千代ノ皇王代仁とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 千代ノ皇王代仁の意味・解説 

千代ノ皇王代仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/24 04:36 UTC 版)

千代ノ皇 王代仁(ちよのおう みよひと、1991年5月29日 - )は、鹿児島県大島郡与論町出身で九重部屋所属の現役大相撲力士。本名は基 王代仁(もとい - )。身長179cm、体重153kg、血液型はA型。得意手は右四つ、寄り、吊り。好物はアイスクリームとマカロニサラダ[1][2]。島出身だが魚介類が苦手[3]。最高位は東前頭15枚目(2017年1月場所-3月場所)。




  1. ^ Sports Graphiv Number PLUS April 2017(文藝春秋、2017年4月10日)p95
  2. ^ a b 「皆を元気づける力士に」 千代皇に“両親”エール琉球新報 2013年6月2日
  3. ^ 九重部屋の三銃士が初鼎談「強烈なライバル意識が強さの秘密」 SmartFlash 2018.01.13(2018年1月15日閲覧)
  4. ^ 新十両・千代皇「満足せず上目指す」 スポーツ報知 2013年3月27日閲覧
  5. ^ この場所は十両力士の内勝ち越し者が半数を切り、把瑠都が場所前に引退して栃ノ心が場所を全休した上に、さらに2ケタ白星が5人、皆勤2ケタ黒星が4人という顕著な星の割れ方をしていた。これらが番付運に大きく関係した。
  6. ^ 『相撲』2014年2月号64頁
    「流石に吊りをやったら師匠に怒られる」と本人が誌上でその症状を物語っていた。
  7. ^ 負けた10番中9番が寄り切りであった。
  8. ^ 『相撲』2016年11月号14ページ
  9. ^ 小柳、新十両優勝ならず…千代皇に敗れ、夢と消えた「急に緊張した」 2016年11月28日7時30分 スポーツ報知
  10. ^ 千代皇、入幕ほぼ手中 大相撲九州場所で楽日勝ち越し 琉球新報 2016年11月28日 06:30
  11. ^ 千代翔馬と千代皇が昇進祝賀会、先代親方を胸に精進 日刊スポーツ 2017年2月18日22時44分
  12. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年12月号p5
  13. ^ 『相撲』2018年3月号 p.58
  14. ^ 『相撲』2018年10月号 p.64
  15. ^ 『相撲』2012年8月号92頁
  16. ^ 『相撲』2013年11月号59頁
  17. ^ それ以前まで吊りの名手として名を馳せていた元大関・把瑠都はこの場所を十両の地位で全休したことを最後に引退となった。
  18. ^ 新入幕の千代皇「沖縄を元気付ける」 千代の富士譲りの攻めの相撲 沖縄タイムス+ 2016年12月27日 11:02
  19. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年4月号76ページ
  20. ^ 日本テレビ『誰だって波瀾爆笑』2013年9月8日放送分
  21. ^ 千代大龍は「キン肉マン」/主な漫画化粧まわしメモ 日刊スポーツ 2017年4月25日9時50分 紙面から
  22. ^ 右母趾末節骨骨折のため11日目から休場


「千代ノ皇王代仁」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「千代ノ皇王代仁」の関連用語

千代ノ皇王代仁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



千代ノ皇王代仁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの千代ノ皇王代仁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS