基礎とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 構造 > 基礎 > 基礎の意味・解説 

き‐そ【基礎】

読み方:きそ

ある物事成り立たせる大もと部分。もとい。「—がしっかりしているから、上達が早い」「—を固める」「—知識

建造物荷重支持し地盤伝え最下部構造物地形(じぎょう)・土台など。

[用法] 基礎・基本——「中国語を基礎(基本)から勉強する」「生活習慣の基礎(基本)を身につける」などの場合は相通じ用いられる。「社会繁栄の基礎」「会社基礎を固める」などは「基本」では言い換えられない。◇「基本」は物事根本よりどころなるものをいう。「基本法」は他の法律よりどころとなる憲法などをさす。「法律の基礎」というと、法を支え考え方思想の意味が強い。


基礎(きそ)


基礎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/26 00:16 UTC 版)

基礎(きそ、: foundation)とは、構造物からの地盤に伝え、構造物を安全に支える機能をもつ構造である。下部構造(かぶこうぞう)とも呼ばれ、それに対して建築物本体を上部構造と呼ぶ。また、構造物の基礎を作る工事基礎工事と呼ぶ。




「基礎」の続きの解説一覧

基礎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 04:06 UTC 版)

ネットニュース」の記事における「基礎」の解説

メッセージ記事)はニュースサーバに蓄積される記事の配送はニュースサーバ間で行われるサーバ間の配送経路有向グラフ表される基本的には、あるサーバ投稿され記事は、そのコピーが、そのサーバ配送先である他のサーバへと、配送される他のサーバから配送受けた記事同様であるこのように配送バケツリレー方式行われる。 各記事にはMessage-ID:という固有の識別子付与される。各サーバでは、すでに受け取った記事と同じMessage-ID:を持つ記事の配送申し出を受けた時は、それを拒絶するこれにより配送無限ループ状態に陥るのを防いでいる(同じ記事二重に配送される事はない)。 全ての記事無条件に配送対象となるわけではなく前述のニュースグループタグとして、配送範囲限定なども可能である。これは、ニュースサーバ毎にサーバ管理者設定して行う。また、投稿ユーザ個々の記事毎にDistributions:ヘッダー指定して行う事も可能であるサーバ内部で通常ニュースグループ階層対応したディレクトリ分類され記事蓄積されるサーバ記事蓄積容量有限であるため、通常は、定期的に古い記事の削除自動実行されるユーザ向けには、記事の保存期間として説明される以上のように、記事の配送管理は、全体としてみると、分散協調型システムとして行われる

※この「基礎」の解説は、「ネットニュース」の解説の一部です。
「基礎」を含む「ネットニュース」の記事については、「ネットニュース」の概要を参照ください。


基礎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 00:34 UTC 版)

江川三郎八」の記事における「基礎」の解説

煉瓦積または石積布基礎使用している。基礎にアーチ状通気孔設置し鋳物製の込み入ったデザイン格子嵌め込まれている。

※この「基礎」の解説は、「江川三郎八」の解説の一部です。
「基礎」を含む「江川三郎八」の記事については、「江川三郎八」の概要を参照ください。


基礎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 03:06 UTC 版)

標準模型の歴史」の記事における「基礎」の解説

1961年シェルドン・グラショウ電磁相互作用弱い相互作用統一して記述する電弱統一理論の基礎を構築した

※この「基礎」の解説は、「標準模型の歴史」の解説の一部です。
「基礎」を含む「標準模型の歴史」の記事については、「標準模型の歴史」の概要を参照ください。


基礎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 15:10 UTC 版)

「灯籠」記事における「基礎」の解説

最下部の足となる部分である。六角形円形主流雪見型灯籠などでは3本や4本の足で構成される

※この「基礎」の解説は、「灯籠」の解説の一部です。
「基礎」を含む「灯籠」の記事については、「灯籠」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「基礎」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

基礎

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 10:19 UTC 版)

名詞

(きそ)

  1. 建物支持し、その重量安全地盤伝える為に建物下部作られた土台総称
  2. 物事成立させるのに必須事柄

関連語

類義語

対義語

翻訳


「基礎」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



基礎と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「基礎」に関係したコラム

  • 株365取引に関するセミナーの一覧

    株365を取り扱う証券会社や東京金融取引所では、株365に役立つセミナーを開催しています。株365のセミナーでは、株365の基礎知識から取引方法など、初心者向けの内容が多いようですが、売買タイミングや...

  • 株式の投資基準とされる売上高伸び率とは

    株式の投資基準とされる売上高伸び率とは、企業の予想売上高が最新の売上高の何パーセント増加しているかを表したものです。予想売上高が伸びればその分、株価も上昇するのが一般的とされています。売上高伸び率は、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

基礎のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



基礎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2022 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの基礎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのネットニュース (改訂履歴)、江川三郎八 (改訂履歴)、標準模型の歴史 (改訂履歴)、灯籠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの基礎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS