映画_プリキュアオールスターズDX2_希望の光☆レインボージュエルを守れ!とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 映画_プリキュアオールスターズDX2_希望の光☆レインボージュエルを守れ!の意味・解説 

映画 プリキュアオールスターズDX2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/10 06:15 UTC 版)

映画 プリキュアオールスターズDX2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!』(えいが プリキュアオールスターズデラックスツー きぼうのひかり レインボージュエルをまもれ)は、2010年3月20日公開のアニメ映画プリキュアシリーズの歴代作品のクロスオーバー作品の第2作目である。




注釈

  1. ^ 厳密にはプリキュアではないシャイニールミナスとミルキィローズも含まれている。
  2. ^ なお、次作『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ! 世界をつなぐ☆虹色の花』などのいずれかのクロスオーバー映画も同様である。
  3. ^ ただし、『フレッシュ』の山吹祈里(キュアパイン)役の中川亜紀子が『SS』で演じた安藤加代、『5 / GoGo!』の秋元こまち(キュアミント)役の永野愛が同作で演じた秋元まどかのように、メインキャラと声優が重複しても台詞が無いキャラもいる。
  4. ^ そのため、キャストクレジットには齋藤彩夏演じる日向みのり以外のサブキャラクターの名前は無く、みのりは咲たちと一緒にクレジットされる。
  5. ^ 裏には17名のプリキュア、表にはメインプリキュア・キュアブロッサムの髪型がそれぞれ描かれている。この「表にメインプリキュアの髪型が描かれている」サンバイザーは、前作『映画 フレッシュプリキュア!』の「プリキュアサンバイザー」(髪型はキュアピーチ)に次ぐ物。
  6. ^ ただし、本作品を含むクロスオーバー映画ではせつなとラブたちとは別行動を取っている。
  7. ^ 『映画 フレッシュ』の悪役であるトイマジンの本来の姿。
  8. ^ この時二人は「私達の他にもプリキュアがいた!!」と驚愕するが、これはあくまでも本作だけの設定で、『ハートキャッチ』の世界では今まで多数のプリキュアが誕生した事になっている。
  9. ^ 結果的に「オールスターズ映画の観客の中に後のプリキュアがいる」という唯一の事例となったが、いつきとゆりのプリキュア入りについては本作公開時点では正式に公表されていなかった。なお、プリキュアとしては次作『DX3』以降でクロスオーバー作品に登場している。
  10. ^ なお、ローズが、ハデーニャと戦うアクアを助けに来た際、一回ミルクの姿に戻った理由は、『Yes!プリキュア5』第34話におけるハデーニャによるかれんへの攻撃の意趣返しという意味があった。ニュース|『映画プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ!世界をつなぐ☆虹色の花』公式サイト”. 2011年8月2日閲覧。
  11. ^ ただし画面にアイテムが見えないだけでシャイニールミナスなど、必殺武器を持った際の構えを取っているキャラクターもいる。
  12. ^ 劇中ではどこの海上かは明らかにされていないが、公開前の2010年2月5日に発刊された「ハートキャッチプリキュア!&プリキュアオールスターズ まるごとブック!」(講談社)に掲載された記事では、「東京湾」とされている(東京湾のどこかは記載されていない)。
  13. ^ その「妖精」も、ミルクはミルキィローズとして紹介、またココ・ナッツ・シロップの3名は、人間態(コージ・夏・シロー)は省かれている。
  14. ^ ラブに叱られてシフォンが泣き出し、浮いていたライトがばらまかれ、ラブが「アハハハ、ライトを振り回すのは危ないって事で…」と笑う場面や、クライマックスでのシフレとコフレの「ミラクルライト」使用開始の台詞の2つ。

出典

  1. ^ 2010年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 2010年アニメージュ5月号
  3. ^ 興行成績速報! 2大アニメが1位、2位を独占! 新作は6〜8位に顔をみせる映画ジャッジ 2010年3月23日
  4. ^ 『ドラえもん』『プリキュア』が1位、2位独占!大人も熱狂しているのが強さの秘密!?【映画週末興行成績】[リンク切れ]MSNエンタメ 2010年3月30日
  5. ^ 「プリキュアオールスターズDX2」観客動員数100万を突破!-すごもり- 2010年4月21日
  6. ^ 「映画プリキュア」前作が歴代最高ヒット! 全員で“ミラクルライト”灯した応援上映レポアニメ!アニメ!(2019年2月22日)2019年6月30日閲覧。
  7. ^ 『映画プリキュアオールスターズDX2』、Blu-ray&DVDが7月21日リリースマイコミジャーナル 2010年5月21日
  8. ^ 加藤レイズナ著「プリキュアシンドローム」(幻冬舎)473・474頁 2012年
  9. ^ 横浜ブルク13オープン記念完成披露試写会レポート!
  10. ^ 三瓶由布子の超ラジ!Girls 第103回(2010年3月24日)
  11. ^ なぎほの
  12. ^ 三瓶由布子の超ラジ!Girls 第99回(2010年2月24日)
  13. ^ オールナイトにおけるビデオレターでの発言。


「映画 プリキュアオールスターズDX2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

映画_プリキュアオールスターズDX2_希望の光☆レインボージュエルを守れ!のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



映画_プリキュアオールスターズDX2_希望の光☆レインボージュエルを守れ!のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの映画 プリキュアオールスターズDX2 希望の光☆レインボージュエルを守れ! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS