少年ジャックと魔法使いとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 少年ジャックと魔法使いの意味・解説 

少年ジャックと魔法使い

原題:
製作国:日本
製作年:1967
配給:東映
スタッフ
監督:薮下泰司 ヤブシタタイジ
製作:大川博 オオカワヒロシ
脚本:関沢新一 セキザワシンイチ

高久進 
企画:関政次郎 セキマサジロウ

茂呂清一 

有賀健 
作画監督:大工原章 
撮影:菅原英明 
音楽:宇野誠一郎 ウノセイイチロウ
美術:小山礼司 コヤマレイジ
スクリプター:古沢秀雄 

竹内留吉 

小田克也 オダカツヤ

金山通弘 
キャスト(役名
中村メイコ ナカムラメイコ (ジャック
中村メイコ ナカムラメイコ (キキー)
久里千春 クリチハル (シバリ)
黒柳徹子 クロヤナギテツコ (ネズミ
熊倉一雄 クマクラカズオ (子グマ
大竹宏 オオタケヒロシ (キツネ
水垣洋子 ミズガキヨウコ (子犬
山岡久乃 ヤマオカヒサノ (魔女
解説
黄金バット(1966)」の高久進と、「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」の関沢新一共同シナリオ執筆し、「宇宙パトロール・ホッパ」の薮下泰司監督した長編漫画撮影は「わんぱく王子の大蛇退治」の菅原英明。なお、東映動画創立十周年記念作品として製作された通算第十作目動画である。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
その昔魔女退治した武勲誉れ高い騎士血を引くジャックは、ある日仲間の子グマたちもろとも魔女グレンデル古城に連れてこられた。魔女全世界の子供たちを悪魔製造機にかけて仲間を増やそうとしていたのだが、ジャック連れてきたキキーも悪魔にされた少女だった。しかしジャック子犬ネズミや、他の動物たち助け得て城を逃げ出すことができた。だが、キキーと弟のシバリはジャックを捕えようと悪魔飛行機追いかけた。その時ジャックたちの反撃を受けて気絶したキキーは暖かい介抱をふり切って逃げ、そのキキーの逆襲ジャックたちは、再び悪魔製造機の前に連れてこられた。しかし、小さな力を合せて戦う動物たちお蔭で危機を脱したジャックは、今度悪魔製造機を完全に破壊してしまった。キキーの失敗を怒った魔女は彼女を氷山中に閉じ込め動物たちを捕えた。それを見たジャックはまずキキーを助けようと氷山カナテコ叩き割り、彼女を救い出したが、氷の塊を胸に受けて死んでしまったのである。ところが、悪魔にされた者は涙が出ないはずなのに、ジャックの死を悲しむキキーの目からは大粒の涙がこぼれ落ち、それがジャック目に入るジャック生き返ったのだった。しかし、激怒した魔女水晶玉に向って呪文となえると、ジャックとキキーは巨大原始に囲まれてしまった。ちょうどその時水晶玉魔法の源と知った動物たちは、千恵をしぼって、その玉を粉々に砕いたのだ。大音と共に魔法世界消えた慌て魔女グレンデルは自ら仕かけた爆弾によって最期遂げ、その途端にキキーは可愛少女に、他の悪魔も元の姿に戻ったのだった

少年ジャックと魔法使い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/17 13:27 UTC 版)

少年ジャックと魔法使い』(しょうねんジャックとまほうつかい 英文:JACK AND THE WITCH)は、1967年3月19日封切りの『東映こどもまつり』内で上映された、東映動画製作の劇場用アニメ映画である。イーストマンカラー、東映スコープ、80分。




  1. ^ 予告編から。DVD等で「キキー」と表記されることもある。
  2. ^ 「ばら色の夜明け」と言う題名もある。


「少年ジャックと魔法使い」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「少年ジャックと魔法使い」の関連用語

少年ジャックと魔法使いのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



少年ジャックと魔法使いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの少年ジャックと魔法使い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS