ベジータとは?

ベジータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/18 01:55 UTC 版)

ベジータは、鳥山明の漫画『ドラゴンボール』および原作とするアニメドラゴンボールZ』『ドラゴンボールGT』『ドラゴンボール改』『ドラゴンボール超』に登場する架空のキャラクター。声優堀川りょう(『ドラゴンボールGT』までは「堀川亮」名義)、英語版ではクリストファー・サバト。




注釈

  1. ^ 名前のアルファベット表記は原作準拠がBegeta、アニメ準拠がVegetaである。両者は主に関連商品・グッズ、オフィシャルブックなどで区別される。
  2. ^ 原作ではドドリアいわく、ベジータの実力を買っていたので、そもそも惑星ベジータにいなかったタイミングをあえて狙ったとのこと。
  3. ^ 初登場当時、原作ではベジータはある惑星の異星人の手を生で食べており、アニメでは火で熱が通った異星人の手を食べている。原作とアニメではその異星人のデザインが異なる。
  4. ^ アニメでは幼少期から強化型の栽培マンを一瞬にして仕留めるなど高い戦闘能力の片鱗を見せており、フリーザにその実力を認められていた。
  5. ^ 天下一武道会でのトランクスと悟天の試合において悟空と張り合うなど親バカな一面も描かれている。
  6. ^ フリーザの部下だった時代は惑星の地上げ屋という「仕事」をしており、戦闘がサイヤ人の生業でもあった。
  7. ^ 未来の世界のトランクスとブルマは「強く、プライドが高く、厳しく、そして寂しそうな人」と述べている。
  8. ^ アニメでは途中で「高値で売れそうな星」として興味を持ち、独裁者・モアイが支配するアーリア星に立ち寄り、モアイを倒した後で「実際に見てみると値打ちを感じなかった」という理由からアーリア星ごと消滅させる。
  9. ^ このときのベジータはフリーザ一味から離反していたので、後に「フリーザ一味に殺された者を蘇生させる」という願いの対象からツーノ長老の村の住民は外れることになり、蘇生していない。なお、アニメではベジータの襲撃から生き残った住民がいた。
  10. ^ 作中にてベジータが悟空に何かを頼み込んだのはこの時が唯一である。
  11. ^ アニメではこの直前に超サイヤ人となった悟空を目撃。嬉しそうに笑みを浮かべた後、フリーザに一撃を加えようとした直前にワープさせられている。また、『Z』では地球にワープした後、悟空もフリーザも死んだことで自分の天下だと喜び、悟飯を部下に勧誘するが跳ね除けられ、激昂したことで悟飯を打ちのめしたがピッコロに止められ引き下がっている。
  12. ^ 悟空はナメック星の爆発に巻き込まれて死んだかに思われたのみで、実際は生きていた。
  13. ^ アニメではナメック星編後、地球を去る。悟空を見つけること、超サイヤ人化のきっかけを求めるという二つの目的のため、宇宙を飛び回りフリーザ一味の残党と戦う。フリーザ地球襲来直前に地球へ帰還。
  14. ^ PSPのゲームでは「あいつとは対等な条件で勝たなきゃ意味がない」と語っている。
  15. ^ a b エイジ767に精神と時の部屋で約2年間の修行を行ったため、肉体年齢は2歳程度増えている。
  16. ^ 原作では台詞のみだったがアニメではその詳細が明確に描写され、超サイヤ人に覚醒した場所は特訓のために漂着した宇宙の無人惑星だった。
  17. ^ アニメではセルジュニアにファイナルフラッシュを放つも、軽く蹴り飛ばされた。
  18. ^ アニメ『ドラゴンボールZ』ではトランクスが殺されたことに激昂している描写はあるものの、セルに突撃した理由に自身のプライドが傷つけられたという独白が追加された(「改」ではカットされている。)。
  19. ^ 原作ではこの時初めて悟飯を名前で呼び、それ以降は名前で呼ぶことが多くなる。それまでは「ガキ」「カカロットの息子」などと呼んでいた。アニメでは悟飯がセルのかめはめ波を打ち返した際に初めて名前で呼んだ。
  20. ^ この状態のベジータは作中明確な呼称がなく、関連書籍やディンプス開発のゲームシリーズおよび『ドラゴンボールヒーローズ』では「破壊王子ベジータ」、スパイク開発のゲームシリーズでは「魔人ベジータ」、ゲーム『Ultimate Battle 22』では「凶戦士ベジータ」、ジャンプ・コミックス『TV版アニメコミックス DRAGON BALL Z 魔人ブウ 復活編 巻三』の次巻予告では「邪悪戦士」などと呼称されている。
  21. ^ このベジータが死亡した回の扉ページには、豊臣秀吉辞世和歌を基にしたベジータへの哀悼が記載された。
  22. ^ アニメではブウが自分たちの攻撃からブウ(善)をかばう様子を見て弱点があると判断した。
  23. ^ アニメでは悟空の胸ぐらをつかんでおり、デンデはベジータに侘び、悟空も救うことができなかったことに罪悪感を感じていた。
  24. ^ アニメでは、台詞内容が変更された。
  25. ^ アニメで悟空を演じた野沢雅子もこのシーンは印象的だったようで、イベントでも「ベジータにもこういう一面があるんだなと出演者全員言っていましたよ」と語っていた。
  26. ^ ポルンガへの願いを頼むデンデが言い方につまりながら答えたため、実際に叶えられた願いは「魔導師バビディが地球にやってきた日から死んだ者を極悪人を除いて生き返らせる」となった。
  27. ^ アニメではブウにより、元気玉を放とうとする悟空への盾にされた。
  28. ^ アニメではブウ(善)が自らブウ(純粋)に向かっていき、その隙にベジータを救出させている。
  29. ^ アニメでは、もう一度地球人から元気を分けてもらうことで元気玉をパワーアップさせることを考え、地球人に呼びかけるようサタンに迫る。「元気を吸い取ったら地球人は死んでしまう」と警告する界王を一蹴し、「地球人を死なせるようなことはできない」と断るサタンを「また生き返らせればいい」と責め立てる。
  30. ^ 魔人ブウ編で、自分の顔面に一撃を入れることができたら遊園地に連れて行くというトランクスとの約束を果たす形で訪れた。
  31. ^ 『ドラゴンボール完全版 19巻』の第1刷では修正されておらず「20000近く」になっている。
  32. ^ 魔人ブウ編で「貴様以上の特訓はしたと思うが」と悟空に述べており、厳しい修行によって超サイヤ人2へ変身できるようになった[64]
  33. ^ ただし『Sparking!』シリーズ以降のベジータ(『NEO』以降の作品ではこの戦闘服姿は「ベジータ(前期)」と呼称されている)やアニメ版『超』でのトランクスとの修行時の回想シーン、『ドラゴンボールZ カカロット』の人造人間編では、最初から模様が入ったデザインになっている。
  34. ^ ジャンプスーパーアニメツアー08『ドラゴンボール オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!!』にて登場。
  35. ^ フリーザやセルも同じ行動を取っているが、彼らは宇宙空間でも生存できる。
  36. ^ 星が爆発・消滅するまでの間に宇宙船で脱出することは十分に可能である。

出典

  1. ^ a b 劇場版『ドラゴンボール超 ブロリー』および小説『ドラゴンボール超 ブロリー』集英社(ジャンプ ジェイ ブックス)、2018年12月14日、ISBN 978-4-08-703468-4、97頁。
  2. ^ a b c d e 渡辺彰則編「第1章 ドラゴンボール年代記」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、16-34頁。
  3. ^ a b c ジャンプ・コミック出版編集部編「第1章 キャラクターコレクション Heroes collection 4 ベジータ」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2009年3月4日、ISBN 978-4-08-874804-7、12-13頁。
  4. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「capsule column 5 キャラ名の由来を知りたい!」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』集英社ジャンプ・コミックス〉、2004年4月30日、ISBN 4-08-873702-4、158頁。
  5. ^ a b 「鳥山明先生超一問一答!!」最強ジャンプ2014年3月号第1ふろく『ドラゴンボール エピソードオブバーダック』80-81頁。
  6. ^ 「鳥山明先生に聞いてみた! SS Q&A」最強ジャンプ2018年1月号ふろく『ドラゴンボールS サイヤ人超最強COMICS』集英社、2017年12月1日、116頁。
  7. ^ 鳥山明「其之五百十 ベジータとカカロット」『DRAGON BALL 第42巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1995年8月9日、ISBN 4-08-851090-9、112-113頁。
  8. ^ 渡辺彰則編 「DBキャラ秘密の話」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、122頁。
  9. ^ a b ジャンプ・コミック出版編集部編「鳥山先生に聞いちゃいました! DBキャラ編」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年4月30日、ISBN 4-08-873702-4、153頁下段。
  10. ^ テレビアニメスペシャル『ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜』1990年10月17日放送
  11. ^ 渡辺彰則編「第1章 ドラゴンボール年代記」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、20頁。
  12. ^ 「鳥山明大先生Theインタビュー!!」『みんな愛のせいね3』1991年5月、14頁、15頁。
  13. ^ 『ドラゴンボール超 ブロリー』第二弾予告”. 2018年10月6日閲覧。
  14. ^ 鳥山明「其之五百十四 蘇った地球人へのメッセージ」『DRAGON BALL 第42巻』164頁。
  15. ^ 鳥山明「其之五百十九 バイバイ ドラゴンワールド」『DRAGON BALL 完全版 第34巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年4月2日、ISBN 4-08-873477-7、232頁。
  16. ^ ドラゴンボールヒーローズ5周年記念!スペシャル番組「超戦士爆誕スペシャル」
  17. ^ a b サンケイスポーツ特別版『ドラゴンボールZ 復活の「F」新聞』
  18. ^ 「DRAGON BALL年代記」『鳥山明 The world of DRAGON BALL パンフレット』東映、6-9頁。
  19. ^ a b 週刊少年ジャンプ編集部・編「GT超辞典」『ドラゴンボールGT パーフェクトファイル』集英社〈ジャンプ・コミックス セレクション〉、1997年5月24日、ISBN 4-8342-1524-5、91頁。
  20. ^ 週刊少年ジャンプ編集部・編「GTシークレット ウラ話Q&A編」『ドラゴンボールGT パーフェクトファイル』41頁。
  21. ^ 週刊少年ジャンプ編集部・編「GTワールドガイド 5 ㊙ストーリー」『ジャンプ・アニメコミックス・ジュニア ドラゴンボールGT パーフェクトファイルNo.2』集英社〈ジャンプ・コミックス セレクション〉、1997年12月17日、ISBN 4-8342-1528-8、81頁。
  22. ^ ホーム社編「超秘密情報袋とじ2 独占!!!開発スタッフインタビュー」『ドラゴンボールZ・外伝 サイヤ人絶滅計画』集英社〈Vジャンプブックス ゲームシリーズ〉、1993年9月14日、149頁。
  23. ^ あの「ドラゴンボールZ」と「ワンピース」が夢の共演!「Let's! TVプレイバトル体感ゴムゴムのかめはめ波~おめぇの声でおらを呼ぶ~」”. 2018年6月14日閲覧。
  24. ^ 渡辺彰則編「鳥山明的超会見」『ドラゴンボール大全集 4巻』集英社、1995年10月9日、ISBN 4-08-782754-2、168頁。
  25. ^ a b c d スーパーファミコン専用ソフト『ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説
  26. ^ a b c d ゲームボーイアドバンス専用ソフト『ドラゴンボールZ 舞空闘劇
  27. ^ PlayStation 2専用ソフト『ドラゴンボールZ3
  28. ^ テレビゲーム『ドラゴンボールZ バーストリミット』、『ドラゴンボール ゼノバース』シリーズ
  29. ^ テレビゲーム『Sparking! NEO』、『Sparking! METEOR』、『レイジングブラスト2』、『アルティメットブラスト』、『タッグバーサス』スマホゲームアプリ『ドラゴンボールZ ドッカンバトル
  30. ^ 鳥山明「其之二百十五 ヤムチャの予感」『DRAGON BALL 第18巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1989年7月15日、ISBN 4-08-851615-X、149-150頁。
  31. ^ a b c 鳥山明「ベジータのスーパーパワー」『DRAGON BALL 第21巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1990年4月10日、ISBN 4-08-851618-4、124-125・132頁。
  32. ^ a b c d e テレビゲーム『ドラゴンボール ファイターズ
  33. ^ PlayStationセガサターンソフト『ドラゴンボールZ 偉大なるドラゴンボール伝説』(使用はセガサターン版のみ)、『ドラゴンボール ファイターズ』
  34. ^ a b c PCエンジンソフト『ドラゴンボールZ 偉大なる孫悟空伝説
  35. ^ a b c d 渡辺彰則編「技事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』124頁。
  36. ^ a b ファミリーコンピュータソフト『ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人
  37. ^ スーパーファミコンソフト『ドラゴンボールZ 超武闘伝
  38. ^ アーケードゲーム『データカードダス ドラゴンボールZ
  39. ^ a b テレビゲーム『Sparking! NEO』、『Sparking! METEOR』、『レイジングブラスト』、『レイジングブラスト2』、『アルティメットブラスト』、『タッグバーサス』
  40. ^ a b c ニンテンドーDSソフト『ジャンプアルティメットスターズ
  41. ^ 鳥山明「限界!!超サイヤ人3」『DRAGON BALL 第40巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1995年3月8日、ISBN 4-08-851499-8、32-33頁。
  42. ^ ゲームボーイソフト『ドラゴンボールZ 悟空飛翔伝
  43. ^ テレビゲーム『Sparking!』、『Sparking! NEO』、『Sparking! METEOR』、『レイジングブラスト』、『レイジングブラスト2』、『アルティメットブラスト』、『タッグバーサス』
  44. ^ 鳥山明「窮鼠 猫を咬む」『DRAGON BALL 第19巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1989年11月10日、ISBN 4-08-851616-8、73頁。
  45. ^ PlayStation専用ソフト『ドラゴンボールZ Sparking!
  46. ^ ドラゴンボールヒーローズ
  47. ^ a b スーパーファミコン専用ソフト『ドラゴンボールZ HYPER DIMENSION
  48. ^ a b c PlayStation 2、Wiiソフト『ドラゴンボールZ Sparking! NEO
  49. ^ a b c d e f g h i PlayStation 3Xbox 360ソフト『ドラゴンボール レイジングブラスト
  50. ^ トレーディングカードアーケードゲームスーパードラゴンボールヒーローズ
  51. ^ a b ファミリーコンピュータ専用ソフト『ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画
  52. ^ a b PS2ソフト『ドラゴンボールZ2
  53. ^ アーケード、PlayStation 2ソフト『超ドラゴンボールZ
  54. ^ PlayStation専用ソフト『ドラゴンボールZ Ultimate Battle 22
  55. ^ セガサターンソフト『ドラゴンボールZ 真武闘伝
  56. ^ スマホゲームアプリ『ドラゴンボールZ ドッカンバトル
  57. ^ 渡辺彰則編「孫悟空戦闘力成長の軌跡(82頁)」「技辞典(128頁)」『DRAGON BALL大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、82頁、128頁。
  58. ^ 渡辺彰則編「孫悟空戦闘力成長の軌跡」『DRAGON BALL大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、83頁では30000と表記。
  59. ^ ジャンプ・コミック出版編集部「グングン伸びる悟空のPOWER!」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年4月30日、ISBN 4-08-873702-4、115頁では30000と表記。
  60. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「孫悟空の戦闘力解析」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド ストーリー編』集英社、2009年3月9日、ISBN 978-4-08-874803-0、64頁では30000と表記。
  61. ^ 鳥山明「其之二百七十五 ベジータの速攻!!」『DRAGON BALL 第23巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1990年10月15日、ISBN 4-08-851620-6、153頁。
  62. ^ a b 「まじかる☆アニメ情報局」週刊少年ジャンプ特別編集増刊『ブイジャンプ』第1号(平成2年12月12日号)集英社、1990年、雑誌コード 29938-12/12、243頁。
  63. ^ 鳥山明「おもいがけぬスーパーパワーアップ」『DRAGON BALL 第25巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1991年3月8日、ISBN 978-4-08-851415-4、104頁。
  64. ^ 『ドラゴンボール大全集 7巻』145頁。
  65. ^ 渡辺彰則編「第5章 アイテム事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、194頁。
  66. ^ 小説『ドラゴンボール超 ブロリー』集英社(ジャンプ ジェイ ブックス)、2018年12月14日、9頁。ISBN 978-4-08-703468-4
  67. ^ 『ドラゴンボール超 ブロリー 映画ノベライズみらい文庫版』集英社みらい文庫、2018年12月14日、52頁。ISBN 978-4-08-321475-2
  68. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「特別コラム 鳥山明 わしが お答えしまっせ」『テレビアニメ究極ガイド DRAGON BALL 極限バトルコレクション ラウンド02 セル編〜魔人ブウ編』集英社、2010年8月9日、ISBN 4-08-874841-7、90頁。
  69. ^ 渡辺彰則編「鳥山明的超会見」『ドラゴンボール大全集 2巻』集英社、1995年8月9日、ISBN 4-08-782752-6、264頁。
  70. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「鳥山明WITHDRAGON BALL」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年4月30日、ISBN 4-08-873702-4、149頁。
  71. ^ 渡辺彰則編「鳥山明的超会見」『ドラゴンボール大全集 5巻』集英社、1995年11月7日、ISBN 4-08-782755-0、207頁。
  72. ^ a b c インタビュー鳥山明×中川翔子対談”. ドラゴンボールZ 神と神。
  73. ^ a b Vジャンプ編集部編「ドラゴンボール30周年スペシャル裏マンガ」『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』集英社、平成28年(2016年)1月26日、ISBN 978-4-08-792505-0、94頁。
  74. ^ 荒川進編「「ドラゴンボールZ」 新春特別企画 DRAGON BALL Z -集え超戦士たち」『アニメージュ 1993年2月号』徳間書店、平成5年2月10日、雑誌01577-2、6頁。
  75. ^ 『ドラゴンボール大全集』2巻 神龍通信 第2号。
  76. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「天下一声優陣 其之二 ブルマ役 鶴ひろみ」『テレビアニメ完全ガイド「DRAGONBALL」〜天下一伝説〜』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年7月2日、ISBN 4-08-873705-9、158-161頁。
  77. ^ 鳥山明「其之三百八十八 セルの思いつき」『DRAGON BALL 第33巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1992年12月31日、ISBN 4-08-851688-5、48頁。アニメにて該当場面は「カカロット」と呼んでいる
  78. ^ 「鳥山明先生 魔人ブウ編(秘)一問一答!」『最強ジャンプ』2014年6月号、集英社、11頁。
  79. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集「わくわくBIRD LAND キャラクター人気投票ベスト10大発表っ!!」「キャラクター人気投票-おもしろ番外編!!」『鳥山明 THE WORLD アニメ・スペシャル』集英社、1990年10月10日、雑誌29939-10/10、107頁。
  80. ^ 後藤広喜編「DBキャラクター人気投票結果大発表」『週刊少年ジャンプ 1993年12号』集英社、1993年3月8日、雑誌29932-3/8、12-13頁。
  81. ^ 堀江信彦編「祝! みんなのおかげで10周年! 連載500回突破記念 ドラゴンボール人気キャラ投票結果発表!」『週刊少年ジャンプ 1995年5・6号』集英社、1995年1月23日、雑誌29934-1/23、38頁。
  82. ^ a b c d ジャンプ・コミック出版編集部編「天下一声優陣 其之一 ベジータ役 堀川りょう」『テレビアニメ完全ガイド「DRAGONBALL」〜天下一伝説〜』106-109頁。
  83. ^ ドラゴンボール改 Blu-ray BOX4
  84. ^ ドラゴンボール改 Blu-ray BOX4
  85. ^ 渡辺彰則編 「SUPER VOICE TALKS 声優スペシャル座談会」『ドラゴンボール大全集 補巻』集英社、1996年8月18日、ISBN 4-08-102019-1、111頁。
  86. ^ カップヌードルCM 「ベジータ スーパーヤサイ人になろう 篇」 25秒日清食品グループ公式Youtubeチャンネル
  87. ^ 『週刊少年ジャンプ』1994年5.6号および15号より。『ドラゴンボール大全集』7巻にも収録。
  88. ^ 渡辺彰則編「1993」『ドラゴンボール大全集 1巻』集英社、1995年8月9日、ISBN 4-08-782751-8、150頁。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ベジータ」の関連用語

ベジータのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ベジータのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベジータ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS