ビックリマン_(アニメ)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ビックリマン_(アニメ)の意味・解説 

ビックリマン (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/03 15:47 UTC 版)

ビックリマン』は、1987年10月11日から1989年4月2日まで、朝日放送を制作局として、テレビ朝日系列で全75話が放送された、旭通信社東映東映動画)共同制作のテレビアニメ




  1. ^ 『新ビックリマンコンプリートDVD VOL.1 「ピア・マルコの章」』小冊子、富田祐弘インタビューより。
  2. ^ 『新ビックリマンコンプリートDVD VOL.1 「ピア・マルコの章」』小冊子、富田祐弘インタビューより。
  3. ^ 『ビックリマンコンプリートDVD VOL.1 「ヤマト爆神の章」』小冊子、作品解説より。
  4. ^ アニメ『ビックリマン』は視聴率こそ安定していたものの、関連商品のマーチャンダイジングが鈍化したために打ち切りが決定された(『新ビックリマンコンプリートDVD VOL.1 「ピア・マルコの章」』小冊子、作品解説より)。
  5. ^ 30分の放送時間のうち、15分に短縮された『新メイプルタウン物語』を番組前半に放送した後、同じく15分番組の本作品を放送するという番組構成であった。
  6. ^ 実際に『新メイプルタウン物語』を未放送のまま新規ネットした高知放送では、本放送の段階からこの形態で放送された。
  7. ^ スタッフ会議によってヤマト王子がシリーズの主人公に決定された(『ビックリマンコンプリートDVD VOL.1 「ヘッドロココの章」』小冊子、貝澤幸男インタビューより)。
  8. ^ 当初は1月8日に放送予定であったが、7日に崩御した昭和天皇関連の特別番組が編成されたため一週順延。
  9. ^ a b c “東映社長岡田茂氏―中学生は映画離れ(回転イス)”. 日経産業新聞 (日本経済新聞社): p. 8. (1987年2月3日) 
  10. ^ a b c d e “東映社長岡田茂氏―若者にも大人にも(談話室)”. 日経産業新聞 (日本経済新聞社): p. 4. (1987年12月24日) 
  11. ^ アニメディア』1989年4月号(学研)テレビ局ネットワーク pp.99 - 101。
  12. ^ 北日本新聞 1987年11月4日付朝刊18面(テレビ欄)より
  13. ^ 『アニメディア』1990年4月号(学研)テレビ局ネットワーク p.100。
  14. ^ 北國新聞 1989年4月1日付朝刊テレビ欄より。
  15. ^ 北國新聞 1990年4月2日付朝刊テレビ欄より。
  16. ^ アニメージュ』1994年1月号(徳間書店)全国主要都市放送リスト(114頁)
  17. ^ 『アニメージュ』1995年4月号(徳間書店)全国放送局別放映リスト(119頁)
  18. ^ 『アニメージュ』1988年7月号(徳間書店)全国縦断放映リスト(118頁)


「ビックリマン (アニメ)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビックリマン_(アニメ)」の関連用語

ビックリマン_(アニメ)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ビックリマン_(アニメ)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビックリマン (アニメ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS