千代鳳祐樹とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 千代鳳祐樹の意味・解説 

千代鳳祐樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/22 05:31 UTC 版)

千代鳳 祐樹(ちよおおとり ゆうき、1992年10月11日 - )は、現在の鹿児島県志布志市出身で九重部屋所属の現役大相撲力士。本名は木下(きのした)祐樹。身長179cm、体重183kg。得意技は突き・押し。最高位は西小結(2014年5月場所)。同じ九重部屋の千代丸は実兄[2]、血液型O型。好物は鶏の唐揚げ。嫌いなものはトマトと梅干し。趣味は寝ること(入門前は釣り、サッカー)。平成4年度生まれの関取を指す、いわゆる「花のヨン組」の1人[3]




  1. ^ 『相撲』2016年64ページ
  2. ^ 『相撲』2013年11月号68頁では「千代丸は弟の千代鳳を『鳳』と呼び、千代鳳から『木下さん』と呼ばれるユニークな兄弟関係」を築き上げていると報道されている。
  3. ^ 大空出版『相撲ファン』vol.06 p68-71
  4. ^ この場所は兄の千代丸も同じ十両の土俵で11勝4敗の好成績であり、弟である千代鳳本人は千秋楽の様子について「十両初の兄弟優勝決定戦の重圧をなくすために1差で追う兄の前に自身が優勝を決めることで楽に取らせたかった。」と『相撲』2013年12月号68頁で語っていた。
  5. ^ 現役の兄弟幕内力士が共に勝ち越しを決める例は2006年5月場所の露鵬、白露山以来で8年ぶりの快挙となった。
    千代丸&千代鳳 兄弟同時幕内で勝ち越し Sponichi Annex 2014年3月20日 21:26
  6. ^ a b (駆ける魂)大相撲 千代鳳祐樹(下) 叱責のちメールが九重流 地元で実感、三役の重み 日本経済新聞 夕刊 2014/5/14付
  7. ^ 千代の富士の弟子たちが師匠への思い語る…千代鳳「“親孝行”したい」 SANSPO.COM 2016.8.3 19:28
  8. ^ 千代鳳が休場=大相撲春場所 時事通信 2017/03/18-10:43
  9. ^ “宇良は3カ月の加療必要 休場力士が診断書公表 千代鳳は幕下転落へ”. 産経ニュース. (2017年11月10日). http://www.sankei.com/sports/news/171110/spo1711100024-n1.html 2017年11月26日閲覧。 
  10. ^ 『相撲』2014年3月号19頁
  11. ^ 『相撲』2014年3月号20頁
  12. ^ 『相撲』2014年3月号21頁
  13. ^ 『大相撲ジャーナル』2014年12月号64頁
  14. ^ 正攻法の遠藤は、相手役がいてこそ!九重部屋三人衆の”やんちゃ”な個性 Number Web 2014/05/22 10:50
  15. ^ 『大相撲ジャーナル』2016年12月号71ページ
  16. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年2月号73ページ
  17. ^ 『大相撲ジャーナル』2016年10月号65頁
  18. ^ 『大相撲ジャーナル』2014年4月号61頁
  19. ^ 千代鳳小結昇進 「しぶしの日」に吉報、郷里沸く 373news.com 2014 04/25 10:01
  20. ^ 鹿児島)志布志でお釈迦祭り シャンシャン馬、花嫁乗せ 朝日新聞DIGITAL 2014年4月30日03時00分
  21. ^ 【大相撲】兄弟関取に笑み 新十両の千代丸「夢の第一歩かなった」 MSN産経ニュース 2013.7.24 12:10
  22. ^ 活況の部屋、若武者競う 大相撲・千代鳳(上)  :日本経済新聞
  23. ^ 活況の部屋、若武者競う 大相撲・千代鳳(上) 日本経済新聞 2014/5/17 7:00
  24. ^ 千代鳳が横綱を初撃破 中日スポーツ 2014年5月18日 紙面から
  25. ^ 千代鳳ニヤニヤ初握手会たなみんC注入 DairySportsOnline 2014年9月7日
  26. ^ 千代鳳3場所連続「まげつかみ」の反則勝利 nikkansports.com、2015年3月17日
  27. ^ 力士・千代鳳の「逆立ち稽古」がスゴすぎて二度見レベルだと話題に 「なんという運動神経!」 Aol.News. 2016年04月21日 12時00分
  28. ^ 千代鳳、献血で無理な注文「注射しないで採ってくれたらなあ」 2017年2月6日18時34分 スポーツ報知
  29. ^ 千代丸が十両初優勝!弟・千代鳳に続いた 初の兄弟連続Vスポーツニッポン2014年1月26日配信
  30. ^ インフルエンザA型のため2日目から4日目を休場
  31. ^ 左膝半月板損傷のため2日目から休場
  32. ^ 左腓腹筋肉離れのため2日目から5日目を休場
  33. ^ 左膝半月板損傷のため11日目から休場
  34. ^ 右肩関節脱臼のため7日目から休場
  35. ^ 右肩脱臼、左膝前十字靱帯損傷のため全休


「千代鳳祐樹」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「千代鳳祐樹」の関連用語

千代鳳祐樹のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



千代鳳祐樹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの千代鳳祐樹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS