豪栄道豪太郎とは?

豪栄道豪太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/04 02:38 UTC 版)

豪栄道 豪太郎(ごうえいどう ごうたろう、1986年4月6日 - )は、大阪府寝屋川市出身で境川部屋所属の現役大相撲力士である。本名は澤井 豪太郎(さわい ごうたろう)、愛称はゴウタロウ、豪ちゃん。GAD。身長184cm、体重160kg、血液型はB型。得意技は右四つ・寄り・出し投げ・切り返し・外掛け・首投げ。趣味は格闘技テレビ観戦、漫画雑誌を読むこと。好きな食べ物は牛肉、嫌いな食べ物は生魚納豆漬け物。最高位は東大関締め込みの色は現在は黒色。いわゆる「花のロクイチ組」の1人[3]




  1. ^ 好角家で知られるアイドルの山根千佳の発言より。
    Sports Graphiv Number PLUS April 2017(文藝春秋、2017年4月10日)p92
  2. ^ 豪栄道 豪太郎”. goo 大相撲 大相撲名鑑. goo. 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月23日閲覧。
  3. ^ 大空出版『相撲ファン』vol.06 p68-71
  4. ^ 自著『すもう道まっしぐら!』12ページ
  5. ^ 自著『すもう道まっしぐら!』には「嫌々始めた」とある。
    読売新聞 2017年10月07日
  6. ^ この道場には同学年のも通っていた。
  7. ^ 小学6年時のわんぱく相撲では前年度のわんぱく横綱として土俵入りを披露し、その際には太刀持ちとして東口(現幕内・勢)を引き連れていた[要出典]
  8. ^ a b 『大相撲ジャーナル』2013年10月号
  9. ^ 『相撲』2004年12月号 143頁天皇賜杯第53回全日本相撲選手権大会観戦のすすめ 高校生の幕下付け出しなるか
  10. ^ a b c d e f g h i j k l 北辰堂出版『昭和平成 大相撲名力士100列伝』(塩澤実信、2015年)223ページから224ページ
  11. ^ 『大相撲ジャーナル』2016年12月号20ページ
  12. ^ 『大相撲ジャーナル』2014年12月号42頁
  13. ^ 『大相撲ジャーナル』2016年12月号14ページ
  14. ^ a b 雑誌『大相撲中継』 2006年九州場所展望号「新十両力士の素顔」
  15. ^ 四股名の最終候補まで残ったものは「豪栄道」と「富士の山」という名前だった。
  16. ^ a b 豪栄道“精進あるのみ”野球賭博で迷惑かけた親方に恩返しを Sponichi Annex 2014年7月29日 07:55
  17. ^ 2003年2月に師匠は年寄名跡を「中立」から「境川」に変更。その際に姓名判断の先生から「数年後に『豪』という字に縁のある人間と出会う」と言われ、下の名前も「豪章(ひであき)」に改名(本名は小林秀昭)した。その2年後、澤井が入門を志願(下の名前は豪太郎)した。境川はこの出来事に対して「スカウトもしてないのに、あいつから入りたいと言ってきた時はぞっとした」と述懐している[16]
  18. ^ 朝日新聞 2010年6月29日
  19. ^ 野球賭博:元琴光喜ら書類送検 捜査終結へ 毎日新聞(毎日jp) 2011年3月3日
  20. ^ 平幕で3場所連続2ケタ勝利は出羽錦、吉葉山、若秩父に続いて49年ぶりにして史上4人目の記録である。
  21. ^ 豪栄道 大阪出身力士初!吉本興業の懸賞金ゲット Sponichi Annex 2012年3月17日 06:00
    なお、この場所で大阪出身力士初として初めて吉本興業の懸賞金を獲得した。同社はのちに懸賞を同じ大阪の出身である勢にも提供している。
  22. ^ 豪栄道、左肘の手術明かす MSN産経ニュース 2012年6月29日閲覧
  23. ^ この一番では豪栄道が日馬富士を土俵際まで寄った際に審判を務めていた湊川(元小結・大徹)が「日馬富士の足が出た」と挙手し、立行司39代式守伊之助(現・37代木村庄之助)は取組を止めさせた。協議の末に審判部長である鏡山親方(元関脇・多賀竜)は「向正面の審判が日馬富士の足が出たと勘違いし、手を挙げてしまいました。したがってもう一度、やり直しという形でやらせていただきます」と誤審を認める説明を行い、史上初の「やり直し」の裁定となった。やり直しの一番では日馬富士に敗れ、豪栄道は「負けは負けですから」と取組後に語った。
  24. ^ 大誤審「日馬の足出た」/九州場所 nikkansports.com 2012年11月20日9時47分 紙面から
    「やり直し」について協会広報部は「少なくとも戦後で同様の記録が残っていない。」との見解を示した。
  25. ^ 「物言い」で最多4敗 豪栄道に「そりゃないで賞」 日刊スポーツ 2016年12月14日10時15分 紙面から
    この取り組みから窺がえるように豪栄道は物言いの付く接戦に弱く、2016年の幕内の土俵では最多となる物言いの付いた取り組みで4敗を喫している。しかもその全てが最初は自身に軍配が上がった取り組みであり、3回は差し違え、1回は取り直しであった。
  26. ^ 豪栄道の送迎担当 稽古中に自宅侵入、高級腕時計盗む Sponichi Annex 2013年4月24日 06:00
  27. ^ 豪栄道関の腕時計窃盗 警視庁、容疑の元運転手逮捕 :日本経済新聞
  28. ^ 相撲デスク・佐々木一郎 5:13 - 2013年7月8日
  29. ^ 相撲記者の佐々木一郎は言い訳にすることや同情されることを嫌う性格だという考えを述べた[28]
  30. ^ 豪栄道は昭和以降3位の9場所連続関脇 秋場所新番付 MSN産経west 2013年9月2日 13時00分配信
  31. ^ 寝屋川市ふるさと大使 豪栄道豪太郎関”. 2015年11月15日閲覧。
  32. ^ 豪栄道、挑み続けた大関昇進 千秋楽で勝負師の本領発揮:朝日新聞デジタル 朝日新聞 2014年7月28日10面
  33. ^ 秘めた思い「土俵に出ていた」 横綱審議委員長が評価 豪栄道大関昇進へ:朝日新聞デジタル 2014年7月29日20面
  34. ^ 鶴竜、初の綱とり=遠藤は東筆頭に躍進-大相撲春場所新番付 時事ドットコム
  35. ^ 豪栄道、きょうの千秋楽に勝てば大関昇進へ 朝日新聞DIGITAL 2014年7月27日14時39分
  36. ^ 白鵬、史上3人目の30度目V…豪栄道は大関昇進へ/名古屋場所 SANSPO.COM 2014.7.27 17:56
  37. ^ 豪栄道、大関に昇進  相撲協会臨時理事会が満場一致 京都新聞 2014年07月30日配信 同日閲覧
  38. ^ 豪栄道大関昇進へ 大阪出身44年ぶり DAILY SPORTS ONLINE 2014年7月27日
  39. ^ 大関豪栄道「これからも大和魂を貫く」 日刊スポーツ 2014年7月30日
  40. ^ 新大関の豪栄道、夏巡業を全休 左膝負傷で 日本経済新聞 2014/8/4 18:03
  41. ^ 豪栄道の母も感激「昇進にびっくり」 Daily Sports Online 2014年7月28日
  42. ^ 豪栄道、棚ぼたの大関初白星 不戦勝、続く緊張感 朝日新聞 2014年9月15日19時45分
  43. ^ 逸ノ城、2日連続大関撃破…豪栄道を上手投げ YOMIURI ONLINE 2014年09月25日 19時37分
  44. ^ 豪栄道、白鵬戦3連勝 見せ場つくった nikkansports.com 2014年9月26日20時45分
  45. ^ 豪栄道、千秋楽勝ち越し「ホッとした」 nikkansports.com 2014年9月28日19時52分
  46. ^ 『大相撲ジャーナル』2014年12月号34ページ
  47. ^ 『大相撲ジャーナル』2015年6月号54頁
  48. ^ 豪栄道が左肩骨折で休場 白鵬破った一番で負傷 日刊スポーツ 2015年5月23日11時55分
  49. ^ 豪栄道、千秋楽負け越しかど番へ「反省して来場所」 日刊スポーツ 2015年9月27日20時43分
  50. ^ 豪栄道 右手首痛で「まだ相撲を取っていない」ぶっつけで初場所も スポニチ 2015年1月4日
  51. ^ 白鵬は1敗キープ デイリースポーツ 2015年1月21日
  52. ^ a b c 『相撲』2016年11月号4ページ
  53. ^ 13日目の白鵬戦では白鵬が変化したこともあって腰砕けで敗れている。
    『大相撲ジャーナル』2016年9月号16ページ
  54. ^ 『大相撲ジャーナル』2016年12月号16ページ
  55. ^ 東京新聞 2016年12月19日 朝刊
  56. ^ 豪栄道、隠岐の海に見せた意地 「負けないと思ってた」
  57. ^ 豪栄道、稀勢の里下し11連勝!日馬、遠藤が痛恨の2敗目
  58. ^ 優勝王手の豪栄道、日馬富士を破った首投げ「褒められた技じゃないけど…」
  59. ^ 豪栄道は8人目かど番V 過去に小錦、魁皇、栃東ら
  60. ^ 初V豪栄道、高卒エリートも大関で苦しむ 史上4位のスロー記録も
  61. ^ a b “豪栄道が初優勝 14連勝で決めた、大阪出身86年ぶり 来場所綱獲り”. SPONICHI ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2016年9月24日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/09/24/kiji/K20160924013414500.html 2016年9月24日閲覧。 
  62. ^ 豪栄道が母の前で初優勝、うれし涙 つらい日々に「少し報われました」
  63. ^ 初V豪栄道「不安でいっぱい」前夜一睡もできず 記録ずくめの悲願
  64. ^ 豪栄道が男泣き初V!かど番からイッキ綱とりだ/秋場所
  65. ^ 豪栄道 史上初のカド番から全勝Vで締めくくり 来場所綱獲りへ弾み
  66. ^ 過去の全勝優勝力士99人/一覧
  67. ^ 全勝優勝の豪栄道「何か不思議な気分」「大満足です」
  68. ^ 綱獲り豪栄 史上25人目20連勝!日本人力士94年貴乃花以来
  69. ^ 豪栄道、初黒星 玉鷲に突き落としで敗れる 20連勝でストップ
  70. ^ 豪栄道2敗目、物言いで軍配覆る「何とも言えないです」
  71. ^ 豪栄道、4敗でV消滅「相撲人生が終わるわけではない」/九州場所
  72. ^ 豪栄道の綱とり場所は9勝6敗「応えられなかった」
  73. ^ 豪栄道、『功労賞』受賞「辛い日もあったけど、少し報われた」 SANSPO.COM 2016.12.21 05:01
  74. ^ マービンJr.“先輩”豪栄道の休場に「正直、ほっとしてます!」/初場所
  75. ^ 豪栄道「ぐねった」足首捻挫か 病院「帰ってから」
  76. ^ 大相撲 豪栄道が休場 1敗の稀勢の里は不戦勝に
  77. ^ 豪栄道は全治1カ月 右足関節外側靱帯損傷
  78. ^ 豪栄道が地元・大阪で無念の休場 右足関節靱帯損傷で…
  79. ^ 豪栄道が夏場所向け本格的に稽古再開 毎日新聞2017年4月24日 18時39分
  80. ^ 佐田の山さん追悼で力士ら黙とう 豪栄道「頑張らないといけない」 DAILY SPOTRS ONLINE 2017.5.3
  81. ^ 日刊スポーツ 2017年6月23日
  82. ^ 大関豪栄道、かど番Vへ意欲「順調に来ている」 夏巡業で9戦全勝 デイリースポーツ 2017.8.7
  83. ^ 豪栄道が日馬富士から新トレーニングを伝授される「見た目以上にキツい」 2017年8月13日18時10分 スポーツ報知
  84. ^ 大関・豪栄道、始球式で苦笑い「選手に当たらなくて良かった」 SANSPO.COM(産経新聞社)2017.8.18 18:36 (2017年8月23日閲覧)
  85. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年12月号p38
  86. ^ 『大相撲中継』2017年10月13日号 p.7.
  87. ^ 東京中日スポーツ 2017年10月19日
  88. ^ 豪栄道、九州場所へ雪辱期す「まだ1週間ある。ここから状態を上げていきたい」 SANSPO.COM 2017.11.3 19:35(2017年11月5日閲覧)
  89. ^ 『相撲』2018年3月号 p.46-47
  90. ^ 豪栄道休場で59年ぶり大関不在、7度目のかど番へ (日刊スポーツ)
  91. ^ 豪栄道、高安、栃ノ心に明暗 出稽古で3大関集結(日刊スポーツ)
  92. ^ <大相撲名古屋場所>関取衆が書いた七夕の願い事。豪栄道「優勝」
  93. ^ 豪栄道 七夕の願いは優勝「目標はでかい方がいい」(デイリースポーツ)
  94. ^ 『大相撲ジャーナル』2018年9月号 p.16
  95. ^ a b 朝日新聞2013年11月16日付16面
  96. ^ 豪栄道が横綱になるために必要なものとは アスリートジャーナル 2014.7.29
  97. ^ a b c 『大相撲ジャーナル』2016年12月号10ページ
  98. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年2月号54ページ
  99. ^ 『大相撲中継』2017年10月13日号 p.52.
  100. ^ 『相撲』2013年11月号『豪栄道は大関への足固めをすることができるのか!?』
  101. ^ 『大相撲ジャーナル』2014年12月号63頁
  102. ^ 『大相撲中継』2017年9月16日号 p71
  103. ^ 『大相撲中継』2017年11月18日号 p70-71
  104. ^ 『大相撲中継』2017年5月27日号51-52頁
  105. ^ 嘉風「ああ疲れた。遠藤は左を差したらうまい」 SANSPO.COM 2017.5.24 19:44
  106. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年12月号p30
  107. ^ 『大相撲中継』2018年2月17日号 p.31
  108. ^ 『大相撲ジャーナル』2018年9月号 p.22
  109. ^ 豪栄道、攻め間違いが招いた結果/大ちゃん大分析 日刊スポーツ 2019年3月19日8時16分(日刊スポーツ新聞社、2019年3月19日閲覧)
  110. ^ Rikishi in Juryo and Makunouchi” (English). szumo.hu. 2007年8月28日閲覧。
  111. ^ 2010年3月場所は左膝脛骨平面内側骨髄骨折のため6日目から途中休場
  112. ^ 2010年7月場所は大相撲野球賭博問題による謹慎休場。
  113. ^ 左第 8, 9肋軟骨骨折のため14日目から途中休場
  114. ^ a b c d e f g 大関角番(全7回)
  115. ^ 左肩峰剥離骨折のため14日目から途中休場
  116. ^ 右足関節外側靱帯損傷のため13日目から途中休場
  117. ^ 右足関節外側靱帯損傷のため6日目から途中休場
  118. ^ 日馬富士と優勝決定戦
  119. ^ 左足関節離断性骨軟骨炎のため9日目から休場
  120. ^ 右大胸筋上腕骨付着部筋断裂で約6週間の安静加療を要すため12日目から休場
  121. ^ 豪栄道vs宇良、寝屋川同郷対決PVに300人声援 - 日刊スポーツ


「豪栄道豪太郎」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「豪栄道豪太郎」の関連用語

豪栄道豪太郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



豪栄道豪太郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの豪栄道豪太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS