相撲とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > 相撲 > 相撲の意味・解説 

すまい〔すまひ〕【相撲/角力】

読み方:すまい

動詞「すま(争)う」の連用形から》

すもう。また、すもうをとること。《 秋》

当麻蹶速(たいまのけはや)と野見宿禰(のみのすくね)とに—とらしむ」〈垂仁紀〉

「相撲(すまい)の節(せち)」の略。

「—のをり、内、春宮おはしませば」〈大鏡・兼家〉

相撲取(すまいと)り」「相撲人(すまいびと)」の略。

「—の負けてゐる後ろ手」〈一二五〉


すもう〔すまふ〕【相撲/角力】

読み方:すもう

動詞「すま(争)う」の終止連体形名詞化か》

裸でまわしをつけ、素手二人が、土俵内で相手を倒すか、または土俵外に出すことによって勝負を争う競技古く武術農耕儀礼神事として行われ平安時代には宮中年中行事として相撲(すまい)の節(せち)が行われた。室町時代至って職業力士生まれ近世になり土俵極まり手禁じ手定められた一般に日本の国とされる。「—を取る」《 秋》「—敗れしはずみの蹠(あうら)小さしとも/草田男」→大相撲

相撲取り」の略。

[下接語] (ずもう)足相撲腕相撲大相撲押し相撲女相撲勧進相撲給金相撲草相撲・拳(けん)相撲・上覧相撲座り相撲力相撲注文相撲・辻(つじ)相撲・花相撲・独り相撲奉納相撲本相撲前相撲負け相撲宮相撲村相撲指相撲四つ相撲寄り相撲

相撲/角力の画像
相撲(1)土俵

相撲

読み方:スモウ(sumou)

土俵上で二人の者が組み合い相手を倒すか、あるいは、土俵外に出すことによって勝負を決める競技


相撲

読み方:スマイ(sumai)

年占一つとして神意うかがい七夕豊凶を占う神事芸能。のちには武技となる。


相撲

歴史と沿革


相撲の歴史古く『古事記』などにも見られます神事として皇室との結びつき深くまた、祭り農耕儀礼における行事一つとして発展していきます日本の国技として親しまれているほか、近年日本発祥武道から発展したスポーツとして国際的に愛好者増えてます。

 ● 大相撲略史年表
時代 年月 内容



不明 国ゆずりの力くらべ : (古事記
出雲国稲佐小浜高天原系の建御雷神出雲系の建御名方神が「力くらべ」によって「国ゆずり」という問題解決した
不明 野見宿禰のみのすくね)と当麻蹶速たいまのけはや)の相撲 : (日本書紀
第十一代垂仁天皇御前野見宿禰当麻蹶速が日本一を争った。これが天覧相撲始まり伝えられるまた、野見宿禰は相撲の神様として祀られている。









皇極天皇元年
642年
百済使者饗応のため健児召集して相撲をとらせる
天平6年7月
734年
聖武天皇相撲を天覧相撲節会端緒
延暦12年7月
793年
桓武天皇相撲天覧この頃より天覧相撲毎年恒例となる。
承安4年7月
1174年
高倉天皇相撲天覧最後に400年およんだ相撲節会典儀廃絶する。











文治5年4月
1189年
鎌倉八幡宮において源頼朝上覧相撲
室町時代
(1333-1573年)
室町末期より職業相撲が発生
元亀元年3月
1570年
近江国常楽寺において織田信長上覧相撲

江戸時代以降の年表こちらへ。


競技方法/ルール

まわしを締めた2人競技者力士土俵上で勝負争い相手身体足の裏以外)を土につけるか、土俵外に出すことで勝利となります。相撲は「礼に始まって礼に終わる」といわれるように、礼儀作法重視されています。

土俵作法

1) 花道から控えに入るときは土俵向かって一礼をし、土俵上の力士基本である「蹲踞」(そんきょ中腰)の姿勢互いに向かい合う
2) 四股を踏む東方赤房下、西方白房下で力水をつける。力水をつけてもらった力士徳俵近くに戻り蹲踞をして「塵(ちり)を切る」(両手前に出して手の平打ち左右に広げ手の平をかえすこと)。
3) 土俵邪気払い清めて、力士ケガをしないように塩をまく。
5) 勝った力士蹲踞し、右ひざ内側手刀を切り、行司勝ち名乗りを受ける。さらに懸賞金受け取る時は、右手で左、右、中と手をかざして手刀を切る

決まり手
決まり手とは、勝負決めた技のことです。 決まり手 には82種の「技」と5つの「勝負結果(非技)」があります。 


その他

土俵
現在の土俵は、「一辺が6m70cmの正方形土台に高さ34~60cmの土を盛りその中央に直径4m55cmの円を20俵の俵でつくる」と決められています。

番附
力士行司年寄地位を示す一覧表のこと。現在の番附には若者頭世話人呼出十枚目以上)、床山 (特等)の名前も記載されます。中央に書かれる「蒙御免の文字は「ごめんこうむる」と読み、その近くに開催年月日と場所、審判委員書かれてます。番附独特の相撲字書かれ上位になるほど文字大きく太くなり、地位下がにつれて小さく細くなります

相撲字番附表を書くのは行司役目で、行司が書く番附を「元書きといいます千秋楽3日後に開かれる番附編成会議で翌場所の力士地位決まると、担当行司タテ110cm、ヨコ80cmの用紙書いていきます。元書き仕上がると約4分の1大きさタテ58cmヨコ44cm)に縮小して印刷されます。

本場所
日本相撲協会主催する大相撲定期興行のことで、現在は年に6回開催されています。

場 所


相撲

読み方:スモウ(sumou)

土俵内でふたりが裸で組み合い力をたたかわして勝負を決めるわざ

季節

分類 人事


相撲

読み方:スモウ(sumou)

初演 安永4.11(江戸・中村座)


相撲

読み方:スモウ(sumou)

作者 寺田寅彦

初出 昭和10年

ジャンル 随筆


相撲

読み方
相撲すもう

相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/23 19:26 UTC 版)

相撲すもうは、土俵の上で力士が組合って戦う形を取る日本古来の神事で、同時にそれを起源とする武芸武道の一つ。興行としては大相撲が行われている。日本由来の武道格闘技スポーツとして国際的にも認知されている。


  1. ^ 歌川国貞画:大判錦絵:杣ヶ花 渕右エ門(そまがはな・ふちえもん)
  2. ^ a b c 「江戸の遊び~けっこう楽しいエコレジャ~」を巡る話題から(3)みるきく楽しみ横山美佳、東北大学附属図書館報、Vol. 32, No.1 2007
  3. ^ a b c d 井上宗一郎「民俗学における競技の対象化に関する一考察 : 近世以降の素人相撲をめぐる競技体系の近代化から(第Ⅲ部 術語と概念の地平)」『国立歴史民俗博物館研究報告』第165巻、国立歴史民俗博物館、2011年3月、 225-249頁、 doi:10.15024/00001912ISSN 02867400NAID 1200057488882021年4月30日閲覧。
  4. ^ 大相撲ジャーナル』2017年8月号、59頁
  5. ^ 日本書紀
  6. ^ 野見宿禰神社創建
  7. ^ 日本書紀』、巻第十四
  8. ^ 日本書紀』、巻第二十四
  9. ^ 日本書紀』、巻第二十九
  10. ^ 日本書紀』、巻第三十
  11. ^ 続日本紀
  12. ^ 酒井, pp. 5–6.
  13. ^ 酒井, p. 61.
  14. ^ 秋澤亙・川村裕子『王朝文化を学ぶ人のために』 世界思想社、2010年8月2日、ISBN 978-4790714880
  15. ^ 酒井, p. 62.
  16. ^ 酒井, p. 69.
  17. ^ 酒井, p. 71.
  18. ^ 酒井, p. 73.
  19. ^ 渡辺達三, 近世広場の成立・展開火除地広場の成立と展開 (2)}」『造園雑誌』 36巻 2号 1972年 p.27-34, 日本造園学会, doi:10.5632/jila1934.36.2_27
  20. ^ 牛垣雄矢、田中絵里子、畠山輝雄、佐野 充、「交差の界隈性 : 現代東京における江戸の見附地と辻の役割」『国際交通安全学会誌』 Vol.30 No.2 p.118-128, 2005年8月, 国際交通安全学会, NAID 10019342059
  21. ^ 日本の相撲は驚くほど美しかった。貴重な19世紀の写真は伝える
  22. ^ エントリーは2人だけ…相撲競技が初の中止 福井県中学校秋季新人競技大会、連盟は危機感 福井新聞 2021年10月18日 午後5時10分 (2021年10月19日閲覧)
  23. ^ a b c 吉崎祥司・稲野一彦『相撲における「女人禁制の伝統」について』 北海道教育大学紀要. 人文科学・社会科学編 / 北海道教育大学編.. 59(1) 2008年8月、71-86頁 ISSN 1344-2562
  24. ^ a b c 金田英子「興行としての女相撲に関する研究」『日本体育大学紀要』第22巻第2号、日本体育大学、1993年3月、 p97-102、 ISSN 02850613NAID 110000304553
  25. ^ a b 金田英子「1212505 北九州地方における女相撲について : 長崎県・佐賀県の場合」『日本体育学会大会号』第43回(1992)、日本体育学会、1992年、 907頁、 doi:10.20693/jspeconf.43B.0_907NAID 110001909621
  26. ^ 石浦外喜義『弱くても勝てる 強くても負ける』幻冬舎、2017年4月20日、8頁、ISBN 978-4344031036
  27. ^ 大空出版相撲ファン』vol.06、103頁
  28. ^ 格闘技大国ジョージアで高まる相撲熱”. 日本経済新聞 (2018年3月7日). 2020年6月10日閲覧。



相撲(すまい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/05 17:35 UTC 版)

コロヨシ!!」の記事における「相撲(すまい)」の解説

旧国技。古くは「棒舞い」と呼ばれた掃除に対して、棒(長物)を使わず素手で行われるため「素舞い」から転じたとされるどのような競技だったのかはタブーとされている戦争中行った国域拡大に相撲が関わっていたという暗い歴史を持つ。かつて居留地占領した際に文化融合という位置付け行っていた。

※この「相撲(すまい)」の解説は、「コロヨシ!!」の解説の一部です。
「相撲(すまい)」を含む「コロヨシ!!」の記事については、「コロヨシ!!」の概要を参照ください。


相撲(NHK)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 06:03 UTC 版)

スポーツ中継」の記事における「相撲(NHK)」の解説

大相撲は、本場所総合テレビでは主に十両途中から生中継し、衛星放送も行う。 場所中の深夜には、幕内の全取組を「大相撲・幕内の全取組」という番組ダイジェスト放送アマチュア横綱決め全日本相撲選手権大会中継

※この「相撲(NHK)」の解説は、「スポーツ中継」の解説の一部です。
「相撲(NHK)」を含む「スポーツ中継」の記事については、「スポーツ中継」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「相撲」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

相撲

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 09:34 UTC 版)

名詞1

この単語漢字
すまい
第三学年 常用漢字
熟字訓

(すまい)

  1. すまい漢字表記。

名詞2

この単語漢字
すもう
第三学年 常用漢字
熟字訓

(すもう)

  1. すもう漢字表記。

名詞3

この単語漢字
そう
第三学年
ぼく
常用漢字
音読み 音読み

(そうぼく)

  1. 互いになぐり合うこと。
  2. すもう

「相撲」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



相撲と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

相撲のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



相撲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2022 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの相撲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのコロヨシ!! (改訂履歴)、スポーツ中継 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの相撲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS