遊びとは? わかりやすく解説

すさび【荒び/進び/遊び】

読み方:すさび

興にまかせてすること。慰みごと。「筆の―」

成り行きにまかせること。

すきずきし心の―にて、人のありさまをあまた見合はせむの好みならねど」〈源・帚木


あそび【遊び】

読み方:あそび

遊ぶこと。「―に興じる

酒色ふけったり賭け事したりすること。遊興。「―で身を持ち崩す

仕事がないこと。仕事ができなくてひまなこと。「受注がなくて当分―だ」

物事ゆとりのあること。「芸に―がある」

機械などで、急激な力の及ぶのを防ぐため、部品結合にゆとりをもたすこと。「ハンドルの―」

文学上の立場で、対象理性的に突き放してみる傍観者的な態度森鴎外示したもの。

遊び紙」の略。

詩歌音楽舞い狩猟などを楽しむこと。

「―は夜。人の顔見えぬほど」〈二一四〉

遊び女(め)。

「―どもの集ひ参れる」〈源・澪標

10 《「神遊び」の略》神を祭るための舞楽神楽

豊の―をするが楽しさ」〈神楽・篠〉

「遊び」に似た言葉

遊び

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

遊び

英語 playfree playlash

歯車列機械装置における、個々の構成要素間の自由に動ける隙間を遊びという。プレイガタラッシュ、遊隙などともいう。動きの方向や部位によってエンドプレイ(end play端末の遊び、軸方向隙間)、ラジアルプレイ(radial play、径隙、半径方向の遊び)、バルブラッシュ(valve lashバルブクリアランス)などの呼称がある。

遊び

参照 エンドプレイバックラッシュラジアルプレイ
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

あそび 遊び

①.いろいろの接合部嵌合部などに緩みのある状態。②.間隔にゆとりをもたせた有様。「にげ」ともいう。③.職人仕事あぶれること。

遊び

読み方:あそび

  1. 芸者遊び所謂お客としての遊びを「平遊」といひ、芸者買のことを「寸法」といふ。芸者買ひの寸法には「別」「かげ」などの名称もあり、「泊り」「チヨンの間」もある。私娼窟では「オブ」「遊び」「オールナイト」「シヨウトタイム」などの区別がある

分類 花柳界

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

遊び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/30 03:54 UTC 版)

遊び(あそび)とは、知能を有する動物ヒトを含む)が、生活的・生存上の実利の有無を問わず、心を満足させることを主たる目的として行うものである。基本的には、生命活動を維持するのに直接必要な食事・睡眠等や、自ら望んで行われない労働は含まない。類義語として遊戯(ゆうぎ)がある(詳細後述)。


注釈

  1. ^ 『角川 新字源』では、第2義に「花柳界に遊ぶ」
  2. ^ 和訳版に(Huizinga 1963)がある。
  3. ^ 和訳版に(Caillois 1971)がある。

出典

  1. ^ a b c 福永光司「中国宗教思想史」『中国宗教思想 1』岩波書店〈岩波講座 東洋思想〉第13巻1990年、ISBN 4-00-010333-4 pp.98-107.
  2. ^ a b c d e f g h 広辞苑
  3. ^ a b 世界大百科事典』 第二版
  4. ^ 宝賀寿男「第六章 高志之利波臣の起源」『越と出雲の夜明け』法令出版、2008年。
  5. ^ a b c d e 『角川 新字源』
  6. ^ a b c d e f g h i j k l 大辞泉
  7. ^ a b c d e f g h i 大辞林』 第二版
  8. ^ a b c d e f 森下2000, p. 172.
  9. ^ a b c ホイジンガ(1973)pp.11-14
  10. ^ a b c d カイヨワ(1990)
  11. ^ a b c d e f g h 森下2000, p. 173.
  12. ^ a b c d 森下2000, p. 174.
  13. ^ a b 無籐隆 二宮克美、子安増生(編)「遊び」『キーワードコレクション 発達心理学』改訂版第3刷 新曜社 2005 ISBN 4788508923 pp.124-127.
  14. ^ ピアジェ 1976『遊びの心理学』黎明書房。
  15. ^ 河崎道夫編著1983『子どもの遊びと発達』ひとなる書房。
  16. ^ a b 中村哲之, 藤田和生, 瀧本彩加, 別役透, 渡辺創太, 森本陽, 溝川藍, 高岡祥子, 鹿子木康弘「)「研究開発コロキアム」報告〔要約版〕:〔グローバルCOE〕採択:遊び行動と認知機能の関係性についての比較認知科学的・比較認知発達科学的研究」『研究開発コロキアム : 平成20年度 成果報告書』、京都大学大学院教育学研究科、2009年3月、 22-23頁、 NAID 1200032386922021年11月22日閲覧。
  17. ^ a b c 森川愛. ““動物の心”に関する研究 (PDF)”. (ウェブサイト). 北海道大学農学部. 2021年11月22日閲覧。
  18. ^ 加藤由子 (2009年10月5日). “平成21年度横浜市立小学校長全体研修会 講演「動物学からみたヒトの子」 加藤由子先生 (PDF)”. Y・Y NET(公式ウェブサイト). 横浜市教育委員会. 2013年1月12日閲覧。
  19. ^ スー・ドナルドソン, ウィル・キムリッカ, 青木人志, 成廣孝 『人と動物の政治共同体 : 「動物の権利」の政治理論』尚学社、2016年、168頁。ISBN 9784860311261NCID BB22813976 
  20. ^ a b c 早木仁成 2005, p. 52.
  21. ^ 早木仁成 2005, p. 5.
  22. ^ a b 早木仁成 2005, p. 49.



遊び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/20 07:28 UTC 版)

雲見温泉」の記事における「遊び」の解説

ダイビング マクロワイド地形ナイトどのスタイル楽しめるダイビングサービス多数あり。 海水浴 雲見海岸赤井浜、千貫門の3ヶ所あり。 釣り 磯釣り船釣り楽しめるサービス店・宿あり。 ハイキング 波勝崎遊歩道三浦遊歩道の2コースあり。 甘夏みかん狩り 3月下旬から5月下旬まで。富士見農園にて。

※この「遊び」の解説は、「雲見温泉」の解説の一部です。
「遊び」を含む「雲見温泉」の記事については、「雲見温泉」の概要を参照ください。


遊び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 04:00 UTC 版)

子供」の記事における「遊び」の解説

一般に「遊び」とは気晴らしであったり非生産的捉えがちだが、これはあくまで大人の遊びに対するものであり、子供にとって遊びとは生活の中心にあり、特に幼児期には、生活の全てが遊びと言える。そして子供は遊びを通じて様々なことを学ぶ。1959年児童権利宣言第7条には「児童は遊びおよびレクリエーションのための充分な機会を与えられる権利有する。」と、子供にとって遊びが大切な要素である事を謳っている。 ヨハン・ホイジンガは、遊びを「自発的な行為活動であり、規則受け入れ従う中で緊張歓び感じつつ行う行為」と定めた子供は遊びの中で規則破って遊びそのもの破綻させないよう、自主・自立的に学習重ねる。大人模倣するようなごっこ遊び社会生活への興味喚起し態度性格形成するとともに演劇的性質芸術的創造発展させる事もできるとも論じられる

※この「遊び」の解説は、「子供」の解説の一部です。
「遊び」を含む「子供」の記事については、「子供」の概要を参照ください。


遊び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 02:54 UTC 版)

タンポポ」の記事における「遊び」の解説

草笛 - タンポポを笛として吹く。

※この「遊び」の解説は、「タンポポ」の解説の一部です。
「遊び」を含む「タンポポ」の記事については、「タンポポ」の概要を参照ください。


遊び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 15:33 UTC 版)

夢使い」の記事における「遊び」の解説

古代において「遊び」とは現代の「遊び」とは違う意味を持ち歌・音楽舞踏などによって神霊一体化する行為をそう呼んでいた。そのため夢使いによる「遊ぶ」という言葉は「戦う」に等しい意味を持つ。象形文字などは漢文学者の白川静影響がある。

※この「遊び」の解説は、「夢使い」の解説の一部です。
「遊び」を含む「夢使い」の記事については、「夢使い」の概要を参照ください。


遊び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/19 02:03 UTC 版)

マツ」の記事における「遊び」の解説

日本の子供の遊びV字型の二葉マツ2つ組み合わせ二人で互いに引いて遊ぶ遊びがあり松葉相撲などと呼ばれる根元部分短枝のこと。子供は「ハカマ(袴)」や「サヤ(鞘)」と呼ぶ部分引き裂かれた方負けである。似たような遊びをする植物スミレ類やオオバコなどが良く知られる球果松かさ松ぼっくり称され工作使われる和歌にも古来より取り上げられている。特に古くは「子の日小松引き」(新年最初の子の日小さマツを根ごと引き抜いてくる)という行事に合わせて和歌詠むことがあり、それらの和歌が残る。また高砂の松尾上の松などが歌枕として詠まれ、特に高砂の松はのちに謡曲高砂』の題材とされ名高いときはなまつのみどりも はるくれば いまひとしほの いろまさりけり(『古今和歌集巻第一春歌源宗于) たれをかも しるひとにせん たかさごの まつもむかしの ともならなくに同上第十七・雑上 藤原興風) ちとせまで かぎれるまつも けふよりは きみにひかれて よろづよやへん(『拾遺和歌集巻第一・春 大中臣能宣) 『高砂』(謡曲) 『老松』(同上) 『末の』(箏曲) 『松づくし』(上方唄端唄)(地歌箏曲作曲者不詳尽し』(地歌箏曲藤永検校作曲松風』(地歌箏曲岸野次郎三作曲 『新松尽し』(地歌箏曲松浦検校作曲松の寿』(地歌箏曲在原勾当作曲松竹梅』(地歌箏曲三つ勾当作曲根曳の松』(地歌箏曲三つ勾当作曲老松』(地歌箏曲松浦検校作曲尾上の松』(地歌箏曲作曲者不詳宮城道雄手付の栄』(地歌箏曲検校作曲松風』(山田流箏曲山田検校作曲の栄』(山田流箏曲二世山登検校作曲老松』(長唄杵屋六三郎作曲松の緑』(長唄四世杵屋六三郎作曲松襲』(一中節初代菅野序遊作曲松の羽衣』(一中節) 『老松』(常磐津初世常磐津文字太夫作曲老松』(清元富本豊前掾作曲老松』(地歌箏曲菊岡検校作曲』(箏曲宮城道雄作曲ローマの松』(交響詩レスピーギ作曲痩松やせまつ)』(狂言) 『富士松』(狂言) 『松の緑』(長唄) 『松の葉』(三味線歌謡集) 花札では1月絵柄として、「松に鶴」、「松に赤短」、カス2枚描かれる

※この「遊び」の解説は、「マツ」の解説の一部です。
「遊び」を含む「マツ」の記事については、「マツ」の概要を参照ください。


遊び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 07:24 UTC 版)

トモダチコレクション」の記事における「遊び」の解説

前作と同様緑色人影マークついている部屋に入るとそこにいる住民と遊ぶことができ、ゲームをすることでお宝手に入れることができる。ゲームに勝つと大・中・小の箱を選んで選んだ箱の大きさお宝もらえる負けるとティッシュまたはトイレットペーパーもらえるゲームランダムであり、以下のものがある。また、前作にはなかったゲームや廃止されゲームもある。 トントン相撲 ババ抜き 絵合わせ 対戦絵合わせ シルエットクイズ Wシルエットクイズ 超アップクイズ モザイククイズ 共通点クイズ キャッチ - もともともらえる宝物決まっていて、大・中・小の箱を選ぶことができない。 これらと別にアイテム手に入らない住人悩みとしてのミニゲームもある。 くしゃみ

※この「遊び」の解説は、「トモダチコレクション」の解説の一部です。
「遊び」を含む「トモダチコレクション」の記事については、「トモダチコレクション」の概要を参照ください。


遊び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 09:09 UTC 版)

ドラえもん (キャラクター)」の記事における「遊び」の解説

ドラえもん前述したように、友達タイプの子ロボットあるため基本的に趣味や遊びも子供範疇収まっている。特にのび太同様、漫画読んでいる場面が多い。その他、ジグソーパズルスライムヨーヨーけん玉などで遊んでいる場面があった。家の中でボーリングをして鏡を壊しママから怒られたこともあった。また、遊ぶだけでなくひみつ道具メンテナンス精を出すことも。作品後期になると外出しドラ焼き買い出し出かけたり後述ネコたち交流している描写目立つ。

※この「遊び」の解説は、「ドラえもん (キャラクター)」の解説の一部です。
「遊び」を含む「ドラえもん (キャラクター)」の記事については、「ドラえもん (キャラクター)」の概要を参照ください。


遊び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 11:14 UTC 版)

トモダチコレクション」の記事における「遊び」の解説

緑色人影マークついている部屋に入ると、そこにいる住民と遊ぶことができ、ゲームをすることでお宝手に入れることができる。ゲームに勝つと大・中・小の箱を選んで選んだ箱の大きさお宝もらえる負けるとティッシュまたはトイレットペーパーもらえる何のゲームをするかはランダムであり、以下の七つがある。 だるまさんがころんだ(唯一30秒時間制限がある) ババ抜き 絵合わせ シルエットクイズ 尻文字クイズ 一方的あっちむいてほい 本格的あっちむいてほいじゃんけんをして、勝ったほうが指を動かす) また、これらと別にアイテム手に入らないチャレンジ回数制限住人悩みとしてのミニゲームもある。 背中をかく

※この「遊び」の解説は、「トモダチコレクション」の解説の一部です。
「遊び」を含む「トモダチコレクション」の記事については、「トモダチコレクション」の概要を参照ください。


遊び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/09/13 09:54 UTC 版)

プラキン (曖昧さ回避)」の記事における「遊び」の解説

plakinプラキン)、死体ごっこの英語・planking短縮した言葉。 このページ曖昧さ回避のためのページです。一つ語句複数の意味職能有する場合水先案内のために、異な用法を一覧にしてあります。お探しの用語に一番近い記事選んで下さい。このページリンクしているページ見つけたら、リンクを適切な目に張り替え下さい

※この「遊び」の解説は、「プラキン (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「遊び」を含む「プラキン (曖昧さ回避)」の記事については、「プラキン (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「遊び」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

遊び

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 07:41 UTC 版)

和語の漢字表記

(あそび)

  1. あそび 参照
  2. すさび 参照

「遊び」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「遊び」に関係したコラム

  • FXのチャートのもみ合いとは

    FX(外国為替証拠金取引)のチャートがレンジで推移していることを「もみ合い」といいます。もみ合いは長い期間続くこともありますが、いつかはもみ合いが解消されて下降するか、上昇するかのいずれかの方向へ値動...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「遊び」の関連用語

遊びのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



遊びのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの遊び (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの雲見温泉 (改訂履歴)、子供 (改訂履歴)、タンポポ (改訂履歴)、夢使い (改訂履歴)、マツ (改訂履歴)、トモダチコレクション (改訂履歴)、ドラえもん (キャラクター) (改訂履歴)、プラキン (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの遊び (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS