親とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > の意味・解説 

おや【親/祖】

読み方:おや

(親)子を生んだ人。父と母総称また、その一方養父母などにもいう。また、人間以外の動物にもいう。「実の―」⇔子。

(親)同類増やすもとになるもの。「サトイモの―」「―木」⇔子。

(親)同種のもののうち、中心的役割を果たすもの。また、比較して大きいもの。「―会社」「―指」⇔子。

(親)花札トランプ遊びなどで、などを配り中心となってゲーム進行させる人。「―を決める」⇔子。

(親)無尽などの発起人

親株2」の略。

祖先。「―代々土地

おぼろか心思ひて空言(むなこと)も―の名絶つな」〈四四六五〉

物事の始め元祖

物語出で来はじめの―なる竹取の翁(おきな)」〈源・絵合

上に立つ人。かしら。

「国の―となりて」〈源・桐壺

[下接語] 命の親生みの親烏帽子(えぼし)親・男親帯親女親片親仮親契約親講親里親実親育ての親・乳(ち)親・父(ちち)親・父(てて)親・胴親名親名付け親母親二親・褌(へこ)親・継(まま)親・養い親寄り親


しん【親】

読み方:しん

[音]シン(呉)(漢) [訓]おや したしい したしむ ちかい みずから

学習漢字2年

[一]シン

父母。おや。「親権養親両親老親

縁続き身内。「親戚(しんせき)・親族親類近親肉親

身近に接してしたしくする。したしい。「親愛親交・親切・親睦(しんぼく)・親友懇親和親

自分で直接に。みずから。「親告親書親政親展

[二]〈おや〉「親子親心里親父親母親

名のり]いたる・ちか・ちかし・なる・み・みる・もと・よしみ・より

難読親族(うから)・親父(おやじ)・親仁(おやじ)・親爺(おやじ)・親王(みこ)


しん【親】

読み方:しん

したしいこと。したしみをもつこと。⇔疎(そ)。

みうち。みより。親族。「大義―を滅(めっ)す」


読み方:おや
【英】parent

とは、ツリー構造における、分岐元となる節のことである。

情報処理のほかの用語一覧
アルゴリズム:  後入れ先出し  エイトクイーン問題    親  B木  FIFO  バックトラック法

作者中村星湖

収載図書精選 中村星湖
出版社早稲田大学出版部
刊行年月1998.11


作者細井和喜蔵

収載図書無限の鐘 復刻版
出版社本の友社
刊行年月2002.5
シリーズ名細井和喜蔵作品集


読み方:おや

  1. 長。頭分
  2. 〔的〕親分、頭、長のこと。
  3. 頭分又は長。
  4. 親分、頭、長(おさ)。親分語尾省略

分類 的、露店商香具師


読み方:おや

  1. 胴元のこと。
  2. 賭博胴元
  3. 賭博胴元を云ふ。

分類 賭博賭博犯犯罪


読み方:おや

  1. 一番最初其場始める人。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 05:09 UTC 版)

おやとは、を持つ人のことである[1]父親(男親)と母親(女親)の汎称である[1]


  1. ^ a b 広辞苑第五版
  2. ^ a b c 平凡社『世界大百科事典』【親子】
  3. ^ 平凡社『世界大百科事典』【親子成り】


「親」の続きの解説一覧

親(父母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 02:04 UTC 版)

続柄」の記事における「親(父母)」の解説

親(おや、parent)、すなわち父母(ふぼ)は男女それぞれ父・母ちち・はは、father/mother)と呼び1親等直系親族である。 自分の実親再婚相手、すなわち継父ままちち)・継母ままはは)や自分の養親ようしん養父養母)も父・母と呼ぶ場合もある。 配偶者から見ると義親義父義母)であり、舅(しゅうと)・姑(しゅうとめ)である。

※この「親(父母)」の解説は、「続柄」の解説の一部です。
「親(父母)」を含む「続柄」の記事については、「続柄」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/22 23:56 UTC 版)

トランプ用語一覧」の記事における「親」の解説

バンカーのいるゲームではバンカーを「親」ということが多い。それ以外の場合は文脈によりディーラーを指すかもしれないし、デクレアラーのようなプレイ中心人物を指すかもしれない

※この「親」の解説は、「トランプ用語一覧」の解説の一部です。
「親」を含む「トランプ用語一覧」の記事については、「トランプ用語一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「親」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/07/23 08:28 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. (おや)汎称

発音

  • おや
  • IPA: /oja/

訳語

接頭辞

  1. (シン) 名詞の頭に付いて支持する、許す従う朋友視するなどの意味表す
対義語

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「親」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



親と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「親」の関連用語

1
98% |||||

2
98% |||||

3
98% |||||

4
98% |||||

5
98% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||


9
92% |||||

10
90% |||||

親のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



親のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの親 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの続柄 (改訂履歴)、トランプ用語一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS