Dr.スランプ_アラレちゃんとは?

Dr.スランプ アラレちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/06 21:01 UTC 版)

Dr.スランプ アラレちゃん』(ドクタースランプ アラレちゃん、Dr.SLUMPアラレちゃん[1])は、漫画『Dr.スランプ』を原作とした1981年4月8日から1986年2月16日までフジテレビ系列水曜日19:00 - 19:30に放送されたテレビアニメ、一連のメディアミックス作品。  




注釈

  1. ^ 「チーフディレクター」表記。
  2. ^ 「チーフ作画監督」表記。
  3. ^ 124話(1983年9月7日放送分)までは山吹みどり。
  4. ^ 一般的な企業で例えれば、部長と取締役の間くらいの位置付けとなる上級管理職にあたる。
  5. ^ このエピソードについては、後にフジテレビの番組『週刊フジテレビ批評』の番組中で日枝が語っている[出典無効]
  6. ^ それ以前では1963年の『鉄腕アトム』が40%超えを達成しているが調査方法が異なる。
  7. ^ ただし、「朝のポエム」の直接のスポンサーは花王
  8. ^ 紅組は『オレたちひょうきん族』のタケちゃんマン人形。
  9. ^ テロップでは則巻センベエと表記されており、則巻センベイと誤表記している回もある。
  10. ^ 登場しているのにもかかわらず、第8話のみノンクレジット。
  11. ^ 千兵衛と結婚する124話までは山吹先生とテロップ表記。125話から149話まではみどり先生、150話からはみどりと表記された。
  12. ^ 127話 - 129話ではキャラメルマン4号と表記。本編で名前が決まった130話からオボッチャマンと表記。
  13. ^ フジテレビの土屋登喜蔵はテロップでは、プロデューサーとして表示とされており、企画としてはノンクレジットだが、東映アニメーションの作品情報、フジテレビの番組情報などでは、企画として、七條敬三と一緒に掲載されている。
  14. ^ 原作の連載終了後は、集英社 「週刊少年ジャンプ」と表記。
  15. ^ 『保存版 ロードショー特別編集 Dr.スランプ アラレちゃん』ではチーフデザイナーではなく、美術監督となっている(「チーフデザイナー」と「美術監督」は同じ意味で、別の言い方である)。
  16. ^ 1話 - 24話、240話 - 243話はノンクレジット。
  17. ^ ノンクレジット。
  18. ^ 放送開始から1985年3月20日放送分までノンクレジット。
  19. ^ a b タイトルコールでは分けていないが、エンディングテロップでは、I・IIと分けている。
  20. ^ 再放送やネット配信では、「ペンギン村SOS!!」と「ハートで勝負!/なんでもOKオーチャくん」はオープニングやエンディングが別々になっている。
  21. ^ 土曜日放送。
  22. ^ 原作の「ぼくのといれっとぺいぱー」が元になったストーリー。
  23. ^ 関西テレビはこの日、阪神が勝てば21年ぶりのリーグ優勝が決定するヤクルトVS阪神戦(神宮球場)を放送したため、この話のみ後日放送。
  24. ^ ペンギン村の七ふしぎ全公開!スペシャル。
  25. ^ 帰って来たDr.スランプ アラレちゃんスペシャル。
  26. ^ 92お正月スペシャル。
  27. ^ 現在は、テレビ朝日系列。
  28. ^ 現・テレビ愛媛。
  29. ^ 1982年3月まではフジテレビ系列・日本テレビ系列・テレビ朝日系列のトリプルネット。
  30. ^ 1983年9月までTBS系列とのクロスネット。
  31. ^ 現・NST新潟総合テレビ。1983年9月までテレビ朝日系列とのクロスネット。
  32. ^ 1982年9月まではフジテレビ系列・日本テレビ系列・テレビ朝日系列のトリプルネット。
  33. ^ 夏休み・冬休みの放送されていたアニメ番組の再放送枠子供アニメ大会
  34. ^ うすいファミリー劇場
  35. ^ 「ペンギン村SOS!!」、「ハートで勝負!」、「なんでもOKオーチャくん」、「ペンギン村英雄伝説」。
  36. ^ 「祝!!結婚 あかねと突詰」、「んちゃ!! つおーいアラレとお友達」。
  37. ^ みどりは出番なし。
  38. ^ 現在の江田島市絵の島。

出典

  1. ^ なつかしアニメch|4月ラインナップ&放送情報」 abema.tv。
  2. ^ アニメージュ編集部編『TVアニメ25年史』徳間書店、1988年、p.109
  3. ^ a b c 塙一朔「金の卵アニメキャラクターを売り出す方法」『』1998年12月号、pp.66-70
  4. ^ 『東映アニメーション50年史』東映アニメーション、2006年、p.67
  5. ^ 坂本衛「低迷TBSが起死回生賭けるG7計画」『創』1992年9月号、p.19
  6. ^ a b 森下孝三『東映アニメーション 演出家40年奮闘史 アニメ『ドラゴンボールZ』『聖闘士星矢』『トランスフォーマー』を手がけた男』一迅社、2011年、p.124
  7. ^ a b ゆでたまご『生たまご ゆでたまごのキン肉マン青春録』メディアワークス、2009年、pp.222-223
  8. ^ 1985年 ビデオリサーチ調べ
  9. ^ 西村繁男『さらばわが青春の少年ジャンプ』幻冬舎文庫、1997年、pp.296-297
  10. ^ a b 高橋浩『視聴率15%を保証します! あのヒット番組を生んだ「発想法」と「仕事術」』小学館新書、2014年、pp.157-159
  11. ^ a b 小田桐誠『テレビ界のヒットメーカー』三一書房、1998年、p.136
  12. ^ 小田桐誠『テレビ界のヒットメーカー』三一書房、1998年、p.132
  13. ^ 大下英治『仮面ライダーから牙狼へ 渡邊亮徳・日本のキャラクタービジネスを築き上げた男竹書房、2014年、262頁。ISBN 978-4-8124-8997-0
  14. ^ 大下英治「第八章 アニメファンの拡大 フジテレビと東映、少年ジャンプを口説き落とす」『日本ジャパニーズヒーローは世界を制す』角川書店、1995年11月24日、238頁。ISBN 4-04-883416-9
  15. ^ 西村繁男『さらばわが青春の少年ジャンプ』幻冬舎文庫、1997年、pp.43-44
  16. ^ 大下英治『仮面ライダーから牙狼へ 渡辺亮徳・日本のキャラクタービジネスを築き上げた男』竹書房文庫、2014年、pp.263-264
  17. ^ 西村繁男『さらばわが青春の少年ジャンプ』幻冬舎文庫、1997年、pp.294-296
  18. ^ 大下英治『仮面ライダーから牙狼へ 渡辺亮徳・日本のキャラクタービジネスを築き上げた男』竹書房文庫、2014年、p.264
  19. ^ 西村繁男『さらばわが青春の少年ジャンプ』幻冬舎文庫、1997年、p.294
  20. ^ a b アニメ様365日[小黒祐一郎] 第69回 『Dr.スランプ アラレちゃん』(TV版)」WEBアニメスタイル、2009年2月19日。
  21. ^ アニメ高世帯視聴率番組 - 1977年9月26日以降に放送された番組【関東地区】」 ビデオリサーチ。
  22. ^ ビデオリサーチ関西地区調べ。
  23. ^ a b 「ずっこけアラレちゃん まじめアトムKO TVアニメホヨヨー人気の秘密」『中日新聞』1981年12月4日付夕刊。
  24. ^ 2014年12月19日(金)放送 爆笑ネタ三連発! - 探偵!ナイトスクープ 過去の放送内容」朝日放送。
  25. ^ テレビ東京『世界!ニッポン行きたい人応援団』2017年2月16日放送。
  26. ^ 森暢平「北朝鮮でも「んちゃ」」『毎日新聞』1997年10月25日付夕刊。
  27. ^ 『脳内エステ IQサプリ』2006年12月30日放送。
  28. ^ 佐藤仁美:今年39歳のアラレちゃんコスプレ 絶賛の声も複雑な思い」まんたんウェブ、2018年1月11日。
  29. ^ 『毎日新聞』1981年12月6日。
  30. ^ a b 「商工けいざい キャラクター商品新戦略 OLや学生にも攻勢」『読売新聞』1981年12月6日付朝刊、8頁。
  31. ^ 『朝日新聞』1981年12月25日。
  32. ^ 『週刊東洋経済』1986年3月1日号、131頁。
  33. ^ マーチャンダイジングライツレポート1986年3月号
  34. ^ 『オリコン年鑑 1982年版』、67頁。
  35. ^ a b c d 『オリコン年鑑 1983年版』、65頁。
  36. ^ 『オリコン年鑑 1986年版』、392頁。
  37. ^ a b c 毎日新聞・縮刷版。
  38. ^ 「全国放映リスト」『アニメージュ』1985年3月号、徳間書店、1985年、126 - 127頁。
  39. ^ 『福島民報』1981年6月9日 - 1986年2月19日付朝刊、テレビ欄。
  40. ^ a b c 「全国放送局別放映リスト」『アニメージュ』1995年9月号、徳間書店、204頁。
  41. ^ 「全国放送局別放映リスト」『アニメージュ』1995年9月号、徳間書店、205頁。
  42. ^ しょこたんとアンガールズ、アラレちゃんのCMに登場」 J-CAST、2006年11月13日。
  43. ^ Dr.スランプ アラレちゃん DVD-BOX SLUMP THE BOX んちゃ編」 オリコン。
  44. ^ Dr.スランプ アラレちゃん DVD-BOX SLUMP THE BOX ほよよ編」 オリコン。
  45. ^ 小山高生『Dr.スランプアラレちゃん』集英社〈JUMP j BOOKS〉、1994年。ISBN 4087030210
  46. ^ コンセプト『コラージュ』篇”. スズキ. 2015年5月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  47. ^ a b コンセプト”. スズキ. 2009年12月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年2月16日閲覧。
  48. ^ ハスラーコラボ アラレちゃんクリアファイルプレゼント」 スズキアリーナ大久保、2014年9月13日。[リンク切れ]
  49. ^ a b アラレちゃん★どぉぉおん!!!」 スズキ自販茨城、2014年11月20日。[リンク切れ]
  50. ^ ももクロ、『Dr.スランプ』アラレちゃんに! 新CMやメイキング動画が公開中」 RBB Today、2015年5月13日。
  51. ^ 全国3カ所の遊園地でももいろクローバーZがライブを開催! 「遊べる軽」スズキハスラーが特別協賛し、 Dr.スランプアラレちゃんともコラボレーション!」 産経新聞、2015年5月14日。
  52. ^ ハスラー×アラレちゃん(^^)/んちゃ」 スズキ自販東海、2015年5月17日。[リンク切れ]
  53. ^ GU16年秋冬新CMで中条あやみがアラレちゃんに!オシャレな“コナレちゃん”に変身」ファッションプレス、2016年8月30日。
  54. ^ 【ビューカード×Dr.スランプ】最強のSuica?何それつおい?」 ドラゴンボールオフィシャルサイト、2018年8月6日。
  55. ^ 「アラレちゃんが来るぞ この夏絵の島 めちゃんこ大冒険開催」『中国新聞』1982年5月23日、21面。
  56. ^ a b c 新聞広告『中国新聞』1982年7月12日、6面。
  57. ^ 「ゲンゴロウ島 誕生だゾーイ アラレちゃんテープカット」『中国新聞』1982年7月12日、18面。
  58. ^ 「アラレちゃん神社さい銭 恵まれぬ子らへと6万余円を寄付」『中国新聞』1982年8月24日、20面。
  59. ^ 【三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY】ららぽーとTOKYO-BAYは2016年4月で35周年を迎えます。」 三井不動産商業マネジメント株式会社、2016年4月4日。
  60. ^ a b Dr. Slumpアラレちゃん × ららぽーと船橋 」ららぽーとTOKYO-BAY。[リンク切れ]
  61. ^ 表参道店ではコラボカフェも。Dr.スランプ アラレちゃん × TOWER RECORDS CAFE 開催決定!」 タワーレコード、2016年5月24日。
  62. ^ 「Dr.スランプ アラレちゃん」創作こけし発売 たまご型の「ガッちゃん」こけしも」映画.com、2018年3月2日。


「Dr.スランプ アラレちゃん」の続きの解説一覧



固有名詞の分類

ニンテンドーDS用ソフト ピクトチャット  パワプロクンポケット9  Dr.スランプ アラレちゃん  メタルサーガ 〜鋼の季節〜  絶体絶命でんぢゃらすじーさんDS〜でんじゃらすセンセーション〜
バンダイのゲームソフト 若林史江のDS株レッスン♪  出ましたっ!パワパフガールズZ  Dr.スランプ アラレちゃん  とらドラ・ポータブル!  ケロロ軍曹 メロメロバトルロイヤル
ミニスケープ ザ・コンビニ  らき☆すたの森  Dr.スランプ アラレちゃん  ブルーオアシス 〜魚の癒し空間〜  街ingメーカー
アニメ作品 と To Heart  ドラゴンズヘブン  Dr.スランプ アラレちゃん  ドナルドの夢の声  ドテラマン
1981年のテレビアニメ 愛の学校クオレ物語  ぼくらマンガ家 トキワ荘物語  Dr.スランプ アラレちゃん  最強ロボ ダイオージャ  めちゃっこドタコン

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Dr.スランプ_アラレちゃん」の関連用語

Dr.スランプ_アラレちゃんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Dr.スランプ_アラレちゃんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDr.スランプ アラレちゃん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS