根拠地とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地図 > 地点 > 根拠地の意味・解説 

こんきょ‐ち【根拠地】

読み方:こんきょち

軍隊探検隊登山隊などで、修理休養補給など、前線活動支えるために設けられた場所。


根拠地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 04:38 UTC 版)

大伴氏」の記事における「根拠地」の解説

古来の根拠地は摂津国河内国沿岸地方であったらしく、大伴金村の「住吉の宅」があったほか、『万葉集』でも「大伴の御津の浜」「大伴の高師の浜」と詠われている。住吉ヤマト王権重要なであった住吉津所在したところであるし、「御津」は難波津、「高師」は現在の大阪府高石市一帯のことである。 一方で遠祖道臣命神武東征での功労により大和国高市郡築坂邑に宅地与えられたとの『日本書紀』の記述や、大伴氏別業同国城上郡跡見にあったこと等により、のちに根拠地を大和国磯城高市地方移したものと想定されるまた、大伴氏祖先神大伴武日古墳が、和歌山県和歌山市和歌山城(元は金息子大伴狭手彦の子孫が所持していた岡城)近くにあり、岡邑を領有していたことからも、和歌山県にもその根拠地がある。実際和歌山県には大伴氏系譜を引く一族数多く残っている。

※この「根拠地」の解説は、「大伴氏」の解説の一部です。
「根拠地」を含む「大伴氏」の記事については、「大伴氏」の概要を参照ください。


根拠地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/02 00:20 UTC 版)

蓬萊氏」の記事における「根拠地」の解説

伊勢国飯高郡河俣郷滝野三重県松阪市飯高町作滝)の滝野御厨守衛滝野明神祢宜滝野氏が祖先とされる。御麻園村分家し一派度会郡部郷尾崎村三重県伊勢市楠部町尾崎)に移り居住地字名洞により洞屋と号した宇治中之切町移住後、洞(ほら)を「蓬萊」(ほうらい)と改めたという。 中之切町の屋敷は長之世古にあった。長之世古長官田図書の屋敷があったことに因むが、蓬萊家表門建てて以来蓬萊世古とも呼ばれた現在のおはらい町春本店横を入る通りである。

※この「根拠地」の解説は、「蓬萊氏」の解説の一部です。
「根拠地」を含む「蓬萊氏」の記事については、「蓬萊氏」の概要を参照ください。


根拠地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 07:04 UTC 版)

太平洋戦記」の記事における「根拠地」の解説

陸上兵力艦船航空機各種物資収納する事ができる。資源産出される根拠地や、工場存在する根拠地もある。 他のパラメータとして、陣地陸戦被爆時に影響)、飛行場泊地艦船停泊できる穏やかな海域)が有る飛行場泊地には規模有り、それによって航空隊艦船運用制限される民度の低い根拠地には警備兵力を置いておかねば、ゲリラ蜂起し占拠されてしまう事がある陸続きの根拠地とは道路繋がっており、陸上兵力移動が可能。陸上拠点間の物資の輸送には、両根拠地間に鉄道敷設されている必要があるまた、資源労働力消費するが、プレイヤー新たに鉄道敷設することも可能となっている。

※この「根拠地」の解説は、「太平洋戦記」の解説の一部です。
「根拠地」を含む「太平洋戦記」の記事については、「太平洋戦記」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「根拠地」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「根拠地」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



根拠地と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「根拠地」の関連用語

根拠地のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



根拠地のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの大伴氏 (改訂履歴)、蓬萊氏 (改訂履歴)、太平洋戦記 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS