実業団横綱とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 実業団横綱の意味・解説 

実業団横綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/25 23:43 UTC 版)

実業団横綱(じつぎょうだんよこづな)とは、日本実業団相撲連盟が主催する全日本実業団相撲選手権大会の優勝者に贈られる称号である。当年の大相撲11月場所新弟子検査の時点で25歳未満[1]の選手が実業団横綱となった場合には、大相撲において幕下15枚目格の幕下付出の資格を取得する。実際に実業団横綱を取得して大相撲入りするケースは稀であったが、最近は増加の傾向にある。




  1. ^ 優勝した時点で24歳であっても、25歳を迎える前に新弟子検査を受検しなければ付出資格は失効する。
  2. ^ 1990年度の学生横綱・池森ルイス剛以来となる、いわゆるアマチュア相撲のビッグタイトル(アマチュア横綱、学生横綱、実業団横綱、国体横綱)を取得した日本人以外の選手である[要出典]。さらに池森の場合は日系ブラジル人3世であるため、純然たる日本人以外の選手としては史上初である[要出典]
  3. ^ 親子優勝(父は冨田忠典)。
  4. ^ 兄弟優勝(兄は黒川宗一郎)。


「実業団横綱」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「実業団横綱」の関連用語

実業団横綱のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



実業団横綱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの実業団横綱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS