ドラゴンボールZとは? わかりやすく解説

ドラゴンボールZ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/11 05:14 UTC 版)

ドラゴンボールZ』(ドラゴンボールゼット、DRAGON BALL Z)は、鳥山明漫画ドラゴンボール』を原作とするテレビアニメ1989年4月26日から1996年1月31日まで、アニメ『ドラゴンボール』の続編としてフジテレビ系列で毎週水曜日 19:00 - 19:30(JST)に放送された。全291話+スペシャル2話。


注釈

  1. ^ a b クレジットは東映名義である。
  2. ^ BS版は2006年10月1日に放送開始、2012年6月17日で終了。2013年9月29日から再び放送開始。東京MXでは2006年10月3日に開始、2012年5月1日に終了。2013年7月30日に再び放送開始している。前者は毎週日曜日午前10時台、後者は毎週火曜日午後10時台に「アニメの神様」枠で放送されていた。なお、両者とも前番組は『ドラゴンボールGT』だった。再放送リストはこちらを参照。
  3. ^ ただし、小山高生は前作から脚本を書いている。
  4. ^ ただしバレーボールワールドカップで放送休止になったことは後期にはなかった。
  5. ^ 例として「フリーザとベジータ王の対決」「悟空がヤードラット星に漂着」「セルが本編の次元に辿り着いたまでの経緯」「魔人ブウ・ビビディと5人の界王神たちの対決」など。
  6. ^ 例として、「悟空の到着を待つ3時間の間に無差別に地球人を殺戮するナッパ」「部下を無慈悲に処刑するフリーザ」、「人造人間17号・18号が悟空の仲間たちを次々殺すという悪夢」「呼び出しに向かった兵士を食べてしまうヤコン」など。
  7. ^ 例として「悟空とフリーザの戦いに並行して起きているあの世での出来事」「ベジータ・トランクスとセルの戦いに並行して精神と時の部屋で修行する悟空と悟飯」「悟空・ベジータと魔人ブウの戦いに並行して起きているあの世での出来事」など。
  8. ^ 写研のナールを使用した。なお、オープニングは『元祖』 - 『GT』まで一貫して石井ゴシックを使用された。
  9. ^ 危険球退場制度導入のきっかけとなった試合。
  10. ^ 当初はこの枠で『ヴェルディ川崎×横浜フリューゲルス』の中継予定だったが、広島の優勝に王手がかかったため差し替え。『V川崎×横浜F』は同日深夜に関東ローカルで放送。
  11. ^ 当初は映画スペシャルの放送予定だったが、セ・リーグの優勝が未決定だったため差し替え
  12. ^ 当初は1994年10月5日に放送予定だった回の振替放送
  13. ^ 小林-オマリーの14球
  14. ^ 1989年9月30日以前はテレビ朝日系列にも加盟。
  15. ^ テレビ朝日系へのネットチェンジとフジテレビ側によるそれ以降の番組販売による購入と放送の禁止のため途中打ち切り。ただし、ケーブルテレビなどで近隣のフジテレビ系列局(仙台放送・秋田テレビ・新潟総合テレビ・福島テレビ)を受信できた場合は4月以降も同時ネットで視聴できた。
  16. ^ 1990年9月30日以前は日本テレビ系列にも加盟
  17. ^ 1990年9月までは水曜19:00枠で『追跡』(日本テレビ系)を放送していたため時差ネットだったが、同年10月以降は同時ネットに移行。
  18. ^ 1994年3月31日以前は日本テレビ系列にも加盟
  19. ^ 1994年3月まで水曜19:00枠で『追跡』(日本テレビ系)を放送していたため時差ネットだったが、同年4月以降は同時ネットに移行。
  20. ^ 1991年9月以前はテレビ朝日系列にも加盟
  21. ^ 1993年9月以前はテレビ朝日系列にも加盟
  22. ^ 1993年9月までは水曜19:00枠でテレビ朝日系の番組を同時ネット。同年10月以降は水曜19:00枠で日本テレビ系の番組を同時ネットしていたため、最後まで同時ネットされなかった。
  23. ^ 2013年版は定価1333円+税だったが、2014年版は定価667円+税に変更されている。

出典

  1. ^ 'DBZ' Sequel TV Series: 'Dragon Ball Super' Episode 9 Trailer Unveiled! [WATCH]Design&Trend公式サイト
  2. ^ NHK「トップランナー」制作班(編)『トップランナー Vol.9』、KTC中央出版、1999年、95頁。ISBN 487758126X
  3. ^ 『予約特典・ドラゴンボール最強への道・劇場版ご近所物語A5サイズ前売特典冊子』8頁。
  4. ^ 「ドラゴンボールヒット年表 ドラゴンボール"復活"の全貌」『日経エンタテインメント!』2013年5月号No.194、日経BP社、2013年4月4日、18-19頁。
  5. ^ a b 鈴木晴彦編「鳥山明×中鶴勝祥対談」『テレビアニメ完全ガイド「DRAGONBALL Z」孫悟空伝説』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2003年10月8日、ISBN 4-08-873546-3、92・97頁。
  6. ^ 漫道コバヤシ地上波特別編!『ドラゴンボールZ 復活の「F」公開記念スペシャル』 2015年4月24日放送。
  7. ^ サンケイスポーツ特別版2015年5月18日号 ドラゴンボールZ復活の「F」新聞』2015年4月18日、28面。
  8. ^ 「神龍通信 第5号 アニメドラゴンボールメインスタッフ座談会第2回」『ドラゴンボール大全集』別冊付録、集英社、1995年。
  9. ^ a b ジャンプ・コミック出版編集部編「天下一座談会 鳥山明×小山高生×野沢雅子」『テレビアニメ完全ガイド「DRAGONBALL」〜天下一伝説〜』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年7月2日、ISBN 4-08-873705-9、88頁。
  10. ^ 森下孝三「第7章 格闘!『ドラゴンボールZ』 鮮度のよさが人気の秘密!?」『東映アニメーション 演出家40年奮闘史 アニメ『ドラゴンボールZ』『聖闘士星矢』『トランスフォーマー』を手がけた男』一迅社、2010年11月20日、ISBN 978-4-7580-1186-0、156-158頁。
  11. ^ マーチャンダイジングライツレポート1990年8月号
  12. ^ a b 週刊少年ジャンプ特別編集「超豪華3大マル秘特集 鳥山明スペシャル (2)鳥山明先生描き下ろしマンガ「わしとアニメ」」『ドラゴンボールZ アニメ・スペシャル』集英社、雑誌29939-10/18、9頁。
  13. ^ 鳥山 明先生からのコメント”. 映画ドラゴンボール超. 2018年3月31日閲覧。
  14. ^ DB30thの2018年3月15日のツイート2018年3月31日閲覧。
  15. ^ a b 週刊少年ジャンプ特別編集「超豪華3大マル秘特集 鳥山明スペシャル (1)本邦初公開!!これが鳥山明メモだ!!」『ドラゴンボールZ アニメ・スペシャル』4-5頁。
  16. ^ a b 鈴木晴彦編「鳥山明アニメデザイン集」『テレビアニメ完全ガイド「DRAGON BALL Z」孫悟空伝説』134-144頁。
  17. ^ 渡辺彰則編「ANIMATION'S GLEANINGS DBアニメの舞台裏 SOUND」『ドラゴンボール大全集 補巻』集英社、1996年8月18日、ISBN 4-08-102019-1、70頁。
  18. ^ 東映アニメーション公式サイトより
  19. ^ 【音響監督】田中英行さん”. 日本音声製作者連盟. 2020年11月21日閲覧。
  20. ^ 池毅オフィシャルウェブサイト(作曲者である池毅自身による2010年4月2日付投稿記事)
  21. ^ a b c d e f g アニメージュ』1994年1月号(徳間書店)全国主要都市放送リスト(114 - 115頁)
  22. ^ 『アニメージュ』1994年5月号(徳間書店)全国放送局別放映リスト(98頁)
  23. ^ 朝日新聞 1990年7月23日付朝刊テレビ欄
  24. ^ ドラゴンボール改 東映アニメーション
  25. ^ 「鳥山明的超会見」『ドラゴンボール大全集 6巻』、集英社、1995年12月9日、ISBN 4-08-782756-9、213頁。
  26. ^ 近藤裕編「DRAGON BALL魂 其之二 ◆鳥山先生 劇場版かく語りき」『Vジャンプ 2004年7月号』集英社、平成16年(2004年)7月1日、雑誌 11323-7、205頁。
  27. ^ 最初で最後!?豪華人気アニメコラボ1時間スペシャル!!『ドリーム9 トリコ&ワンピース&ドラゴンボールZ 超コラボスペシャル!!』”. フジテレビ (2013年2月6日). 2013年4月7日閲覧。
  28. ^ a b c d e f 渡辺彰則編「VARIETY OF DB」『ドラゴンボール大全集 補巻』集英社、1996年8月18日、106頁。ISBN 4-08-102019-1
  29. ^ 東映太秦映画村で、ドラゴンボールZのかめはめ波に挑戦」マイナビニュース、2013年3月12日。
  30. ^ 羽田国際線ビルに「ドラゴンボール」巨大ポスター、アニメキャラで外国人出迎え」みんなの経済新聞、2013年8月16日。
  31. ^ 映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』公開記念“天下一ファンミーティング”レポート!」東映、2015年3月21日。
  32. ^ ドラゴンボールZ 復活の「F」、お台場・フジテレビ球体展望室で4月11日より展示イベントを開催! 「F」の復活祭」アキバ総研、2015年4月10日。
  33. ^ 劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』×横浜市交通局×横浜F・マリノス タイアップ企画実施”. 横浜市交通局. 2019年3月4日閲覧。
  34. ^ 映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』パビリオンを開催!」北海道日本ハムファイターズ、2015年4月22日。
  35. ^ 東港城 x 龍珠「盛夏.最強對最強」展覽」Timable、2019年3月4日。
  36. ^ ユニバーサル・スタジオ・ジャパン×週刊少年ジャンプ作品が世界最高クオリティでアトラクション化”. ユニバーサル・スタジオ・ジャパン (2016年4月19日). 2019年3月4日閲覧。
  37. ^ 龙珠现身大丸,神龙降临魔都」SOHU.com、2017年5月1日。
  38. ^ 夏限定!ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにドラゴンボールZ・ザ・リアル 4-Dが登場」東映アニメーション、2017年7月4日。
  39. ^ 2018-04-23 洲際棒球場「神龍再現」!中信兄弟與七龍珠邀你一起召喚神龍!」中信兄弟公式サイト、2018年4月23日。
  40. ^ どっちも楽しいラインナップ!ハッピーセット 『ドラゴンボールZ/シナモロール』5月30日(金)から限定販売!”. マクドナルド (2008年5月8日). 2020年4月30日閲覧。
  41. ^ マクドナルド「ハッピーセット」にハローキティ、ドラゴンボールZ登場”. 新宿経済新聞 (2009年2月3日). 2020年4月17日閲覧。
  42. ^ DRAGON BALLZ 元気になろーソン!フェア」ドラゴンボールZ公式サイト、2019年11月18日閲覧。
  43. ^ 映画「ドラゴンボールZ 神と神」×ミニストップ ~ミニストップでドラゴンボールの世界を体感しよう~」PR TIMES、2013年3月12日。
  44. ^ ドラゴンボールZ 神と神NEWS」ドラゴンボールZ神と神公式サイト、2013年3月6日。
  45. ^ Jリーグ・アルビレックス新潟の選手がドラゴンボールZ風に”. コミックナタリー (2013年2月21日). 2021年7月3日閲覧。
  46. ^ KFCと映画「ドラゴンボールZ 神と神」がコラボ!「『ドラゴンボールZ』キャンペーン」2月28日より開始」日本KFCホールディングス株式会社、2013年1月29日。
  47. ^ 『ドラゴンボールZ』が産経新聞をジャック、新胴着を纏う孫悟空が4面に登場」マイナビニュース、2015年3月30日。
  48. ^ 「ドラゴンボールZ」は最高だ~「アニメ新聞」ができるまで~」サンスポ、2015年4月19日。
  49. ^ 気になる『ドラゴンボール』の海外グッズを紹介するコーナー「WDBS-ワールド・ドラゴンボール・サテライト」第1回!」ドラゴンボールオフィシャルサイト、2018年3月1日。
  50. ^ 「adidas Originals by DragonballZ」第1弾!悟空モデル&フリーザモデルが9月29日に決定!!」ドラゴンボールオフィシャルサイト、2018年9月12日。
  51. ^ 「adidas Originals by DragonballZ」第2弾!悟飯モデル&セルモデルが10月27日から販売開始!!」ドラゴンボールオフィシャルサイト、2018年10月11日。
  52. ^ 「adidas Originals by DragonballZ」第3弾!ベジータモデル&魔人ブウモデルが11月24日から販売開始!!」ドラゴンボールオフィシャルサイト、2018年11月16日。
  53. ^ 爽快系目薬「ロートジー®」と「ドラゴンボールZ」のコラボ商品を数量限定発売!”. ロート製薬 (2019年6月17日). 2020年7月1日閲覧。
  54. ^ ドラゴンボールZ 軟式野球グラブ - プレミアムバンダイ」プレミアム バンダイ、2021年11月7日閲覧。



ドラゴンボールZ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 03:14 UTC 版)

ドラゴンボール」の記事における「ドラゴンボールZ」の解説

1989年4月26日 - 1996年1月31日。全291話・通算444回 + スペシャル2話。

※この「ドラゴンボールZ」の解説は、「ドラゴンボール」の解説の一部です。
「ドラゴンボールZ」を含む「ドラゴンボール」の記事については、「ドラゴンボール」の概要を参照ください。


ドラゴンボールZ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 15:21 UTC 版)

ドラゴンボールの世界における年表」の記事における「ドラゴンボールZ」の解説

ドラゴンボールZ (1989年の映画)』(以下『1989年Z劇場版』)、『ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強』(以下『とびっきり最強最強』)、『ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち』(以下『100億パワー戦士たち』)、『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』(以下『熱戦・烈戦・超激戦』)、『ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』(以下『ぶっちぎりの凄い奴』)、『ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画』(以下『サイヤ人絶滅計画』)、『ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない』(以下『超戦士はねむれない』)についても言及エイジ760 - エイジ770の間のいずれかの時期 宇宙人リルドが、ドクター・ミューにより肉体改造加えられ将軍任命されるGT)。 リルド将軍機能をリンクさせた超巨大な惑星型マシンミュータント惑星M2完成する。この惑星本拠地にし、M2軍団宇宙中からエネルギー収集を始めるようになるGT)。 エイジ761 ガーリックJr.一味が悟飯をさらう。助けにきた悟空ガーリックJr.撃破1989年Z劇場版)。 10月12日 ラディッツ地球襲来悟空ピッコロ手を組みラディッツを倒すも、悟空も共に死亡ベジータナッパ地球へ向かう。 某月某日 ベジータナッパ途中にあったアーリア星を星ごと滅ぼし宇宙船の中でコールドスリープに入る(Z)。 悟飯、ピッコロにより共に修行を始める。 ヤムチャ野球選手アルバイトをする(Z)。 悟飯、砂漠地下遺跡旧型ロボット出会う(Z)。 悟飯、ホームシックから逃げ出すも、孤児のピゲロと出会い勇気取り戻(Z)エイジ762 3月某日 クリリン天津飯餃子ヤムチャヤジロベー神様元で修行を始める。 4月29日 悟空蛇の道から界王星到着修行開始5月某日 クリリンたちが時の旅に出かけ幻のサイヤ人戦い完敗する(Z)11月2日 悟空修行終了し生き返る11月3日 ベジータナッパ地球到着するサイヤ人攻撃を受けヤムチャ餃子天津飯ピッコロ戦死ピッコロ一心同体神様死亡しドラゴンボール消滅する悟空ナッパ倒す。悟空ベジータ激闘の末、ベジータ重傷負い撤退する戦闘データ採取終えたドクター・ゲロが、人造人間造る超小型スパイロボットが、セル造るための細胞悟空たちから採取する11月4日 悟空たちが、西の都にある病院入院する11月9日 神様宇宙船改造完了11月14日 ブルマと、治療の終わった悟飯、クリリンナメック星に向けて出発する11月21日 ベジータ惑星フリーザNo79に帰還12月13日 治療を受け回復したベジータフリーザ追ってナメック星出発する11月14日 - 12月18日間のいずれかの時期 ブルマ達、鏡張り宇宙船乗った子供たちからナメック星への近道教わ(Z) ブルマ達、偽ナメック星宇宙船奪われそうになる(Z)12月18日 ブルマ達とベジータナメック星到着悟空ナメック星出発悟空宇宙船がαHZ星の重力とらわれ危機に陥るも、船外かめはめ波発射し、その反動により危機逃れる(Z)ピッコロ天津飯、ヤムチャ、餃子界王星到着し修行開始するベジータVSザーボンザーボン勝利するも、ドラゴンボール位置白状させる為にベジータ治療12月19日 フリーザ命令によりギニュー特戦隊が、ナメック星出発12月20日 ベジータクリリン再会しザーボン2度目戦いで葬る12月24日悟空ナメック星到着するギニュー特戦隊悟空ベジータにより全滅ナメック星ドラゴンボールによって、ピッコロ生き返りナメック星ワープネイル同化フリーザ戦闘開始ベジータクリリン死亡悟空超サイヤ人覚醒しフリーザ死闘繰り広げるフリーザ一味殺された者が、地球ドラゴンボールにより生き返るナメック星にいる悟空フリーザ以外の全て地球移動最長老ムーリナメック星次期最長老指名し寿命により死亡悟空フリーザ倒し宇宙船脱出ナメック星消滅エイジ763 ウミガメ1000回目誕生日を迎える5月3日 クリリンヤムチャ生き返る9月10日 天津飯餃子生き返りナメック星人新たな星に移住するムーリエイジ774までにナメック星ドラゴンボールパワーアップさせる。 10月某日凶星5000年ぶり地球へ接近する。悟飯たちが、復活したガーリックJr.撃破する(Z)某月某日 悟空、ヤードラット星に不時着し瞬間移動習い始める。 セル乗ったタイムマシン到着しセル地下に潜るフリーザ改造手術完了するエイジ764 8月某日 未来よりやってきたトランクスが、地球襲来したフリーザコルドを倒す。 超小型スパイロボットが、セル造るための細胞フリーザ親子から採取する悟空地球帰還しトランクスとの会話人造人間情報心臓病の薬入手某月某日 戦士達がそれぞれ人造人間に備えて修行開始ベジータ重力室で超サイヤ人になるための特訓開始するブルマ浮気性だったヤムチャ破局ベジータ恋心抱き始める。 エアカー免許を取得するため、悟空ピッコロ教習所へ行く(Z)ドクター・ゲロ人造人間19号造り、自らも人造人間20号として改造するエイジ764 - エイジ767の間のいずれかの時期 クウラ一味地球襲来悟空たちと戦う(とびっきり最強最強)。 エイジ766 トランクス誕生エイジ767 5月7日 第24回天下一武道会開催大人の部ではミスター・サタン子供の部ではビーデル優勝5月12日 人造人間太っちょ19号ゲロ20号として出現悟空心臓病倒れる。 人造人間19号ベジータ倒されるドクター・ゲロ、『邪悪でない』少年17号少女18号モヒカン16号らを覚醒させる。 ドクター・ゲロ人造人間17号18号殺されるセル出現ピッコロ地球の神融合するクリリントランクスこの世界におけるセル誕生阻止5月15日 ベジータ青年トランクスが、精神と時の部屋に入る。 悟空心臓病完治する5月16日 ベジータ青年トランクス入れ替わりに、悟空と悟飯が精神と時の部屋に入る。 セル17号18号吸収し完全体進化5月17日 セル全世界セルゲーム開催告知5月18日 桃白白バーボン一味用心棒を始める。 ライム達の訪れた悟飯が、バーボン一味悪事粉砕する(Z)5月19日 悟空一家ハイキングへ行く。昼頃王立防衛軍セル挑むも、壊滅させられるデンデ地球新し神になるドラゴンボール復活する孫悟空ドラゴンボール探しを始める。 桃白白ウォッカ一味用心棒を始める。孫悟空桃白白再会する5月17日 - 5月26日間のいずれかの時期 マシン惑星ビッグゲテスター新ナメック星を覆う(100億パワー戦士たち)。 悟空たちが新ナメック星行きメタルクウラと戦う(100億パワー戦士たち)。 パラガス地球やってくる熱戦・烈戦・超激戦)。 悟空たちが新惑星ベジータ行きブロリーと戦う(熱戦・烈戦・超激戦)。 地球デストロンガス装置送り込まれるサイヤ人絶滅計画)。 悟空たちが暗黒惑星行きゴーストライチーハッチヒャックと戦う(サイヤ人絶滅計画)。 5月26日 セルゲーム始まる。 悟空北の界王バブルスが(アニメではグレゴリーも)セル自爆死亡セル運良く無傷のまま残ったため、復活。 悟飯、セル倒し悟空敵を討つ世間にはミスター・サタンセル倒した報道される5月27日 悟空葬式が行われる。 青年トランクス未来へ帰る5月26日 - 6月末日間のいずれかの時期 悟空、大界王星行き、大界王対面(Z)あの世一武道会開催決勝戦悟空パイクーハン激突する(Z)。 『緊急特番!!人類救った地球最強の格闘技の超天才ミスター・サタンのすべて』が放送される某月某日 孫悟天誕生。 悟飯達が天下一大武道大会出場するぶっちぎりの凄い奴)。 悟飯達がボージャック一味と戦う(ぶっちぎりの凄い奴)。 エイジ770 クリリン18号結婚するエイジ771 マーロン誕生エイジ773 界王神キビトが、遥か昔に放置された魔人ブウ封印された玉を探索するため地球やって来るエイジ774 4月7日 悟飯がオレンジスターハイスクールに編入し初登校するビーデル出会う。 グレートサイヤマンが登場4月8日 悟飯、ビーデルにグレートサイヤマンの正体がばれる。 某月某日 悟飯たちが地球復活したブロリーと戦う(超戦士はねむれない)。 5月7日 第25回天下一武道会開催悟空この世一日だけ復活する魔人ブウ復活魔人ブウを倒すためにベジータ自爆技を放ち死亡魔導師バビディ魔人ブウ殺される悟空超サイヤ人3に変身パワー消耗したため予定より早くあの世に戻る。 老界王神ゼットソード封印から解き放たれる。悟飯の潜在能力解放する儀式を始める。 心無い地球人によって、無邪気な魔人ブウと純粋悪のブウ分離結果身体戦闘的になり、性格残忍な魔人ブウ変化してしまう。 5月8日 魔人ブウ攻撃により、地球人がほぼ全滅するピッコロゴテンクス、悟飯が魔人ブウ吸収される。 老界王神の命と引き換えに悟空生き返るベジータこの世一日だけ復帰する悟空ベジータポタラによる合体ベジットになる。 ピッコロゴテンクス、悟飯が救出されるも、魔人ブウ(純粋)によって地球消滅するポルンガの力で地球復活ベジータ、老界王神地球人などが生き返る全人類の元気を集めた超元気玉で、悟空魔人ブウ消し去る9月7日 神龍によって、一般地球人から魔人ブウ記憶消される某月某日 ウーブ誕生

※この「ドラゴンボールZ」の解説は、「ドラゴンボールの世界における年表」の解説の一部です。
「ドラゴンボールZ」を含む「ドラゴンボールの世界における年表」の記事については、「ドラゴンボールの世界における年表」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ドラゴンボールZ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ドラゴンボールZのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ドラゴンボールZのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドラゴンボールZ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのドラゴンボール (改訂履歴)、ドラゴンボールの世界における年表 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS