釣りバカ日誌とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 釣りバカ日誌の意味・解説 

釣りバカ日誌

原題:
製作国:日本
製作年:1988
配給:松竹
スタッフ
監督:栗山富夫 クリヤマトミオ
製作:山内静夫 ヤマウチシズオ
プロデューサー:瀬島光雄 セジマミツオ

中川滋弘 ナカガワシゲヒロ
原作:やまさき十三 ヤマサキジュウゾウ

北見けんいち キタミケンイチ
脚本:山田洋次 ヤマダヨウジ

桃井章 モモイアキラ
撮影:安田浩助 ヤスダコウスケ
音楽:三木敏悟 
美術:重田重盛 シゲタシゲモリ
編集:鶴田益一 
録音:高橋和久 タカハシカズヒサ
スクリプター:日本映像 
スチール:赤井博且 アカイヒロカツ
助監督:梶浦政男 カジウラマサオ
照明:飯島興一 
キャスト(役名
西田敏行 ニシダトシユキ (浜崎伝助
石田えり イシダエリ (浜崎みち子)
谷啓 タニケイ (佐々木和男)
山瀬まみ ヤマセマミ (久美子
戸川純 トガワジュン (恵)
園田裕久 ソノダヤスヒサ (秘書
笹野高史 ササノタカシ (前原運転手
前田武彦 マエダタケヒコ (秋山専務
児玉謙次 コダマケンジ (小池常務
大塚国夫 オオツカクニオ (福間人事部長)
名古屋章 ナゴヤアキラ (野口所長
鈴木ヒロミツ スズキヒロミツ (柏木課長
江戸家猫八 エドヤネコハチ (善吉
アパッチけん アパッチケン (八郎
丹阿弥谷津子 タンアミヤツコ (鈴木久江)
三國連太郎 ミクニレンタロウ (鈴木一之肋)
解説
釣りキチ会社員初老社長とのふれあいを描く。やまさき十三北見けんいち同名漫画映画化で、脚本は「ダウンタウンヒーローズ」の山田洋次と、桃井章共同執筆監督は「愛しのチィパッパ」の栗山富夫撮影安田浩肋がそれぞれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
釣りキチサラリーマン浜崎伝助は、ある日高松から東京本社転勤を命じられた。伝助愛妻みち子と共に引っ越したのは北品川釣り宿の2階だった。伝助迎え鈴木建設営業三課では、なんとなく彼の怠慢病が蔓延てきている。昼に伝助食堂社長鈴木一之助と知り合ったが、お互いに素姓知らない二人意気投合し、釣りに行く約束をした。釣りの日一之助は伝助家でもてなしを受けた。伝肋もみち子も一之助を孤独であまり裕福ではない老人錯覚したのだ。一之助は教えてもらった電話番号から伝助自分会社社員であることを知る。ある日、みち子は伝肋の忘れ物会社届け行き一之助の正体を知った。伝助とみち子は複雑な気持だった。やがてまた転勤季節になり伝助高松へ戻ることになった。伝助車中から一之助に電話を入れて友情を誓うのだった

釣りバカ日誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/25 03:41 UTC 版)

釣りバカ日誌』(つりバカにっし)は、作・やまさき十三、画・北見けんいちによる日本釣り漫画で、1979年から小学館ビッグコミックオリジナル』で連載され、1980年から小学館ビッグコミックスより刊行されている。既刊本編105巻、番外編13巻。




注釈

  1. ^ 都城青年会議所創立50周年記念事業の一環で都城市の協賛により作成された「浜崎伝助」特別住民票には、「生まれた年」は昭和21年と記載されている。
  2. ^ 「釣りバカ日誌番外編 新入社員 浜崎伝助 1 」には昭和47年のこととされる。
  3. ^ 本当は別の人が代行する予定だったが、一之助が自分の代理を言う際に「佐々木和男ではなく……」と言っている途中で倒れてしまい、「ではなく……」の部分が言えず、結局社長代行を務めることになった。
  4. ^ 伝助自身はクラブ発足の実務を担っていたが、手伝っていたほかの社員が、伝助を会長に祭り上げた。実際、会長に就くの伝助であると認識されると、300名を越す大所帯になり、漁労長だった秋山副社長も伝助の会長就任を認めた。が
  5. ^ 失言癖が強い上勘違いが多く、毎度ドジを踏んでしまうため幾度となく辞表および進退伺い沙汰となっているが、そこは当然伝助の尽力のお陰でクビが繋がっている(まれに佐々木が自ら奇策を使うことがある)。このことは部下にも周知らしく、「伝助の功績をまた横取りした」ということで通っている。
  6. ^ 漁労長とも呼ばれたのは社内の釣り好きが集まった愛好会程度の愛称みたいなものだが、自身が出世するにつれて釣りから遠ざかっており、釣りクラブも形だけのものになった。後に伝助が改めて釣りクラブを発足させるに当たり、佐々木が会長に納まるのかと警戒したが、会長に就くのが伝助と分かると、あっさり”漁労長”位を譲った。
  7. ^ 前述の通り、須田取締役に本部長職を譲っている
  8. ^ 伝助はまだ乗船しておらず、岩永は下船して別の船に乗った為、伝助とは会わずじまいだった。
  9. ^ 土井とともに、一之助が鈴建から放出したら喜んで引き取ると明言している。
  10. ^ 700ポンド以下は釣り上げてはいけない決まりだった。
  11. ^ このブラックマリーンがかつてゲン爺さんが300ポンドクラスの時に一回釣上げたものだった。
  12. ^ 一之助もその場にいたが、対岸だった為、伝助と甘粕は気付いていなかった。
  13. ^ 鮎釣りを教授してくれたお礼として、洋酒のお中元を贈っており、受領したみち子が「何者なの?」と驚いていた。
  14. ^ 電々は鈴建のトップ同士の関係から事実上の指名会社と言われており、指名を勝ち取るのは、ほぼムリ案件だった。その失敗を口実に、佐々山を更迭する腹積もりだった。
  15. ^ 本部長の表記もあり
  16. ^ 1994年(平成6年)・1998年(平成11年)に2本制作したため。
  17. ^ シリーズ第19作「釣りバカ日誌17 あとは能登なれハマとなれ!」から第22作「釣りバカ日誌20 ファイナル」まで再び主題歌は使われていない。ただし、ソフト化後においてDVDのタイトル画面で流れるBGMではこれら4作ならびに以前の作品(第1作 - 第11作)でもこの曲が使用されている。
  18. ^ 映画では浜崎伝助役で出演している。
  19. ^ 映画では堀田常務役で出演している。
  20. ^ 映画では太田八郎役で出演している。
  21. ^ おはスタ』2015年10月23日放送分にて、同番組とコラボすることが決定し鈴木役の西田敏行からのオファーで出演が決定した。
  22. ^ 映画では原口人事部長役で出演している。
  23. ^ 映画では前原運転手役で出演している。
  24. ^ 2016年12月17日から公開している南出が実写パートで主演の『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』での同名役として出演。
  25. ^ 映画版で舟木課長役を演じた
  26. ^ 『おはスタ』2017年6月9日放送分にて、3人が浜崎役の濱田岳とみち子役の広瀬アリスに取材する模様が流れたがその3人の要望で喫茶店の客役として出演が決定した。
  27. ^ アニメでは浜崎伝助役で出演している。
  28. ^ 映画では浜崎みち子役で出演している。
  29. ^ しかも式の時間を気にして抑え気味だった伝助を差し置いて熱中していたうえ、その後も一之助と一緒に結婚式の最中に抜け出してまたも釣りに興じていた。
  30. ^ ちなみに、Season2からまったく別の建物に変わってしまっている。
  31. ^ ただし、都心在住とみられる一之助が退社後の帰宅途中にかづさ屋へ立ち寄るシーンが度々みられるなど、矛盾も生じている。
  32. ^ 父親はSeason1にも出演していたがこのときは後姿のみで役名もなかった。また演じた役者も火野正平ではなかったため容姿がまったく違う(火野のようなスキンヘッドではなく頭髪があった)。
  33. ^ 小枝子は東京出身で、修三と大恋愛のすえ駆け落ちして結ばれたという設定。
  34. ^ 伝助の愛車は当初かなりくたびれたホンダ・Zに乗っており、後に→シビックシャトルに乗り換え、→スプリンターカリブレガシィツーリングワゴン→RAV4パジェロフォレスターとSUV系を中心に乗り継いでいる。
  35. ^ ドラマ版の一之助はこの手の直接人事を「奥の手」と称して用いる場合がある。このほかにはSeason1最終回で伝助を秋田営業所に転勤させようとした際(みち子の帰郷で関係が終了しないようにとの配慮、結局撤回)と、Season2最終回で伝助を浦島建設へ出向させた際(鈴建が請け負ったダム建設の反対集会に参加した伝助が懲戒免職されそうになったのを阻止するため)に行使している。
  36. ^ 伝助の勘違いで自分が余命半年だと思い込んでしまい、投げやりに行動した結果。
  37. ^ ただし、その時一之助は妻・久江からの電話に出ている最中で、佐々木が辞表を出したタイミングと一之助が久江の電話に「分かりました」と答えたタイミングが偶然重なってしまっただけで、結局は佐々木の勘違いだった(一之助には、佐々木の辞表を受理した覚えは一切ないままだった)。

出典

  1. ^ a b c 「釣りバカ日誌流人生なるようになるさ」(KKロングセラーズ)より
  2. ^ 1989年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  3. ^ 「スーパー戦隊制作の裏舞台 中嶋豪」『スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 Vol.3 爆竜戦隊アバレンジャー講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2017年3月25日、33頁。ISBN 978-4-06-509514-0
  4. ^ 釣りバカ日誌、連ドラで帰ってくる”. デイリースポーツ (2015年8月16日). 2015年8月16日閲覧。
  5. ^ 西田敏行:ハマちゃんからスーさんへ ドラマ「釣りバカ」で濱田岳と新コンビ”. まんたんウェブ (2015年9月7日). 2015年9月7日閲覧。
  6. ^ 「釣りバカ日誌 〜新入社員 浜崎伝助〜」スペシャルドラマで復活!”. 【金曜8時のドラマ】釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助. テレビ東京 (2016年9月19日). 2016年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月4日閲覧。
  7. ^ 新春ドラマスペシャル 比嘉愛未 出演決定!2017年新春 放送!”. 【金曜8時のドラマ】釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助. テレビ東京 (2016年10月31日). 2016年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月4日閲覧。
  8. ^ “テレビ東京、正月時代劇の歴史途絶える 来年は『釣りバカ 新入社員SP』”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年11月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2082006/full/ 2016年11月27日閲覧。 
  9. ^ 本日放送の新春ドラマSPに続きシーズン2放送決定!”. 【金曜8時のドラマ】釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助. テレビ東京 (2017年1月2日). 2017年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月4日閲覧。
  10. ^ “「釣りバカ」復活!テレ東系で来年1月にスペシャルドラマ”. サンケイスポーツ. (2018年10月17日). https://www.sanspo.com/geino/news/20181017/geo18101706000014-n1.html 2018年10月17日閲覧。 
  11. ^ 火野正平、濱田岳と“親子共演”「隠してきたけど、光栄です」”. オリコンスタイル (2019年1月3日). 2019年1月18日閲覧。
  12. ^ a b c 武田鉄矢、テレ東の“金8”ドラマ『釣りバカ日誌』出演”. ORICON STYLE (2015年10月14日). 2015年10月14日閲覧。
  13. ^ 山口祐輝-2016.12.31”. AMUSE KIDS BLOG (2016年12月31日). 2017年1月3日閲覧。
  14. ^ 「釣りバカ」×「孤独のグルメ」奇跡のコラボが実現だと!?ハマちゃんが「孤独のグルメ」で五郎さんに遭遇...”. テレ東プラス. テレビ東京 (2017年5月5日). 2020年7月4日閲覧。
  15. ^ 火野正平、濱田岳と“親子共演”「隠してきたけど、光栄です」”. ORICON STYLE (2019年1月3日). 2019年1月3日閲覧。
  16. ^ 第2回『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』作品賞は『下町ロケット』”. ORICON STYLE (2016年1月29日). 2016年1月29日閲覧。
  17. ^ 2016年 エランドール賞 受賞作品・受賞者”. 一般社団法人 日本映画テレビプロデューサー協会. 2016年2月5日閲覧。
  18. ^ “民放連・テレビドラマ最優秀賞はWOWOW『この街の命に』”. ORICON STYLE. (2016年9月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2078503/full/ 2016年9月16日閲覧。 
  19. ^ “世界に見せたい日本のドラマ 『あさが来た』『赤めだか』がグランプリ”. ORICON STYLE. (2016年11月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2081070/full/ 2016年11月7日閲覧。 
  20. ^ ROID配信タイトル「キャバ嬢っぴ」に島耕作、矢島金太郎らが来店”. ITmedia Gamez (2009年8月25日). 2014年10月26日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「釣りバカ日誌」の関連用語

釣りバカ日誌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



釣りバカ日誌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの釣りバカ日誌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS