千秋楽結びの一番とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 千秋楽結びの一番の意味・解説 

千秋楽結びの一番

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/31 05:43 UTC 版)

千秋楽結びの一番(せんしゅうらくむすびのいちばん)とは、大相撲本場所千秋楽における幕内の最後に行われる取組であり、これより三役の最後の取組でもある。原則番付上位2名(通常、東西正横綱同士が最も多い)が対戦する。本項では、幕内の取組がすべて中入り後に組まれるようになった1927年(昭和2年)1月場所以降の、千秋楽結びの一番を記す。




  1. ^ 1952年1月場所より、東冨士→東富士に改名
  2. ^ 1954年9月場所より、千代ノ山→千代の山に改名
  3. ^ a b c 後の51代玉の海
  4. ^ 後の56代横綱若乃花(2代)
  5. ^ 後の60代双羽黒
  6. ^ a b 後の65代横綱貴乃花
  7. ^ 後の66代若乃花
  8. ^ a b 46代横綱朝潮
  9. ^ 2011年3月場所は、開催中止
  10. ^ 当時は貴花田→貴ノ花
  11. ^ a b 当時若ノ花


「千秋楽結びの一番」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「千秋楽結びの一番」の関連用語

千秋楽結びの一番のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



千秋楽結びの一番のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの千秋楽結びの一番 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS