冬』講談社 ISBN 4-06-267454-8
  6. ^ 『旬の食材 夏の魚』講談社 ISBN 4-06-270132-4


「料理」の続きの解説一覧

料理

出典:『Wiktionary』 (2021/08/01 09:05 UTC 版)

この単語漢字
りょう
第四学年

第二学年
音読み 音読み

発音

名詞

(りょうり)

  1. 食材加熱したり、加工して人間食べられるようにすること。
  2. 語義1の行為結果として完成した食品

類義語

関連項目

翻訳

動詞

する (りょうりする)

  1. (他動詞) 食材を切ったり、加熱したり、加工して人間食べられる物を作る
  2. (他動詞) (比喩) ばらばら情報未完成などをまとめ上げ有益なものに変える

活用

翻訳


「料理」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「料理」の関連用語

1
100% |||||

2
92% |||||

3
92% |||||

4
92% |||||

5
92% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||


9
92% |||||


料理のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



料理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
葬儀の相談センター葬儀の相談センター
Copyright(c)2022 葬儀の相談センター All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの料理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの料理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS