親とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > の意味・解説 

しん【親】

したしいこと。したしみをもつこと。⇔疎(そ)。

みうち。みより。親族。「大義親を滅(めっ)す」


しん【親】

[音]シン(呉)(漢) [訓]おや したしい したしむ ちかい みずから

学習漢字2年

[一]シン

父母。おや。「親権養親両親老親

縁続き身内。「親戚(しんせき)・親族親類近親肉親

身近に接してしたしくする。したしい。「親愛親交・親切・親睦(しんぼく)・親友懇親和親

自分直接に。みずから。「親告親書親政親展

[二]〈おや〉「親子親心里親父親母親

名のり]いたる・ちか・ちかし・なる・み・みる・もと・よしみ・より

難読親族(うから)・親父(おやじ)・親仁(おやじ)・親爺(おやじ)・親王(みこ)


おや【親/祖】

(親)子を生んだ人。父と母総称また、その一方養父母などにもいう。また、人間以外の動物にもいう。「実の—」⇔子。

(親)同類増やすもとになるもの。「サトイモの—」「—木」⇔子。

(親)同種のもののうち、中心的役割を果たすもの。また、比較して大きいもの。「—会社」「—指」⇔子。

(親)花札トランプ遊びなどで、などを配り中心となってゲーム進行させる人。「—を決める」⇔子。

(親)無尽などの発起人

親株2」の略。

祖先。「—代々土地

おぼろか心思ひて空言(むなこと)も—の名絶つな」〈四四六五〉

物事始め元祖

物語出で来はじめの—なる竹取の翁(おきな)」〈源・絵合

上に立つ人。かしら。

「国の—となりて」〈源・桐壺

[下接語] 命の親生みの親烏帽子(えぼし)親・男親帯親女親片親仮親契約親講親里親実親育ての親・乳(ち)親・父(ちち)親・父(てて)親・胴親名親名付け親母親二親・褌(へこ)親・継(まま)親・養い親寄り親


おや【親・祖】

〔名〕 人を生んで養育し、または人の上に立って指導的な役割果す人物

① 子を生んだ人。また、他人の子供を自分の子供として養い育てる人。父母養父母総称烏帽子親などの仮親をもいい、また、動物にもいう。⇔子。

書紀720推古二一一二月・歌謡「飯に飢(ゑ)て 臥(こや)せる その旅人あはれ 於夜(オヤ)無しに 汝(なれ)生(な)りけめや」

祖先祖父母曾祖父母とさかのぼって、祖先人々総称する語。とおつおや

古事記(712)序「乾坤(けんこん)初め分れて、参神造化の首と作(な)り、陽陰斯(ここ)に開きて、二霊群品の祖(おや)と為りき」

③ (比喩的に) 元祖(がんそ)。もののはじめ。物を生じるもとのもの。⇔子。

源氏100114頃)絵合「まづ物語の出できはじめのおやなる竹取の翁に、宇津保の俊蔭を合はせて争ふ」

上に立つもの。長。かしら。また、第一人者

源氏100114頃)桐壺国のおやとなりて、帝王のかみなき位にのぼるべき相おはします人の」

(5) 中心になるような、おもだったもの。大小相対するもののうちの大きな方。「親会社」「親指」など、他の語と熟し用いることが多い。⇔子。

雑俳五色墨(1809)「親も子もぐたついて来た古障子

(6) 刀剣の柄に巻く鮫皮(さめがわ)の表面小さな粒の間に混じる大きな粒。

雑俳柳多留三八(1807)「でさへ親がなければ安くされ」

(7) 遊戯などのリーダー。⇔子。

(イ) カルタなどの賭博で、配り最初にを打つ人。前の場の得点の最も多い者がなるのがふつう。

咄本鹿の巻筆(1686)三「おやがうちきろふと云により、二くづした」

(ロ) 麻雀トランプカルタなどのゲームで、最初に牌(パイ)や(ふだ)を出す人。

(8) 無尽などの発起人

(9) 入札の際の売り主

(10)おやかぶ親株)」の略。


したし【親】

〔形シク〕 ⇒したしい(親)


したし・ぶ【親】

〔自バ四〕 =したしむ(親)

大唐西域記長寛元年点(1163)三「羈旅(たひひと)の羸(つか)れたる人に何ぞ親(シタシヒ)拊(な)でら見(る)る」


したしん‐・ず【親】

〔自サ変〕 (「したしみす」の変化したもの親しむ。親しくする。いつくしみ愛する。〔文明本節用集室町中)〕

史記抄(1477)一〇「したしんずることをよくすれば崇敬するぞ」


しん【親】

〔名〕

親しくすること。親しみをもつこと。したしみ。よしみ。

性霊集‐六(835頃)弘仁太上為故中務卿伊与親王功徳願文「无親无怨。三界耶嬢

両親父母。おや。

性霊集‐六(835頃)弘仁太上奉為武皇帝御礼法花経達「人親其親家子其子」〔礼記‐祭義〕

血縁のもの。みよりのもの。みうち。親族親類親戚(しんせき)。〔改正増補和英語林集成(1886)〕 〔集韻


したし・い【親】

〔形口〕 [文]したし 〔形シク

血筋が近い。血縁が近い。

源氏100114頃)乙女したしきほどにかかるは、人の聞き思ふ所も、あはつけきやうになむ」

一般的に気持交わりなどが近い関係にあるさま。むつまじい。仲がよい。交わり隔てがない。関係が深い。懇意である。昵懇(じっこん)である。

書紀720欽明二年四月寛文版訓)「初めて使を遣して相通(かよは)して、厚く親(シタシキ)好(むつ)を結へり」

源氏100114頃)桐壺したしき女房御乳母などを遣はしつつありさま聞し召す

直接自分事を行なうさま。多く天皇など高貴の人が直接物事をする場合についていう。特に、「したしく…する」の形で、連用形副詞的に用いられる。

法華義疏長保四年点(1002)一「是の如き一部の経を我れ親しく仏に従ひたてまつりて聞くをもて即ち我聞と為」

形動

〔名〕

〔名〕


したしく【親】

形容詞「したしい(親)」の連用形) ⇒したしい(親)③


したしみ【親】

〔名〕 (動詞「したしむ(親)」の連用形名詞化

親しむこと。むつまじいこと。まじわりが深いこと。また、親し感じ

書紀720神代下(寛文版訓)「海の神則ち其の子(むすめ)豊玉姫を以て妻(あわ)せまつる。遂に纏綿(むつまか)に篤愛(シタシミ)して、已に三年(みとせ)に経(な)んぬ」

世界裏街道を行く(1955)〈大宅壮一中近東諸国ベイルートは、日本人にはあまり親しみのない名前であるが」

親し友だち親友知人また、血のつながった親族親戚

平治(1220頃か)上「別当惟方は、元来信頼卿のしたしみにて、契約ふかかりしかども」


したし・む【親】

〔自マ五(四)〕 (「した(心)し(染)む」の意ともいう)

① ある人と親しくする。むつまじくする。心やすくする懇意にする。したしぶ

大唐西域記長寛元年点(1163)三「隣境諸国其の賤しき種(やから)なりといふことを鄙(かたな)むでともに交親(シタシム)ことし」

太平記14C後)三四未だ親(シタシマ)ざるに交りの久からん事を語ひ」

② ある物事何度も接して、身近に感じる。

今昔1120頃か)三「一度親しみ馴つるに功徳深く染(そみ)にたり」

龍舌蘭(1905)〈寺田寅彦〉「戸棚から八犬伝三国誌などを引っぱり出しおなじみ信乃や道節、孔明関羽親しむ」


ちかし・い【近・親】

〔形口〕 [文]ちかし 〔形シク親しい。親密である。仲むつまじい

浮世草子好色五人女(1686)二「烏丸のほとりへちかしき人有て見舞しうちに」


読み方:おや
【英】parent

とは、ツリー構造における、分岐の元となる節のことである。

情報処理のほかの用語一覧
アルゴリズム:  後入れ先出し  エイトクイーン問題    親  B木  FIFO  バックトラック法

作者中村星湖

収載図書精選 中村星湖
出版社早稲田大学出版
刊行年月1998.11


作者細井和喜蔵

収載図書無限の鐘 復刻版
出版社本の友社
刊行年月2002.5
シリーズ名細井和喜蔵作品集


読み方:おや

  1. 長。頭分
  2. 〔的〕親分、頭、長のこと。
  3. 頭分又は長。
  4. 親分、頭、長(おさ)。親分語尾省略

分類 的、露店商香具師


読み方:おや

  1. 胴元のこと。
  2. 賭博胴元
  3. 賭博胴元を云ふ。

分類 賭博賭博犯/犯罪


読み方:おや

  1. 一番最初に其場始める人。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/23 06:04 UTC 版)

おやとは、を持つ人のことである[1]の汎称である[1]


  1. ^ a b 広辞苑第五版
  2. ^ a b c 平凡社『世界大百科事典』【親子】
  3. ^ 平凡社『世界大百科事典』【親子成り】


「親」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2020/02/22 23:40 UTC 版)

発音

名詞

  1. (おや)汎称

発音

  • おや
  • IPA: /oja/

訳語

接頭辞

  1. (シン) 名詞の頭に付いて、支持する、許す従う朋友視するなどの意味表す
対義語

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



親と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「親」の関連用語

1
98% |||||

2
98% |||||

3
98% |||||

4
98% |||||

5
98% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||


9
94% |||||

10
90% |||||

親のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



親のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの親 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS