食の安全とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 食の安全の意味・解説 

食の安全

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/18 20:29 UTC 版)

食の安全(しょくのあんぜん)とは、食品安全性[1]、あるいは食事文化や食べ物の食し方も含めた安全性[2]の意味で用いられる言葉である。食の安全性[3]食の安全問題[4]食の安全確保[5]といった表現、あるいは食の安全と安心食品の安全・安心といった表現も用いられる[6]




注釈

  1. ^ 米虫節夫の書籍の列挙されておらず、一般には、「食の安全」問題を扱う時には分類リストに含まれないことのほうが多いが、「食品による窒息」の事故というものもある。食品による窒息は四千例もの死亡事故を毎年生じている。原因となっている食品は、事故の件数に着目すると、が多く、次いでオニギリ寿司などの米飯であり、菓子類では団子キャンディーなどがある。ピーナツイクラなどは、その大きさが原因で「気道内異物」になりやすい。パンは水分を含むことで付着性が増し水で流し込もうとしてもかえって逆効果になることもある。餅やこんにゃくゼリーは冷たくなると固くなり(温度による粘度の変化)事故の原因となる。こんにゃくゼリーによる窒息事故は年間1.7人と件数は少数である(宮沢賢一; 川田惇史 (2010年11月17日). “こんにゃくゼリー窒息死訴訟、両親の訴えを棄却”. asahi.com. http://www.asahi.com/national/update/1117/OSK201011170022.html 2010年11月18日閲覧。 )が、マスコミに大々的に取り上げられ日本では人々の関心事となり、その後、こんにゃく製品の大手メーカーも窒息事故を防ぐような形状の製品を開発することになった。
  2. ^ 国際化の申し子の多国籍企業と米国が主導してまとめ上げたWTO協定によって、日本の食の安全基準は緩和された(出典:『食環境科学入門』p.3)、ともされている。
  3. ^ 動脈硬化を含む心疾患や脳血管疾患による死亡を合計すると、日本人の死因の約3割を占め、ほぼ癌と同数。(石田英雄 2005, p. 31)
  4. ^ 「これ以上洋食に傾かないように気をつけたいものだ」というのは、著者の自分自身の行為についてのみどうこうと言っているのではなく、「皆さん これ以上洋食に傾かないように気をつけたほうが良いですよ」「洋食化は止めましょう」という呼びかけを、より婉曲に表現したものである。
  5. ^ A Treatise on Adulterations of Food and Culinary Poisons (1820)
  6. ^ イギリスの詩人、アルフレッド・テニスンも次のようにコメントしたという「白墨と みょうばんと しっくいが、貧乏人にパンとして売られている」(ジョン・ハンフリース 2002, p. 54)
  7. ^ 翻訳によっては「トーマス・ウェイクリー」とも
  8. ^ 「Hassall」は翻訳によっては「ハッサル」とも。
  9. ^ FOOD AND ITS ADULTERATIONSは、その一部翻訳を青空文庫で読むことも可能[1]である。
  10. ^ ジャグ (jug) とは一般に、口の開いた、取手(もち手)のついた大きな容器。19世紀ではしばしば陶器製。日本語では「水差し」といった表現が近い、が他の液体を入れると表現が完全には合致しない。
  11. ^ 同法以前は、生鮮食品のうち、9品目の青果物にしか原産地表示の義務はなかった。
  12. ^ 補助金等。

出典

  1. ^ 米虫節夫『やさしい食の安全』、日本学術協力財団『食の安全と安心を守る』など
  2. ^ 山口英昌編著『食環境科学入門 食の安全を環境問題の視点から』など
  3. ^ 石田英雄『クレームに学ぶ 食の安全』など
  4. ^ 日本学術協力財団『食の安全と安心を守る』など
  5. ^ 日本学術協力財団『食の安全と安心を守る』など
  6. ^ 日本学術協力財団『食の安全と安心を守る』など
  7. ^ 『食の安全と安心を守る』p.147
  8. ^ a b 黒川清 2005, p. 125.
  9. ^ 黒川清 2005, p. 147
  10. ^ 黒川清 2005, p. 147
  11. ^ 米虫節夫 2002, p. 172
  12. ^ ジョン・ハンフリース 2002, 第三章
  13. ^ 山口英昌 2006, p. 6
  14. ^ 黒川清 2005, p. 138
  15. ^ 米虫節夫 2002, pp. 3-4
  16. ^ a b 『第2節 安全な食料の安定供給と消費者の信頼確保』平成18年度食料・農業・農村白書(農林水産省
  17. ^ 川本伸一「技術解説: 食品安全分野における研究」『食品と技術』、独立行政法人 農研機構 食品総合研究所、2009年2月、2010年11月18日閲覧。
  18. ^ a b 米虫節夫 2002, p. 3
  19. ^ 急性的・短期的・中期的・長期的危害の区分の出典:米虫節夫 2002, p. 3
  20. ^ 米虫節夫 2002, p. 6
  21. ^ 米虫節夫 2002, pp. 22-23
  22. ^ 米虫節夫 2002, pp. 7-9
  23. ^ a b c 米虫節夫 2002, p. 8
  24. ^ 米虫節夫 2002, p. 12
  25. ^ a b c 山口英昌 2006, p. 1
  26. ^ これに関しては企業倫理の項も参照可。
  27. ^ a b c 山口英昌 2006, p. 2
  28. ^ a b 山口英昌 2006, p. 3
  29. ^ 石田英雄 2005, p. 25
  30. ^ 石田英雄 2005, p. 26
  31. ^ 石田英雄 2005, p. 26
  32. ^ 石田英雄 2005, p. 29
  33. ^ 石田英雄 2005, p. 29
  34. ^ a b c d 黒川清 2005, p. 11
  35. ^ 黒川清 2005, p. 34
  36. ^ 黒川清 2005, p. 12
  37. ^ 黒川清 2005, p. 12
  38. ^ ジョン・ハンフリース 2002, p. 53
  39. ^ ジョン・ハンフリース 2002, pp. 53-54
  40. ^ a b c ジョン・ハンフリース 2002, p. 54
  41. ^ ジョン・ハンフリース 2002, p. 55
  42. ^ ジョン・ハンフリース 2002, pp. 55-56
  43. ^ ジョン・ハンフリース 2002, pp. 55-56
  44. ^ ジョン・ハンフリース 2002, pp. 55-56
  45. ^ ジョン・ハンフリース 2002, p. 56
  46. ^ a b c d e f g 2007年9月4日号 週刊エコノミスト
  47. ^ 石田英雄 2005, p. 133
  48. ^ 「主婦連たより」第一号昭和23年12月5日。主婦連たよりデーターベース。
  49. ^ 黒川清 2005, p. 60
  50. ^ a b c d e f g h 米虫節夫 2002, pp. 6-9
  51. ^ 石田英雄 2005, pp. 15-16
  52. ^ 石田英雄 2005, p. 22
  53. ^ a b 石田英雄 2005, pp. 22-23
  54. ^ 米虫節夫 2002, p. 29
  55. ^ 須坂市における缶入り飲料毒物混入殺人事件捜査本部からのお願い/長野県警察[リンク切れ]
  56. ^ 『やさしい 食の安全』p.68
  57. ^ 石田英雄 2005, p. 24
  58. ^ 石田英雄 2005, p. 24
  59. ^ 石田英雄 2005, p. 24
  60. ^ 石田英雄 2005, p. 196
  61. ^ 黒川清 2005, p. 22
  62. ^ a b c d 日経新聞「牛の生レバー禁止 ほかの肉はどうなっているの?」
  63. ^ 牛の生レバー提供の疑い
  64. ^ a b 『27都道府県で発覚 毎日新聞まとめ』2007年11月18日付配信 毎日新聞
  65. ^ a b 『便利の落とし穴:中国製ギョーザの警告/下 原産地、オープンに』2008年2月6日付配信 毎日新聞
  66. ^ 『外食における原産地表示に関するガイドライン』2005年7月28日 農林水産省
  67. ^ 黒川清 2005, p. 23
  68. ^ 食品安全委員会ホームページ
  69. ^ 太田農相:消費者軽視?…「やかましいから」安全徹底 2008年8月10日付配信 毎日新聞
  70. ^ a b 石田英雄 2005, p. 15
  71. ^ 『食品偽装の余波ジワリ 買い物客、原産地や表示じっくり』2007年11月20日付配信 産経新聞
  72. ^ a b c d 藤原邦達 2003, p. 271
  73. ^ 『日本の食と農』p.63、p.68
  74. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa NHK解説委員石川一洋による解説 「食の安全・ベラルーシから学ぶこと」2011年11月7日1:05〜1:55の「スタジオパークからこんにちは」の枠内で放送。概要は解説委員室 解説アーカイブスでも検証可能。
  75. ^ 実放送内で写真つきで言及。
  76. ^ 実放送内で言及
  77. ^ (出典)河田昌東「チェルノブイリからみた福島原発震災」『土と健康』No.427
  78. ^ (出典)*現代用語の基礎知識2012年版
  79. ^ a b c 輸入食品中の放射能の濃度限度
  80. ^ a b 厚生労働省 放射能暫定限度を超える輸入食品の発見について(第34報)(別紙)暫定限度(放射能濃度)を超えた輸入食品一覧
  81. ^ 食安発0317第3号 平成23年3月17日 厚生労働省医薬食品局食品安全部長 放射能汚染された食品の取り扱いについて (PDF)”. 厚生労働省 (2011年3月17日). 2012年5月7日閲覧。
  82. ^ 厚生労働省告示第百二十九号 平成二十四年三月十五日 (PDF)”. 厚生労働省 (2012年3月15日). 2012年5月10日閲覧。
  83. ^ 厚生労働省告示第百三十号 平成二十四年三月十五日 (PDF)”. 厚生労働省 (2012年3月15日). 2012年5月10日閲覧。
  84. ^ 厚生労働省令第三十一号 平成二十四年三月十五日 (PDF)”. 厚生労働省 (2012年3月15日). 2012年5月10日閲覧。
  85. ^ Drinking Water Contaminants”. United State Environment Protection Agency (2004年). 2011年4月15日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「食の安全」の関連用語

食の安全のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



食の安全のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの食の安全 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS