分散分析とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 分散分析の意味・解説 

ぶんさん‐ぶんせき【分散分析】


分散分析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/18 15:02 UTC 版)

分散分析(ぶんさんぶんせき、: analysis of variance、略称: ANOVA)は、観測データにおける変動を誤差変動と各要因およびそれらの交互作用による変動に分解することによって、要因および交互作用の効果を判定する、統計的仮説検定の一手法である。




  1. ^ Nakano Hiroyuki. “js-STAR 2012”. 2012年4月4日閲覧。
  2. ^ Kiriki Kenshi (2002年). “ANOVA4 on the Web”. 2012年4月4日閲覧。
  3. ^ 粒子計測研究室 NMIJ/AIST (2011年). “不確かさWeb 分散分析プログラム”. 2012年4月4日閲覧。
  4. ^ 日本ニューメリカルアルゴリズムズグループ株式会社 (2012年). “Excel NAG 統計解析アドイン”. 2012年4月4日閲覧。
  5. ^ Chris Rorden. “ezANOVA free statistical software”. 2012年4月4日閲覧。
  6. ^ Bioconfuctor. “maanova”. 2012年4月4日閲覧。
  7. ^ H.Akiba (1995年2月27日). “2因子多水準分散分析”. 2012年4月4日閲覧。
  8. ^ 渡辺利夫 (2007年1月30日). “R Language”. 2012年4月4日閲覧。


「分散分析」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「分散分析」の関連用語

分散分析のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



分散分析のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの分散分析 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS