角番とは?

かど‐ばん【角番】

囲碁・将棋で、五番・七番など続け対局した結果勝敗決め場合、この勝負勝敗が決まるという一番。「角番に立つ」

相撲で、勝ち越さなければ番付が下がるという局面。「角番大関


かど ばん [0]角番

囲碁・将棋などの連続した対局で、勝負が決まる局番。七番勝負ならば三敗した次の一戦 -に立つ -に追い込まれる
相撲で、負け越せば、その地位から転落するという局面大関

角番

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/20 15:33 UTC 版)

角番(かどばん)は、大相撲本場所において負け越しをした場合に、その地位から陥落するという状況である[1]。通常は、現役大関の力士に対して用いられる[2]。新聞などでは「」の漢字を「かく」「つの」等と読み間違えしない配慮で「カド番」「かど番」かな字で表記する場合が多い。




  1. ^ 「観戦必携/すぐわかる スポーツ用語辞典」1998年1月20日発行、発行人・中山俊介、76頁。
  2. ^ 他の地位に対して用いられる例もある。例えば、2009年7月場所(名古屋場所)の出島武春は十両陥落の危機にあり、場所中の朝日新聞の記事に「幕内角番」と説明された。
  3. ^ (国家的な行事や、突発的な大災害、また相撲界の不祥事などで)取り組み日数の減少があった場合でも、実際に行われた日数の3分の2以上で計算する事となっている(13日に短縮された場合は9勝で条件を満たす、等)。
  4. ^ 適用第一号は1983年9月場所の4代朝潮
  5. ^ 大関陣の不甲斐なさを示す意外な数字・~カド番大関・千代大海らの罪~ SportsGraphic NuberWeb 2009/05/22 06:01
  6. ^ 幕下時代の1990年11月場所からの記録だと通算55場所連続勝ち越し(歴代1位)となる。



角番

出典:『Wiktionary』 (2014/05/05 23:31 UTC 版)

名詞

かどばん

  1. 囲碁将棋などにおいて、複数回の対局により勝敗決め番勝負が行われている時に次の対局負けると番勝負敗北決定するという状態。たとえば五番勝負三勝先取)で、すでに二敗している場合など。カド番とも書く。
  2. 大相撲において、その場所で勝ち越さないと番付が下がる状態。おもに、前の場所で負け越し大関について使われる。カド番とも書く。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「角番」の関連用語

角番のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



角番のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの角番 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの角番 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS