公傷制度とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 公傷制度の意味・解説 

こう しょうせいど -しやう- [5] 【公傷制度】


公傷制度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/18 08:04 UTC 版)

公傷制度(こうしょうせいど)は、大相撲にかつて存在した、負傷休場した横綱以外の力士に対する救済措置である。




  1. ^ 昭和58年(1983年)までは同じ地位に張り出される形であった。
  2. ^ 霧島は2場所連続負け越しにより、同11月場所限りで大関から関脇陥落が決定した。
  3. ^ この場所で霧島は10勝以上すれば大関特例復帰を果たせたが、結局5勝10敗の負け越しに終わった。
  4. ^ 慎重な議論必要…“公傷制度復活”は当面見送り Sponichi Annex 2011年5月3日 06:00


「公傷制度」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「公傷制度」の関連用語

公傷制度のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



公傷制度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの公傷制度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS