息子とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 親族 > 息子 > 息子の意味・解説 

むす‐こ【息子/息】

読み方:むすこ

《「生(む)す子」の意》

親にとって自分の子である男性。せがれ。「跡取り—」「どら—」⇔娘。

陰茎の俗称

[補説] 作品名別項。→息子

[下接語] 掛かり息子・生(き)息子・総領息子道楽息子どら息子のら息子一人息子・継(まま)息子・貰(もら)い息子


むすこ【息子】


息子

家族 1(§113と§115を参照)は世帯(110-3)から注意して区別しなければならない別の単位である。それは主として結婚出産、あるいは養子縁組によって関係づけられたものをいい、法律習慣によって規定されるものである基本的な家族関係は、一つは結婚による夫婦関係であり、もう一つ両親 2つまり父親 3母親 4と、彼等の子供 5、つまり息子 6そして娘 7との関係である。


息子

作者芝木好子

収載図書下町の空
出版社講談社
刊行年月1989.4
シリーズ名講談社文庫


息子

作者小檜山博

収載図書小檜山博全集 第3巻(小説3)
出版社艪舎
刊行年月2006.10


息子

作者イーユン・リー

収載図書千年の祈り
出版社新潮社
刊行年月2007.7


息子

作者志水辰夫

収載図書きのうの空
出版社新潮社
刊行年月2001.4

収載図書きのうの空
出版社新潮社
刊行年月2003.6
シリーズ名新潮文庫


息子

作者オラシオ・キローガ

収載図書ラテンアメリカ短編集モデルニズモから魔術的レアリズモまで
出版社彩流社
刊行年月2001.7

収載図書北村薫ミステリー
出版社新潮社
刊行年月2005.10
シリーズ名新潮文庫


息子

作者ベルンハルト・シュリンク

収載図書逃げてゆく
出版社新潮社
刊行年月2001.9
シリーズ名新潮クレスト・ブックス

収載図書逃げてゆく
出版社新潮社
刊行年月2007.2
シリーズ名新潮文庫

収載図書記憶に残っていること
出版社新潮社
刊行年月2008.8
シリーズ名新潮クレスト・ブックス 短篇小説ベスト・コレクション


息子

作者山本文緒

収載図書ファースト・プライオリティー
出版社幻冬舎
刊行年月2002.9

収載図書ファースト・プライオリティー
出版社角川書店
刊行年月2005.6
シリーズ名角川文庫


息子


息子

作者平岩弓枝

収載図書夜鴉おきん御宿かわせみ 12 新装版
出版社文藝春秋
刊行年月2005.6
シリーズ名文春文庫


息子

作者あやのはじめ

収載図書君と一緒に生きたかった
出版社叢文社
刊行年月2005.9


息子

作者アイザックB.シンガー

収載図書カフカの友20物語
出版社彩流社
刊行年月2006.6


息子

読み方:ねつぎだい

  1. むすこ、せがれ、相続人建築の根つぎ台にたとへていふ。大工符牒。「-がしッかりして居るから安心よ」。息子が堅気だから心配無しの意。

分類 東京大工


息子

読み方:むすこ

  1. 新調なる男衣服或は陰茎のことを云ふ。

息子

読み方:むすこ

  1. 息子。男陰の隠語俗称。「せがれ」に同じ。
  2. 陰の異名。〔風流

息子

読み方:むすこ

  1. 新調セル男子衣服。〔第二類 人物風俗
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

息子

読み方:ムスコ(musuko)

初演 大正12.3(東京・帝国劇場)


息子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 00:21 UTC 版)

息子(むすこ)は、男性子供、即ち本人の1親等直系卑属のうち男性である者。対義語はまたは




「息子」の続きの解説一覧

息子(むすこ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 01:34 UTC 版)

親子テツ」の記事における「息子(むすこ)」の解説

「ちーと君」と呼ばれている。彼が両親鉄道趣味にいざなった張本人ということになっている。母・細川鉄道漫画手を染めるきっかけになったキーパーソン本名望月千歳

※この「息子(むすこ)」の解説は、「親子テツ」の解説の一部です。
「息子(むすこ)」を含む「親子テツ」の記事については、「親子テツ」の概要を参照ください。


息子(名前不明)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 09:37 UTC 版)

こちら葛飾区亀有公園前派出所の登場人物」の記事における「息子(名前不明)」の解説

36巻に登場当初は理屈っぽく生意気でわがままな性格だったが、両津によってディズニーランドではなく浅草花やしき連れて行かれるあまりにも生意気なので両津引っ叩かれたりアトラクションで怖い思いさせられるという扱い受けた両津ゲーム一人遊びを始めたため、自分一人で遊ぼうとしたがヤクザ風の二人組絡まれてしまう(ヤクザと肩がぶつかった)。しかしヤクザたちは両津によって叩きのめされ、その活躍を間近で見たことで両津好意を抱くようになり、わがままを言うことは無くなった後に登場した時も両津懐いていた。

※この「息子(名前不明)」の解説は、「こちら葛飾区亀有公園前派出所の登場人物」の解説の一部です。
「息子(名前不明)」を含む「こちら葛飾区亀有公園前派出所の登場人物」の記事については、「こちら葛飾区亀有公園前派出所の登場人物」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「息子」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

息子

出典:『Wiktionary』 (2021/10/15 13:00 UTC 版)

発音

名詞

(そくし または むすこ)

  1. (家族) 親から見て、子である男性
  2. (むすこ) (俗語, 隠語) 陰茎

類義語

対義語

翻訳


「息子」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



息子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



息子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの息子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの親子テツ (改訂履歴)、こちら葛飾区亀有公園前派出所の登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの息子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS