稽古とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 稽古 > 稽古の意味・解説 

けい‐こ【稽古】

読み方:けいこ

[名](スル)《古(いにしえ)を稽(かんが)えるの意》

芸能武術技術などを習うこと。また、練習。「―に励む」「―をつける」「毎日―して上達する

芝居などで、本番前練習下げいこリハーサル。「総―」

昔の書を読んで物の道理故実を学ぶこと。学問

学窓集めて、―に隙なき人なれば」〈太平記一二


稽古(けいこ)


稽古

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/07 14:45 UTC 版)

稽古(けいこ)とは、広く芸道に共通して使われる、主に練習を指す言葉である。


  1. ^  孔子. 尚書/堯典. - ウィキソース. 
  2. ^ 南谷直利、北野与一 「稽古」及び「練習」の語誌的研究 北陸大学 紀要, 2002
  3. ^ a b c 西平直『稽古の思想』 春秋社 2019年 ISBN 978-4-393-31303-9 pp.18-24,49-52,
  4. ^ 小笠原敬承斎 『武家の躾 子供の礼儀作法』 光文社新書 2016年 pp.187 - 188.
  5. ^ 鍋に熱燗2本注いだ北の湖さん ぼそりと「下積みが…」 朝日新聞DIGITAL 2020年9月26日 11時00分 (2020年10月12日閲覧)
  6. ^ 『大相撲中継』2017年11月18日号 p8
  7. ^ 田中亮『全部わかる大相撲』(2019年11月20日発行、成美堂出版)p.106
  8. ^ コトバンク-出稽古
  9. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年6月号70頁


「稽古」の続きの解説一覧

稽古

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 10:15 UTC 版)

宝生九郎知栄」の記事における「稽古」の解説

門下多くの俊英生んだ九郎であったが、その稽古が厳しかったことは夙に名高い6歳年下で、九郎片腕役を務めた松本金太郎は「なにしろこの老人ぶんなぐるんですからね」と周囲師匠自慢半分こぼしていたという。 野口兼資によれば、その稽古は理屈などは一切抜きで、まず一度は自分でやってみせ、それから出来るまで何度も弟子繰り返させる、というものであり、兼資らは一心に九郎の芸を真似ることに努めたという。そして九郎が「ちつとは自分の考へも入れてやつて見ろ」と促すので、実際に弟子自分なり工夫をして演じると、「考へてやれといつたとてあれは何だ、あんな変なことをやる奴があるか」と叱られる、といった具合であった対して上手く出来た際に決まって、「まあ、あれぐらいなら他流の人が見て恥かしくはないよ」という言い方賞めたという。 近藤乾三は、九郎の「せめて下手になれ」という言葉繰り返し語っている。

※この「稽古」の解説は、「宝生九郎知栄」の解説の一部です。
「稽古」を含む「宝生九郎知栄」の記事については、「宝生九郎知栄」の概要を参照ください。


稽古

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 10:06 UTC 版)

櫻間伴馬」の記事における「稽古」の解説

伴馬の稽古が厳しかったことは、弟子たち口を揃えて語るところである。甥の道雄によれば伴馬の教え方ひたすらに実地的なもので、理屈一切抜きであった。 その厳しさ子方子役相手でも変わらず後の喜多流宗家喜多実は、幼い頃七騎落の子方として借りられた際、何の容赦もなく叱りつけてくる伴馬の気迫に、思わ縮み上がるとともに悔しさ覚えたという。もっともこれが災いすることもあって、「安宅」の稽古中、子方厳しく叱ったあまりにその父親怒ってその子連れて帰ってしまい、弱って姉婿に「白髪頭でもよいからお前やれ」と頼む、というようなこともあった。 稽古・習道論としては、「芸の向上は瓢箪如し」が持論であった。つまり、最初のうち自らの不足が解るので、その空洞埋めるように稽古に励むことが出来るが、それが満たされてくると安心・慢心起こってくる。それを脱するはちょう瓢箪の狭い節を抜けるよう難しいことで、それには良き師教導欠かすことが出来ない。そうしてその節抜け出すと、今度はまた広いところに出て自らの不足に気付かされる。そこで再び稽古に励むが、また節に近づく安心してしまう。伴馬は芸の進歩とはその連続であると考えており、かつその形は「瓢箪小さいのから大きいのを順々に継ぎ合した」ような具合で、節を抜けるたびにその空洞はどんどん大きくなっていく、即ち自分の不足を感じることがどんどん増していき、次第慢心からも遠ざかっていくことができるのだという。

※この「稽古」の解説は、「櫻間伴馬」の解説の一部です。
「稽古」を含む「櫻間伴馬」の記事については、「櫻間伴馬」の概要を参照ください。


稽古

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 03:54 UTC 版)

観世元滋」の記事における「稽古」の解説

幼少期厳しい稽古については前述の通りであるが、その後若くして師を失った左近は、宗家伝わ数々の伝書類を研究しながら、独学によってその芸を完成させることとなった実弟片山博通も「先生の芸は徹頭徹尾頭から割り出したものであつた」と回想している。 成人後舞台立って稽古をすることは全くといっていいほどなく藤波紫雪は、「多分、床に入られてから、あれこれ考え工夫考案し居られたものと思います。…(中略)…お若時によほどしっかり叩き込んでおありになったのでしょう」と語っている。

※この「稽古」の解説は、「観世元滋」の解説の一部です。
「稽古」を含む「観世元滋」の記事については、「観世元滋」の概要を参照ください。


稽古

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 15:54 UTC 版)

内神道」の記事における「稽古」の解説

稽古には「温故知新」と「武道不易」という考え導入されているという。この武門の稽古は、創始者1970年代に、「柳生柔術」の経験山間めぐりをした時期日本国武術の稽古と楊式太極拳の稽古の融合はかった結果であろうとみられている朝日新聞2009年3月筑波山達人」から)。技と稽古は以下のものが行われている。 81式型 - 基礎門、中門、全門の三門にわけて、それぞれの健康門、武道門。 99式型 - 基礎門、中門、全門の三門にわけて、それぞれの健康門、武道門。 13式刀 54式剣 15式棍 - 単人法、双人法、双人円法、双人動歩四法 弓 - 彎弓法 対練手 - 単推手、双推手、四正推手四隅推手90式散手対打、連続散手、自由散打

※この「稽古」の解説は、「内神道」の解説の一部です。
「稽古」を含む「内神道」の記事については、「内神道」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「稽古」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「稽古」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



稽古と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「稽古」の関連用語

稽古のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



稽古のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
たのもうや@武道具店たのもうや@武道具店
Copyright(c)2023 SHOJI Martial Arts Equipments Shop All rights reserved.
たのもうや@武道具店剣道用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの稽古 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの宝生九郎知栄 (改訂履歴)、櫻間伴馬 (改訂履歴)、観世元滋 (改訂履歴)、内神道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS