医療社会学とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 学問 > 学問 > 医療社会学の意味・解説 

医療社会学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/31 07:15 UTC 版)

医療社会学(いりょうしゃかいがく、: medical sociology)とは、医療保健健康病気に関する問題について、社会学的な側面からその性格を明らかにすると共に、問題解決に必要な科学的な根拠を提供する社会学の一分野である。


  1. ^ Strauss (1957)
  2. ^ Twanddle and Hessler (1987); Nettlenton (1995)
  3. ^ 園田(1993)
  4. ^ この問題に関する古典的研究として、砂原(1983)、さらに中川(1994)も参照のこと。
  5. ^ 山崎(2001: 15)
  6. ^ Townsend and Davidson (1982)
  7. ^ Blaxster (1990)
  8. ^ Kasl and Cobb (1966)
  9. ^ Friedman (1960)
  10. ^ Parsons (1951=1974)
  11. ^ Illich (1976=1979)


「医療社会学」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「医療社会学」の関連用語

医療社会学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



医療社会学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの医療社会学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS